2005 / 06
<< 2005 / 05 - - - 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 - - 2005 / 07 >>

おなもみは 昨日体調を崩していたため、今日は学校をお休みしました。
昨夜熱があり、今朝も微熱が続いていて、普段のハイテンションは全く影を潜め とても静かな
おなもみです。

そして私は昨日から パソコン関係で体調を崩しています。
と言っても 熱が出ているとか そういうことではなく、思いもかけなかった余計なパソコン雑用
に一日追われ、すごーくエネルギーを消耗してしまった という意味です・・・(滅)
まずはメールが送信できないことが そのひとつ。
今もって未解決です。(受信はできます)

何をどうやってもダメで 最後にサポートセンターにすがりましたがサポートセンターもお手上げ。
あちらが提案してくるサポートは すべて私が実験済みでダメなものばかり。
だからサポセンに電話しているのに 一体何のためのサポセンよーー! と、心で叫びならその
声を押しとどめるのでした・・・Σ(T▽T;)

そうこうしていると 連鎖反応のようになぜか次々とパソコン雑用が降りかかってくる。
なぜ?なぜなの~~~?? 今日はいったい何の日~~~!!?? 号(┳◇┳)泣 と、一人
イラついていました。
今朝もまだ 未解決パソコン雑用を引き継いで 朝 奮闘していましたが もうやめ。
不便はありますが これが解決しなければパソコンが使えないわけじゃなく、すっぱりとあきらめ
ピアノに向かいました。

私が気分をチェンジするのに一番有効な方法は ピアノを弾くこと。
ピアノを弾いていると 何もかも忘れられます。しばらく音の世界に浸ったら レッスン室から出る
時は 新しい意識になっています。

私はピアノの前に座ると まず始めに必ず弾く曲があります。
バッハの平均律クラヴィーア曲集第二巻から 第18番 嬰ト短調。
バッハの平均律は 私の大好きな曲ですが その中でもなぜかこの曲が特別好きなのです。
なぜこの曲だけが特別なのか 自分でも不思議で 説明ができないのですが・・・
私にとってこの曲は どこまでも心地よく どこか懐かしい そして何かを思い出させてくれる曲
なのです。
『嬰ト短調』 の響きが ポイントのような気もします。
この曲が 『ト短調』 なら きっとだめでしょう。

文明の利器に疲れ、300年前のたった三声 四声のメロディーからなる シンプルだけれど
ひとつの宇宙を感じさせてくれる曲に癒される。

なかなかいいバランスなのかな・・・と思います。


私の宝物 ピアノ。 譜面台におかれているのは 平均律の楽譜。
開かれているページは 第二巻 第18番 嬰ト短調。


ピアノ

今日は私の誕生日でーす☆\(≧∇≦)/キャー♪

昨夜から、私が管理しているサイト LUCE では すでにみなさんからおめでとうの書き込みを
いただき・・・(このBBSがすばらしい光の掲示板なのです みなさんの波動がとてもとても心地
いい・・・)そして深夜、22日になったとたん、グリーティングカードが続々届いて 時間も忘れて
パソコンに張り付いていた私は 「え?もう22日になったんだ!」 と 日付が変わったことを
カードで知らされ、ひとつ ひとつ 素敵なカードを開いて 皆様からの愛をいただいていました。

そして、朝、友人がプレゼントを持ってきてくれたり また、素敵なおめでとうの雛形メールが送ら
れてきて、綺麗なメールにうっとり・・・
そのメールについていたBGMがシューマンの 『詩人の恋』 から 「うるわしくも美しい五月に」
この曲集は私が大好きなシューマンの歌曲集。

私はシューマンの歌曲が大好きです。特にこの 『詩人の恋』。
お気に入りのCDは ディースカウのものです。
この曲集を ディースカウが歌うと うっとり癒しの世界へ誘(いざな)ってくれます。
それは それは もう・・・気持ちいい・・・
意識が音楽になって 音の世界をたゆたうのです。
その至福感といったら・・・とても言葉には表せません。

