2017 / 06
<< 2017 / 05 - - - - 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 - 2017 / 07 >>

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


最近、素敵な音楽に出会いました。

ひとつは、カール・ジェンキンスのレクイエム。

この曲は、おなもみが毎週見ている『美の巨人たち』という番組のBGMで流れていて、
知りました。


番組内で流れてきたとたん、天国行きそうになって(意識ゆるゆる)、なんとしてでも
この曲のCDが欲しくなりました。
そして作曲者とタイトルがわかり、さっそくCDを注文。

曲は、レクイエムでした。(鎮魂歌)

天国に行きそうになるわけですね。


もうひとつは、こちらは以前から大好きだったシューマンの『詩人の恋』

私は、ディースカウが歌う『詩人の恋』が大好きで、学生時代からの私のとっておきの
癒しCDでした。

最近ツイッターでお友達になった方から、ヴンダーリヒの歌う詩人の恋がとてもいいと
聞き、アマゾンで注文。


余談ですが、このお友達、どこから繋がってきたのか?いきなりこちらをフォローして
話かけてらして、その人懐っこさにこちらも思わずフォロー。

天性の人懐っこさが、すごい。
エネルギーのきれいなとてもいい方。
彼女募集中とか。(どなたか~~)


・・・余談終わりです。


で、そのCDが今日届きました。

すばらしい 『詩人の恋』 で、聴きはじめたとたん、鳥肌がたってしまいました。

これはほんとうに素晴らしいです!
伴奏のピアノにも、聞き惚れてしまいます。


カールジェンキンスは、レクイエムが良かったので、詩人の恋と一緒に違うCDを注文
しました。

『ベスト・オブ・アディエマス』 というCDです。 
彼独特の美しい音の重ね方に、惹き込まれます。


素敵な音楽に出会えるって、とても幸せです。




   カール・ジェンキンス レクイエム  Introit

   








ぴあのTwitter >>piano_sapphire








スポンサーサイト


一昨日の夜、○響アワーを見ました。


日曜夜9時は、我が家ではたいてい○響アワーを見るのが常です。

この日は番組途中からテレビをつけました。
ドヴォルザークのチェロ協奏曲を演奏していました。

おなもみ 「あ、のだめの映画のオーディションの曲」

ぴあの 「ドヴォルザークのチェロ協奏曲。チェロコンの金字塔よ」


しばし、耳を傾ける。

おなもみ、ぴあの 「あれ・・・?」

「今、音外したよね」 「うん」(←ソリストのチェロ)


しばし、聴く。

「低いよね!」

「もっと高く!気持悪い!」

その後ずっと、

「低い、低い」

「あ、そこ、高い!」

「ああ、音程ずれまくり・・・」

「わ~~~お!」


「どうしたの!!??」 ← テレビに向かってソリストに切羽詰った声で聞くぴあの!

「何なの!!?? 」 ← あまりの事態にこんな言葉が自然に口から出てくる。

「残念すぎる・・・」 ← 言葉なし・・・


「熱でもあるのかしら、調子悪いのかな、薬飲んでらっしゃるのじゃないの?」

実際、薬によっては聴覚が狂うのです。

おなもみは、「おかあさん、もうやめようよ。気持悪いよ、イライラしてくる」

ぴあの 「ここまで聴いたら最後まで聴いてみようよ」


もう終楽章は音程ずれまくりで、
「はあ~~~」 って思っているうちに演奏は終わりました。

私は7年間ヴァイオリンを弾いたし、大学では四年間チェロの子の伴奏をして
チェロのレッスンも見てきました。
私が聴く耳がないのではありません。
ホントのことなんです。

また、私は音に関してはかなり精妙な耳を持っています。
おなもみは、私以上に天才的ともいえる精妙な耳を持っています。


どこかの学生やアマチュアが弾いているなら、

「難しい曲頑張ってるよね~~」 と感心して聴いたかもしれない。

でも、この日のチェリストは、日本チェロ界の巨匠。
ですが、私は今までその方の演奏を聴いたことはありませんでした。


後でネットでこの日の演奏のことをぐぐってみました。

みなさん、同じ意見のようでした。

「全くダメだった」

「聴いていてイライラしてきた」

「ハラハラする」

「テルミンみたい」 ← ひどっ

「指が回っていない」

「体力がついていかないのでは」 ← 実際ご高齢なので

「老兵は去るのみ」 とまで書かれていた方も・・・!(>_<)