人の声がここまで人を癒してくれるものか と感動します。
いつからこのディースカウの詩人の恋に魅了されているかしら・・・
もう20年以上にはなると思います。

しばらくメールから流れてくる美しいメロディーに静かに耳をかたむけ そして、ディースカウの声
が急に聴きたくなってきて 今日は朝からずっと詩人の恋のCDをかけています。
ここに流せられないのが残念・・・本当に本当に 素敵なのですよ~

癒されるといえば 最近 楽天でブログを書いていらっしゃる玻璃さんのこちらのサイト>>こちら
で、毎日 ヒマラヤ水晶を見てはため息をつき、癒されています。
見ていると 魂が震えて涙が出てくるものがあるのですね。(私、呼ばれてる~ という感じ)
つい先日も 「これ、ほしい~~ これ、ほしいい~~」 と、子供のように言いながら ショーケー
スに張り付く ならぬ、パソコンに張り付いておりました。
でも、今はお財布がやせ細っていて 買えない・・・o( _ _ )oショボーン

今朝、おなもみが起きるなり、「おかあさん、おなもみね、水晶買う夢見たの」
私、「え~~?いいな☆ どんな水晶買ったの?」 と聞くと、「おかあさんが ほしいほしいって
言ってたやつ。夢でね、買ったよ これから持って帰るところで目が覚めたの」

本物は買えないけど おなもみが夢で買ってくれた という。

なんだか とってもうれしくなった私でした。
最高の誕生プレゼントです。
おなもみ、ありがとう☆ 

そして愛をくださったみなさん、ありがとう☆

夜 帰りが遅くなるからと 仕事に行く前にケーキを買ってきてくれた主人にも ありがとう☆

私は最高に幸せです。o(*^▽^*)o

昨日の続きです。
西本さんの楽屋話ではなく エネルギーの玉の話の方です。

先日からのあらすじ(?)は、おなもみが14日の夜、青い彗星のように飛ぶエネルギーの玉を
見たのですが (30個くらい シュンッ と速いスピードで飛んでいったそうなのです)
その玉は うちのレッスン室からきて玄関を飛び交い、庭の灯籠へ と飛んでいったそうなのです。

おなもみは 神様のところから来たエネルギーの玉だ と言っていました。
そのことを日記に書いたら、あのレッスン室には素敵なエネルギーが流れている と友人のたろう
くんが、そして もう一人友人のきてぃちゃんが あの部屋は何か違う とコメントをくれました。

そして そのコメントを読まないと気づかなかったボーっとしていた私、ぴあの。

何が気がつかなかったのかというと、私のレッスン室の壁には10年ほど前から ある絵を貼って
あります。その絵が素晴らしいエネルギーを放ってくれている ということを・・・です。

私にとって レッスン室はとてもとても心落ち着く場所。
すごく心地よい空間だと自分で思っています。
ですので 一度レッスン室に入ると出たくなくなるのです。
さらにピアノを弾きだすととまりません。何時間も 心地よい空間と音の世界に身を任せられる
なんともいえない至福感。(うっとり)

そして、私にはあまりにもあたりまえすぎて 慣れっこになって(?)いたのですね。
その絵の存在とエネルギーに・・・
今日、おなもみがピアノの練習をしながら 壁に貼ってあるその絵が特別気になったらしいのです。
すごくエネルギーが来ていると・・・

その絵は 光のkimiさん(こちら)が昔東京でいらして『光のセミナー』をされていたとき、セミナーを受けていた方がセミナー中に見たものを描かれた絵。
三次元の宇宙空間を越えた光の次元に浮かぶ 『光の繭』 から、一本の光の線が 光のkimiさん
に降りてきていて、会場にいた全員につながっていた というもの。

私はこの絵をはじめて見たとき 魂がふるえ、とても感動して、早速コピーをして レッスン室の壁に
貼り付けたのです。以来、10年あまり・・・(かな?)
エネルギーのわかる方なら うちのレッスン室にいらっしゃると必ずこの絵に目を留められます。
そして、「すごいエネルギーがきている」 とおっしゃいます。

ここのところ、頓(とみ)に光が増していらっしゃる様子の光のkimiさん。
東京でセミナー セッションをなさっていた頃よりもはるかに高次の光を降ろしていらっしゃる最近は
七次元の光で心身を満たしていらっしゃるとか・・・
そして 光の繭の絵も、kimiさんのエネルギーが上がると それとともにエネルギーが上がるよう
です。あの絵に七次元のエネルギーが降りてきているのですね・・・

先日のエネルギーの玉も この光の繭の絵と関係があるような気がしました。


写真は 左がレッスン室。
手前にソファと机があり このピアノのちょうど反対側の壁に絵が貼ってあります。
その壁に 右、光の繭の絵が・・・素敵な絵でしょう?


レッスン室1 光の繭

全く冴えない私・・・
西本さんの楽屋話を書きたいのに 今は他のことで頭がすっかり支配されていて書こうという
エネルギーが湧いてきません。
意識が迷いの森をうろうろ・・・うろうろ・・・

私は方向音痴なのかよく迷いの森に入り込んでしまいます。

おなもみが見たというエネルギーの玉。
私の中にも入ってきてくれないかな?
(14日の日記の話)

私のレッスン室からエネルギーが飛んでいった ということに、うちをよく知っているたろうくんと
pt_kittyさんが 『あの部屋は何か違う』 とコメントをくれました。

感じられる人には あの部屋に何かエネルギーが流れているのがわかるのかな?
私は住人なのでそれがあたりまえでわからないんだ~ ふ~ん・・・(情けない)と レッスン室を
感じてみていたら、『あ!!』 と、閃きました!!!

あれかも・・・

そうかも!(そうかも そうかも!)

さて、なんでしょうね・・・( ̄∇ ̄*)

続く? 

最近連載パターンにはまってしまったのかしら。

でも 西本さんのお話も完結していないのにね・・・(爆)

今日の夜、おなもみが家の中でエネルギーの玉を見ました。

30個くらい レッスン室から玄関を抜け、外へ飛んでいったのだそうです。
絵に描いてくれたのを見ると、彗星のような形で 玉の部分は白っぽい青。
尾っぽの部分はブルー。
すごくきれいで シュッ と 速いスピードで一瞬にして通り過ぎ、消えるのだそうです。

はじめおなもみの話を聞いた主人は 「蛍じゃない?」 
蛍がこんなところに飛んでいるわけないでしょう?と私。
外に出ても見ることのできない蛍が 家の中にいるなんて考えられない。
それによくよく聞いてみたら おなもみが見た光の玉は直径5センチくらい。

北から南へ次々と30個くらい飛んでいって 何個か反対側へも飛んでいたそうです。
その話を おなもみが見た という廊下のその場所で聞いていたら おなもみ突然、
「あ!また飛んだ!」
私、「え?うそうそ!」  見えない・・・o( _ _ )oショボーン

おなもみが 「おかあさん、あれ、何?」 と聞くので 「そんなことおかあさんに聞かないでよー
神様に聞いてみたら?」 と言うと、おなもみ、しばし無言になり神様とお話。
しばらくして、
「あれね、エネルギーの玉だって」 
私、「へ~~そうなんだ そのエネルギーの玉はどこへ行ってるの?うちに来てくれたの?」
おなもみ曰く うちの灯籠のエネルギーが たくさんのエネルギーの仲間を呼び寄せたのだそう
です。それで、エネルギーを増やしているのだそうです。

おなもみのその話に 私は神秘的な感動を・・・ちょっとドキドキ・・・

主人も 「おなもみ、いいなあ!いいなあ!おとうさんも見てみたい!!」 と子供のようにうらや
ましがっています。そして 「宝くじ買ったらいいのかな?」

私・・・
返答する気にもならない。無視。

おなもみに感動し、主人にため息・・・(ーー;)

それにしても、彗星のように飛ぶ青白いエネルギーの玉とやら 見てみた~~~い!