お若い頃から音程が不安定な方だったとも書かれていました。

実際、コンサートに行かれていた方は途中で逃げ出したくなったとか。
録画は、まだマシに聴こえたそうです。


○響アワーが、よくこのコンサートを放送したなと思うくらいでしたが、放送する
ことはたぶん事前に決めてあったのでしょうね。
なので、仕方ないことかも。


なんだかさんざんな音楽批評をしているような日記になってしまいましたが、
今日言いたいことは・・・

すごくすごく、残念で、日曜からこちら、なんだか残念で、その気持がずっと私に
とり付いてはなれないのです。
申し訳ないような気持でいっぱいになってしまって・・・


スタジオでお話される巨匠は、お人柄のすばらしい知性あふれる上品な方。
きっと、この日本の音楽界をそのお力と多大な功績でひっぱってこられた方。

お名前と功績は存じ上げていたので、演奏を聴いてがっかりしてしまったことが、
私のなかで、とても残念なんです。


それと共に、音楽(クラシック)の世界というのは、美しさの裏でとても厳しい世界
なのだと再認識しました。

クラシック音楽は、完璧なテクニックを持ってはじめて至高の音楽の世界へ聴衆
を誘(いざな)うことができる。

もちろん、テクニックだけではないのですが音楽の前にテクニックが立ちはだかる
のです。
これは、楽器を勉強した人ならいやというほどわかっていることだと思います。


クラシック音楽(または芸術全般)とは神の領域だと私は思っています。
神の領域ゆえに、厳しい。

そこそこ、では許されない世界。
そこそこでは、そこそこの音楽になる。

(もちろん、クラシック音楽を突き詰めるのではなくハートで楽しむという世界もあります。
それはそれで、美しいし、感動の世界。
でも、今書いているのはその次元のことではないです)

でも、厳しいからこそ、美しい。
極上の美の世界。
そして聴く者の精神を、高みに引き上げてくれます。
そのとき、魂が震えるような感動と共に、精神が深まり、広がります。


神は容赦がない、と、思いました。
でもそれが、この世界。

そして厳しさが、簡単には触れることのできない至高の世界をつくり、だからこそ
その至高の世界に触れられた瞬間の喜びは、何にもかえがたいものとなるので
しょうか・・・

一昨日の演奏から、ずっと、そんな様々なことを思いめぐらしていた私でした。







ぴあのTwitter >>piano_sapphire






今日は、バッハのマタイ受難曲について。
私が一番好きな作曲家は、たぶん、モーツァルト。

でも、バッハは格別です。
私のなかでバッハは、数あるクラシック作曲家のなかではるか上方にいらっしゃる方。
もうほとんど神様です。

よく、バッハは宇宙だって言われますね。
ほんと、そうだと思います。


今日の日記は、一週間前の21日、バッハの誕生日に書きたかったテーマですが、
その日は書けずに断念しました。
あまりにも書きたいことが多すぎて、まとまらず・・・

今日は、めちゃくちゃ省略して書いてみたいと思います。
それでもたぶん長いけど~~。(~_~)


先週、『名曲探偵アマデウス』でやっていた内容です。
すごくおもしろかったので、内容を書き留めていました。


マタイ受難曲は、バッハの最高傑作と言われ、68曲に及ぶ大作です。
演奏時間は3時間を越えます。
クラシック音楽の最高峰。

数ある受難曲の中でもバッハのマタイ受難曲は宗教を越えて世界中の人に
愛されています。
私もその一人です~~♪


マタイ受難曲の楽譜には、歌詞だけではなく音楽そのものに様々な意味を潜ませていて、
暗号とでもいうべき、隠された意味がちりばめられているのだそうです。

音階が達するCの音にCreutz(クロイツ、十字架)あるいはChristus(キリスト)という意味
を含ませていたり、13番目の音までいくと、14番目に必ずオクターブ下がる音型をとる。

その14番目の音は、BACHの数字と言われています。

BACHというのは、アルファベットの2、1、3、8番目の数字。
それをたすと14。


バッハは、受難曲のなかに、14という数字をたくさん暗号的にちりばめています。

それは、十字架の後に、オクターブ下がって控えているものという意味があり、バッハが
自分自身をこの音に込めていたのではないかと思われます。
音譜に隠されていたのは、十字架のそばに控えるバッハの姿。


また、63曲目。
イエスが十字架にかけられ死んだ後に、『彼が神の子であった』と人々が思い知らされる
場面の曲です。

その場面のバッハの自筆譜には、巨大な図形が隠されています。
それは、楽譜に浮かび上がる十字架!