新月の瞑想・・・
前回の新月の瞑想があまりに素晴らしかったものだから 昨日の新月を心待ちにしていた私。
ここのところ、エネルギーはあるのだけどどうもあまりクリアーではないような・・・
今日の瞑想はうまくいくかな・・・と思いながら なんとな~く始めちゃった感じ・・・(爆)

そのうち・・・
異次元に入っていく自分の感覚がいつもよりとても早く いつもは大きくなって宇宙に溶けていく
のを心地よく感じる自分の体が 昨日は違い、自分の体が丸い玉になって宇宙に浮いているよ
うな感じになり・・・(丸いので不安定な感じで、なんとなく転がりそうだった・・・笑)
それからいろんなビジョンが見えました。
美しい美しい こんな美しい仏様見たことがない というようなきれいな仏様が 優しいお顔で
微笑んでおられました。
緋色の法衣を身にまとった僧が 何か、仏教の儀式をしているところが断片的に見えました。
そしてメッセージがどこからともなく 言葉として感覚として 私を包んできます・・・
その時の不思議な感覚といったら・・・

それは美しい世界でした。
今でも目の前にその光景とあの美しい仏様が思い出されますが、その時の私の静かな心・・・
永遠の平安を感じて 静謐の中でただ 自分もなく 心地よく漂っている・・・
あの至福の極みの感覚が・・・

・・・・・・。

これがな~ぜ現実世界に戻ると こうもいろいろと雑念に支配され あの静かな心、至福感が
どこへ行ったか・・・と・・・

o(-_-;*) ウゥム…

まだまだだあ~~(~o~) 

ま、ぼちぼち行きます。

おなもみが朝学校へ出る時間は7時40分。
実は こんなことを書いたと知ったらおなもみに怒られそうだけど、おなもみは 家をでる直前
最低でも5分位は私の膝の上に乗って、私と ハグハグ ギュッ と抱き合っています。

そばにある時計を見ながら 「あ~ もう○分になった ああ~~!あと2分になった!!」 と
言いながら 言うたび私にギュッ と抱きついてきて・・・
そしてあと1分 となったときに必ず「おかあさん、帰ってきたら一番に好き好きしようね」 言い
私も 「うん、しようね」 と言ってやり・・・
私の膝の上から立ち上がり、ランドセルを背負って 部屋を出て行くときに私の方を振り返り
振り返り、そしてドアを閉める瞬間まで 閉まっていくドアの隙間から私をジー っと見ながら出て
行きます。

まるで遠距離恋愛している恋人達の シンデレラエクスプレス のような毎朝です。(~_~;)

そして、帰ってきたらランドセルを置いて一番に 好き好きギュッ です。
今日はギュッ っと抱き合っている時に 「今日のおかあさん、きれいだね」 と言うので 
「ん?今日は ってことは いつもはきれいじゃないの?」 と、抱き締めた手をわざと突き放す
ようにすると、「ああー!違う違う!(あせるおなもみ) えっと、いつもは普通・・・」(言いかけて
自爆おなもみ・・・) 私、「えー?普通なのー?」 と またまた わざときつく抱き締めてくるおな
もみの手をほどこうとする私。
「ちがうーー!!えっと えっと 今日は特別きれいなの~~!」 (必死のおなもみ)

はいはい。 まあ、許してあげましょう・・・
でも、おかあさんがきれい だなんてそんなうれしいこと、いつまで言ってくれるのかしら・・・

それからおやつのアイスクリームを食べながら パソコンに向かう私の横で突然 「今日のおか
あさんのオーラは 黄色 緑 青 赤 ピンク」 
オーラなんていつも聞かなければ言ってくれたことないのに もしかして今日の私、よほど おな
もみが言いたくなる位きれいなオーラなのかしら o(^-^o)(o^-^)o  と思い、「今日のおかあさん
のオーラ特別きれいなの?」(期待♪期待♪) と聞くと 「ううんいつもといっしょ」 らしい・・・ 
なんだ・・・(じゃ、なんでいつも言わないのに急に言うのよ) 

でも・・・
外見はどうしたっていつまでも若々しくはいられないけど、(あー もうすぐ誕生日!う~ん何歳
だっけ~ ちょっと考えないとマジでわからない・・・) オーラは年齢関係なし。
いつもきれいなきれいなオーラでいられるようにしなくっちゃ と思います。(*^_^*)

光のkimiさんの過去の日記に (5月2日) こんなお話がありますよ☆
読んでみてくださいな♪ オーラをきれいにすると・・・?o(*^▽^*)o >>こちら

昨日が日曜参観のため、今日おなもみの学校は代休。
で、お昼ご飯をお友達と近所のおうどんやさんに食べに行きました。

そこはずっと以前からおなもみが 「灯籠の水の位置が違う」 と気にしていたお店。
先日、たろうくんちのなか姫ちゃんとそこへ食べに行った折、お店の人に 灯籠の組み立て方が
違うことを言ったおなもみ。
まずは、お暇な方はそのことを こちら の日記で読んでみてくださっても・・・ m(_ _;)m ぺこん

おなもみがなぜこんなに灯籠に惹かれているのか おなもみ灯籠大好き物語は いつかひとつの
お話にして日記に書こうと思いますが・・・(今日は疲れて気力がない)

でですね。
やっぱり、灯籠は直っていなかったのです!(この間 そんな感じはしたのよね~~・・・)
さらに おなもみはその灯籠の新たな間違いを発見!
『火』 の部分が上下逆さまに置かれているのです!!Σ( ̄▽ ̄;|||<なんとっ!

おなもみが 「ほらー 逆さまでしょ?」 と言うのでよーく見てみたら ホントホント!逆さま!
o(-_-;*) ウゥム… ひどすぎる・・・

そのお店、毎日のように四国八十八ヶ所参りをするお遍路さんが訪れる お遍路さんたちの
お食事処となっているお店。
お店の中にはそれらしい雰囲気の装飾もあちこちに施されている なかなか落ち着いたいい
感じのお店なのに・・・
灯籠がちゃんと置けていないなんて・・・そんなのって・・・

「ねえねえ」 と私。
「こんな常態でこの灯籠にはエネルギーが来るの?」 と、おなもみに質問。
おなもみはあっさりと 「エネルギー?きてないよ」(一言) やっぱり・・・( ̄∇ ̄;)

この間まであれほどそこの灯籠がちゃんと置けていないことを気にしていたおなもみですが、
今日は もうあきらめたのかどーでもよくなったのか 『もういいうや』 って感じで執着なし。

私一人 『気になるう~』 と思いながら悶々とお店を後にしたのでした。

今日は日曜参観でした。
日曜日なので給食センターがお休みで 今日はお弁当持参で学校へ行くのです。
お料理超苦手な私、今朝はお弁当作りを奮闘していました。

実は、その前の金曜の夜 メッセ&電話で友達とおしゃべりに興じてしまい、徹夜で寝ていなく、
昨夜おなもみの敷布団をしいた段階でめちゃくちゃお布団が恋しくて 「お布団だ~」 とゴロンと
横になったのです。
その横でおなもみが 「おかあさん、明日はお弁当いるんだよ わかってる?」 と もしかしたら
私がお弁当のことをすっかり忘れているかもしれないと (まあ、思われても仕方のない 普段
からの母ぶり なので) 必死で お弁当 お弁当 とうるさく言っていました。

う~ん・・・お弁当ね わかってるよ~ と心で思いながら・・・いつの間にか 本当に知らない間に
すっかり眠りに落ちていました。(爆) 
二時間くらい寝ていたでしょうか・・・はっ と目が覚めると おなもみも横で 掛け布団もかけない
常態で寝ていました。「いっけない!」 と思い、掛け布団をかけてやっていると、ふとサイドボード
に貼り付けてある白い紙が目に入りました。

その紙には

あしたのようい (このくらい漢字で書いてよね・・・) 
おべん当  とくに 
水とう  とくに


と 書かれてありました。(”とくに” とは 特に の意 特別気をつけろ ってことかな?)