バッハは、この十字架にも、自らを忍ばせています。
バスのパートに14の音譜=バッハを使っています。


歌のバスのパートに14という数字を表したということは、自分の気持ちを込めて、「ほんとう
にこの人は神の子であった」ということを一緒に言おうとしているのだそうです。

”まことにその人は神の子だったのだ” この歌詞の部分に、14の数字が隠されています。

そのほか、書いていたらキリがないくらいです。

そういった暗号が、68曲の隅々に、これでもかこれでもかと隠されています。


バッハは、楽譜を開いて初めてわかる、数を数えて初めてわかるということをなぜしたのか。

それは非常に高い価値観を持って追求できるもので、またそういうふうにすることが大きな
意味では必ず聴き手に伝わって聞き手を感動させると考えていたからです。
(ほんと、そうですね!)

そしてそれって、音楽だけに関することではなく、芸術だけに通じることでもなく、すべての
ことに通じることだと思いませんか?


バッハのマタイ受難曲の動画を貼ろうと、YouTubeでいろんな演奏を聴きました。
そのなかで、「これは秀逸!」というお薦めの演奏を見つけました。


第一曲目をここに貼りたかったのですが、リクエストによる埋め込み無効となっていたので、
終曲を貼ります。(この曲は大丈夫みたい)

コレギウム・ヴォカーレ・ゲント。
指揮 フィリップ・ヘレヴェッヘ。


古楽器で、バロックピッチの演奏が、とてもきれいです。
やはりバッハはバロックピッチでの演奏がいいです。
(バロックピッチとは・・・ バロックピッチについての日記は >>こちら

合唱も言葉の響き、また各パートの響きのバランスがほんとうにきれいでした。
深遠なるバッハの世界へ・・・


   








ぴあのTwitter >>piano_sapphire





昨日、レッスンの後疲れてこたつでぐったり寝ていたんです。

その後、目が覚めて、流しのお皿を洗ったりしていたら、眠いのですが眠れない
サイクルに入っちゃいました。


テレビをつけるとNHKで気象情報をやっていて(大雪情報)、静止映像のバックで
流れているBGMがあまりにきれいで、ずっと聴き入っていました。

すごく癒されて、こんな曲をお部屋に流していられたらどんなにいいかしら・・・と、
思い始めたらたまらなくなってえええ~~~~

Twitterで小犬のロンさんに歌ったら(どーやって歌うのって思うでしょうが歌ったん
デスよ)、久石譲っぽいとロンさんのお返事。

なるほど、久石さんっぽい。

ああ、知りたい知りたい! 昨夜聴いた曲をずっとずっと聴いていたい!
(もだえ始めるぴあの)


で!!!


私、NHKにお問い合わせメールなるものを送ったのですよ☆

そしたらなんとNHKさまから回答が!

   ↓  ↓  ↓

  ぴあの 様 
  (はいっ♪)

  いつもNHKの番組やニュースをご視聴いただき、
  ありがとうございます。
  (いえいえ、どういたしまして☆)

  昨夜 「雪関連:特設ニュース」にて使用いたしました、
  CDアルバムをご案内いたします。
  (うわあ~~、ご丁寧にありがとうございますっ♪)

   中略

  今後とも、NHKをご支援いただきますようお願いいたします。
  お便りありがとうございました。
  (こちらこそご丁寧に回答ありがとうございましたあ~~)


NHK、私の衝動的とも思える行動に丁寧に回答くださって、ちょっと感激したぴあので
ございます。

ありがとうございましたっ。


そして晴れてアンドレ・ギャニオンのCDアルバムということがわかりました。

わかったのはいいのですが、昨夜流れていたなかの私の一番お気に入りの曲が見つから
ないのです。(ToT)

Youtubeでずっと何曲も聞いているのですが・・・


下の曲によく似ています。

まだまだ曲探しは続いています。
見つかりますように。

時間ができたらCD探しにいこうっと。



   





Twitterでつぶやいています。フォローしてね♪ >>piano_sapphire



   *   *   *   *   *   *   


すべてのわんちゃんねこちゃんが幸せになりますように、願いを込めて。

里親募集  >>HEART徳島

ハートは、犬や猫にとって苦しみや虐待の無い地域社会を創ることを目的とした
動物福祉団体です。
近畿、中四国各県、その他遠くの地域へも譲渡しています。

ただ今、保護犬保護猫達の命を繋ぐ為のシェルター基金を募っています。
ご協力いただけましたら、お願いします。

   HEARTシェルター基金口座 郵貯銀行 01690-4-100481




今日9日は坂本龍一韓国公演が行われますが、ネットでライブ配信が見られます。

もうすでにライブ配信は始まっていて、ただ今は、ピアノの調律中です。
舞台の準備の様子などが、ずっと中継されています。

>>坂本龍一韓国公演ライブ配信


ふつう、こういう公演は後日テレビでやってくれたらラッキー♪みたいなものですが、
ライブ配信してくれるなんて、教授、スタッフのみなさま、なんというファン思いのおやさしい
お心遣いでしょうかあ~~~

ぴあの、感激っ☆☆☆ (↑∇↑)うれし泣き


すごいですね。
そのライブを、本番前の会場準備の様子から見られるなんて!
臨場感、漂いますね~~。

舞台裏の雰囲気とか、ステージの様子、スタッフのみなさんの動いている姿。

本番に向けてますます張り詰めていくであろうある種の緊張感が漂ってきて、なにか私の
心の奥まで律せられて、朝からいいもの見させていただいてます。

調律の音が、すご~~く心地いいです。


韓国というお国は、ピアノを調律するという習慣がないのか、かなり調律においてはいいか
げんです。

というか、いいかげんではなくて、「調律してないでしょ?しないんですか?」

という感じなんです。


韓国ドラマで鳴っているピアノで、調律できているものを聞いたことがないです。

ピアニストだとか、指揮者だとか、そういったテーマの音楽ドラマでも、ムンクの叫びになりそう
なほどピアノの音が狂っていてめちゃくちゃです。
(おなもみとよく、「ひょ~~~~!」 と、耳に手をあててしまいます)


『冬の○ナタ』 が流行った時、BGMで鳴るピアノの音が気持ち悪くて、私はあのドラマが見られま
せんでした。

でも、後々いろんな韓国ドラマを見ていて、「ああ、韓国って調律しないんだ」ってことがわかり、
その後は、「そんな音だ」 と、韓国ドラマにおいては耳の意識をゆる~くして見る術を習得しました。


その点、のだめのドラマは、ドラマも映画も、調律は完璧!

澄んだ美しい音色と調和されたハーモニーがなんとも心地よく、音楽ドラマとしてまずは基本の
基本をきちんとやっている、すばらしいドラマだと思いました。
それだけで感激でした。


ピアノを習っている子供さんをもたれている方は、ピアノの調律をきちんとして、いつもいい音を
聞かせてあげてください。
いい音を聞いていないと、耳は絶対に育ちません。

(でも、調律はすぐに狂いますので、ほんとうは、いつもいいピアニストの演奏するCDを流して
おくのが一番です。無意識に、完璧な音が耳に刷り込まれます)


きちんと調律をされた音は、宇宙の振動に共鳴するんです。
これは、ほんとうです。

音が宇宙と共鳴共振していることを感じられると、宇宙と自分との共鳴を感じることができる
んです。
これも、ほんとうです。


こういう感覚を、『クオリア』 と呼んでもいいのでしょうか。


そしてそれを体験できることの至福感というのは、言葉には表せないものがあります。






Twitterでつぶやいています。フォローしてね♪ >>piano_sapphire





   *   *   *   *   *   *   


すべてのわんちゃんねこちゃんが幸せになりますように、願いを込めて。

里親募集  >>HEART徳島

ハートは、犬や猫にとって苦しみや虐待の無い地域社会を創ることを目的とした
動物福祉団体です。
近畿、中四国各県、その他遠くの地域へも譲渡しています。

ただ今、保護犬保護猫達の命を繋ぐ為のシェルター基金を募っています。
ご協力いただけましたら、お願いします。

   HEARTシェルター基金口座 郵貯銀行 01690-4-100481




『音楽の捧げもの』 というバッハの曲があります。

「この曲は、バッハの最高傑作のひとつであり、音楽の到達しうる極限の姿を
示している」 と、私の持っているCDのライナーノーツに書かれています。


年始から kagariさんのサイトでこの曲が紹介されていたので聴いてみたら、
「この曲、こんなに良かったんだっけ・・・」

以前CDを買ったときにはとても難しい印象があって、一度聴いただけで封印
されていたものでした。

なんとまあ、すごい曲です。
今ではハマって、毎日聴いています。


この曲のことをもっとよく知りたいと思い、グーグル先生で検索を入れてみました。
まず出てきたWikipediaにて、「?????」

”主題はプロイセン王フリードリッヒ二世から与えられた 『ハ短調』 のテーマ”とありました。


『ハ短調?』


Wikipediaには、ハ短調の楽譜が載っていました。
バッハの直筆楽譜も、フラット三つ、ハ短調です。


がしかし、kagariさんとこで聴いたとき、「シーレー♯ファーソー♯ラー」と聞こえてきて、
これはロ短調なのだと認識しました。

(職業柄、聞こえてくる音はすべて階名に変換されて聞こえてきて、何調何分の何拍子と
脳内聴音します。無意識ですので、それをやっていることも気づいていないほど自然です)


家のCDも、「シーレー♯ファーソー♯ラー」です。

ハ短調だと、「ドー♭ミーソー♭ラーシー」です。

全然違います。


自分の耳がおかしくなったのかと真剣に混乱しましたが、家のピアノで音をとってもシから
始まっています。


調べ調べた結果、『バロックピッチ』なるものが存在することがわかりました。

知らなかった・・・バロックピッチ。


バロック時代のピッチは、実際今使われているピッチより、半音低いのだとか・・・
(それは、知識としては知っていたのですが)

で、古楽器などは、モダンピッチより半音低く鳴るのだとか・・・
(これは、知らなかったです)

古楽器でなくとも、バロックピッチにするためわざわざ半音低く演奏したりするのだとか・・
(へえ~~~、そうなんだあ~~!)


ハ短調とロ短調では全く曲の色彩が違うと思いますが、当時は今のハ短調がロ短調だった。
いや、ロ短調がハ短調だった?ややこしいな・・・

これは、なんか、私的に、正月からすんごお~~~い考えさせられた一件でありました。

ベートーヴェンの田園がホ長調で鳴ったら、どうだろ?
あれはヘ長調だからこそいいんじゃないのか・・・?
など、いろいろ・・・。


もし私が演奏者なら、ハ短調の楽譜を見ながらロ短調が鳴ると、頭がおかしくなりそうです。
でも、古楽器演奏している人のブログを読むと、それが古楽器だと違和感なく全然平気で
できちゃうそうです。
不思議ですね。


時代が進み序々にピッチが上がってきて、私たちがそれに慣れてきたのかもしれませんが、
もしかして、これもアセンションのひとつなのか・・・?なんても思いました。
ピッチって、振動数だから・・・


すみません、今日の日記はすごくマニアックで、相当詳しく音楽をやっている人にしかわから
ない内容かもしれません。

でも、私的にすごい発見だったので、日記として残しておきたいと思いアップしました。





Twitterでつぶやいています。フォローしてね♪ >>piano_sapphire





   *   *   *   *   *   *   


すべてのわんちゃんねこちゃんが幸せになりますように、願いを込めて。

里親募集  >>HEART徳島

ハートは、犬や猫にとって苦しみや虐待の無い地域社会を創ることを目的とした
動物福祉団体です。
近畿、中四国各県、その他遠くの地域へも譲渡しています。

ただ今、保護犬保護猫達の命を繋ぐ為のシェルター基金を募っています。
ご協力いただけましたら、お願いします。

   HEARTシェルター基金口座 郵貯銀行 01690-4-100481





おなもみがウォークマンを買いました。


FFの音楽をYou Tubeやニコニコ動画、その他いろんなmp3を見つけて、DLして
聴きまくっていたおなもみですが、

「いつでもどこでも聴いていたい!」

ということで、ほとんど衝動買いのようにウォークマンを買ったのが金曜日のこと。


私もハマってしまいましたウォークマン。
めっちゃいいですね~♪♪♪
音が芸術的にきれいで、音楽の世界に入り込めます。


今日は、以前からお気に入りしていたYou Tubeの動画を、ウォークマンに入れられない
ものかと朝からいろいろやっていました。

これがなかなかできなくて、ずっとパソコンと格闘していました。 □_ヾ(~o~)


もちろん、自分でやみくもにやるのではなく、方法を検索、その手順でやっているの
ですが・・・

ダウンロードできない!!\( ̄□ ̄;)\( ̄□ ̄;)\( ̄□ ̄;)


調べてみると、私のようにダウンロードできない人はたくさんいるようで、ネット上には
「ちゃんとやっているのにできない!いったいどうすればいいのか!?」
という質問がわんさかです。

そしてまたその質問に対する答えが・・・


ワケわかんない・・・ /(-_-)\う~ん


まず、書いてあるとおりやっているのに、動画DLできない。
または、回答内容が何を言ってるんだかさっぱりワケがわからない。??ヽ(。_゜)ノ??

さらにまたは、「えーーー、そんな面倒なことしなきゃいけないの???」 ←読んだだけ
で、やる気がうせる。


悪戦苦闘。
このソフトをDLすればいいと書いてあればDLする。
でもダメ。

これでDLするべしと書いてあれば、そっちもDLしてみる。
でもダメ。

でまた、そのダメな原因を調べてみると、『コーデックがパソコンに組み込まれていない』
とある。


「は?( ̄_ ̄)?

こーでっく? 

こーでっくとはナンデスカ???ヽ(。_゜)ノ???」


コーデックとは何かを調べてダウンロードする。
でも状況は変わらない。

えーい! と拡張子を変換してみる。
ダメ。


_| ̄|○・・・はー (く、くやしい・・・)


そんなこんなを繰り返しながら、あるサイトの回答を読んで、


( ̄[] ̄;)ハッ!!  


と、突然お告げがあったかのような閃きが起こり、見事DLができました!!!☆☆☆


時刻は午後2時30分。
朝起きてからずーっとやってたの。(@_@)

実は、昨夜は水晶祭りページを作るため、半徹夜していたのですが・・・
DLできないのがくやしくて、眠気もふっとんでパソコンにかじりついていました。


取り込んだ画像は、すっごくすっごくきれいで、You Tubeで見るより百倍ビューティフル。
タリバンに見せたら、「きれいやな~。3Dかと思うほど」 と言っていました。
ほんと、すごいですう~~~~。 (◎o◎)


何をDLしたかというと、FF7のSephirothの動画。

セフィロス、大好きなんです♪
もう、半端じゃないくらい、大好きなんです♪♪

かっこいいです。 (゜ー゜*)。・:*:・  



こんな息子が欲しい。 目の保養じゃ。ヾ(-_-;) オイオイ(なんで息子やねん・・・)


   Sephiroth - 101114



わが息子。
たつのこたろうがそのまま中学生になったような・・・このギャップ。ヾ(-_-;) オイオイって。
まあ、かわいいから許してあげよう、おなもみくん。


   たつのこたろう - 101114




今日はセフィロスの動画、ふたつDLしました。

ひとつは、こちら。
>>さあ、あなたもこれを見てSephirothのファンになろう☆

音楽最高です!(もちろん、植松さんです☆)

カルミナ・ブラーナに対抗できそうな曲です。
『再臨 : 片翼の天使』 というタイトルで、ラテン語でめちゃかっこよく歌われています。

ちなみに、Sephirothの名前の由来は、カバラのシンボル、”セフィロトの樹” からきていると
言います。
スピリチュアルなんですね。






   *   *   *   *   *   *   


すべてのわんちゃんねこちゃんが幸せになりますように、願いを込めて。

里親募集  >>HEART徳島

ハートは、犬や猫にとって苦しみや虐待の無い地域社会を創ることを目的とした
動物福祉団体です。

我が家の愛犬もこちらから譲渡していただきました。
近畿各県へ(その他の地域へも)譲渡している団体です。


   *   *   *   *   *   *   


屋久島のいのちの写真とメッセージ

いのちの島=屋久島は >>こちら


屋久島のナチュラルヒーリングと水晶

屋久島ナチュラルヒーリングは >>こちら


今日おなもみは、試験勉強をするので仏像彫刻教室をお休みしました。
朝は、部活に行っていました。

私は、一日、おもいっきりのんびりしてしまいました。


You Tubeで、ラン・ランのショパンピアノ協奏曲の第一番を見つけました。
一ヶ月ほど前にアップされたようです。
これまでは、You Tubeでラン・ランのショパン一番は見つけられませんでした。

おなもみは、ラン・ランが実際にショパンの一番を演奏しているところを見たかったので、
とても喜んでいました。


おなもみと一緒に、ラン・ランを聴きました。
少し画像と音が悪くて残念でしたが、すごくいい演奏で感動でした。

ラン・ランの演奏は、のだめと全く一緒でした。
もしかして、ラン・ランは3楽章の最後の和音を弾くのかなと思いましたが(ありえない
とは思いながら)、

やっぱり・・・(弾いたの??)


弾きませんでした。(さよか・・・)


あたりまえか。そんなことするのはのだめくらいでしょね。
(何の話かは、こちら参照 です)

* ちなみに、映画のだめの演奏はラン・ランが弾いています。


最後の和音は弾きませんでしたが、ラン・ラン、両手を高く上げていました。
(さすが、ラン・ラン、何かはやるなあ)

>>こちら、ショパンピアノ協奏曲第一番 7分割のPart 07 (三楽章の途中から終わりまで)


一楽章は、のだめのCDで聴いていたので耳慣れしていましたが(ほぼ一緒だったけど、
のだめのCDより落ち着いていました)、ニ楽章は、ほんとうに夢の世界へいざなわれる
ようでした。

ああいう曲(二楽章)では、クリアーなきれいな音が、一際、際立ちます。
どうやったらあんなにクリアーな音が出せるのだろう・・・


三楽章はまたすごくて、あんな三楽章聴いたことなくて私は大喜びしてしまいました。
やっぱりラン・ランはすごいなあ~~~~☆

感動というより、「すごいの聴いちゃった☆」って、うれしくて心が小躍りしちゃう感じ?
感動は後からついてくる感じです。
ラン・ラン、すごい♪♪


ラン・ラン独特の表情を見ながら、おなもみと、「ラン・ランって、何が見えてるんだろうね」
「ラン・ランに入ってみたいね」 「うん」 なんて話し合っていました。

ほんとうに、演奏中のラン・ランの意識は、どこへ行っているのでしょうか。
きっと、違う次元にいるのでしょうね。

ラン・ランの演奏を聴いている(見ている)と、ラン・ランには何が見えてるんだろう・・・
って、いつも思います。
想像もつきませんが・・・
演奏中の意識は、一種のアセンションなのでしょうね。


今日はいろいろとおなもみとおしゃべりしました。

そんななか・・・

なんと、おなもみと私、すっごくよく似た内容の夢を見ていたようです。
あまりにそっくりな夢で、ちょっと背中がゾクゾクっとしました。

アセンションに関する夢といえば、夢のような・・・そんな夢です。
どんどん、アセンションに向かってエネルギーは進んでいるのですね。

毎日、毎日、とてもリアルで臨場感のある、不思議な夢を見ます。
超癒しな夢から怖い夢まで様々ですが、夢はなかなか楽しいです。






   *   *   *   *   *   *   


すべてのわんちゃんねこちゃんが幸せになりますように、願いを込めて。

里親募集  >>HEART徳島

ハートは、犬や猫にとって苦しみや虐待の無い地域社会を創ることを目的とした
動物福祉団体です。

我が家の愛犬もこちらから譲渡していただきました。
近畿各県へ(その他の地域へも)譲渡している団体です。


   *   *   *   *   *   *   


屋久島のいのちの写真とメッセージ

いのちの島=屋久島は >>こちら


屋久島のナチュラルヒーリングと水晶

屋久島ナチュラルヒーリングは >>こちら



ぴあのサファイア

Author:ぴあのサファイア

水晶、女神、天使と交流します。すべてのいのちとの調和を望みます。天の光と、私たちに内在する光の意識が呼応し、響きあい、この地上が光の世界となりますように。


05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
左上の青いボタンクリックで再生します

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。