はいはい。(ーー;)
私が寝てしまったのでまだお弁当が心配なおなもみ、紙に書いてここに貼り付けていると 私が
見ると思ったのでしょうね。
さらに、私の目覚まし時計、いつもは6時半に目覚ましの針を合わせているのですが ふと見る
と、針が5時に合わされていました。おなもみがやったとしか思えない・・・

5時に起きてお弁当作れ って?
どんな豪華なお弁当を作ってもらいたいのだろう。 _(__)ノ彡☆ばんばん

でも、ヘンな寝方をしてしまった私、それから目が冴えてしまい、結局昨夜も徹夜。
お弁当作りは4時半ごろから取り掛かりました。
でも、内容は全然豪華じゃなかったけどね・・・
ごめんね、おなもみ。お料理下手なおかあさんで・・・o( _ _ )oショボーン

アルプスの少女ハイジ ご存知でしょうか・・・?
たぶん、知らない という方はいらっしゃらないのでは・・・ と思うのですが、私はこのお話が子供
の頃大好きでした。
小学一年生の頃です。
毎日、毎日、ハイジの本を読んで ヤギのミルク ってどんな味だろう アルプスの山ってどんなに
きれいなのだろう 夕方になったら山の色がどんどん変わっていく ってどんな色だろう 白いパン
ってどんなにふかふかでおいしいのだろう と、お話の中に浸りこみ 空想と想像の世界で心を
わくわく躍らせていました。

あの本で 私のイメージ力は 相当 かなり すごーく 養われたと自信を持って言えます!
私は、子供が生まれたら 私と同じように小学一年生で 『アルプスの少女ハイジ』 の本を与えて 
あの楽しい美しい優しいお話の世界に浸らせてやりたい と、ずっとずっと思っていました。

ところが・・・

最近の子供って、あのお話を本で読む前にテレビのアニメで見ちゃう というパターンが多いのです
よね・・・おなもみも例に漏れず・・・いつの間にか・・・

私も あの小さな頃、毎日想像力をフル回転させ、あれだけ自分の中で出来上がっていた ハイジ、
おじいさん、ペーター、クララのイメージが もう今となってはアニメの顔と声しか浮かびません・・・
まあ あのアニメはアニメで大好きで 何度見てもいいなと思うのですが、私の中の想像のペーター
はもっとジャニーズ系だったのです・・・ (ーー;)

それはさておき、アニメでは、ヤギたちが喜ぶと 一斉にピョーン ピョーン と飛び跳ねるのですが、そのヤギたちの跳ね方が、それはそれはすごいのです!ハイジャンプなのです!
いつも そのシーンを見ると 「いくらアニメだからってやりすぎよ~子供が見るのに こんなウソの
演技をヤギにやらせちゃいけないわ(*'へ'*)」 と、真面目に思っていました。

でも!
あのヤギのハイジャンプは ウソでもデフォルメでも何でもないことが証明される日がきたのです。
うちの犬によって・・・

うちの犬、ピュンピュンは (♂ 10歳 Mix 生後三ヶ月ごろぴあのに拾われる)それはそれは凄い脚力でもって お散歩の前 リードにつながれるのを待ちきれず、その間10回ほどその場飛びをするのですが、それが、身長173cmの主人の顔にピュン×2の頭が並ぶほど飛び上がるのです。
(ちなみにピュン×2は体重16キログラム スリムな中型犬です)

その飛び上がり方が、アニメのヤギの飛び上がり方と全く一緒なのです!
ピュン×2のハイジャンプは もうたぶん10年くらいやっているピュン×2の散歩前の儀式なのですが、初めてこのジャンプを見たときには ホント、びっくりしましたよ~~\(◎o◎)/
とにかくすごいのです。
「あなた、もしかして何かの大会に出られるんじゃない!?」 と、真面目に思いますもん。

で、なんとかそのハイジャンプを写真に収めて公開したい と思うのに、ジャンプの瞬間とシャッターをきる瞬間が どーしてもどーしても うまく合わなくて、一番高く飛んでいるところが撮れません。
この下の画像は かなり飛んでいるようですがまだまだ こんなものじゃないのです。
本当はもっと高く飛んでいるのですが(この倍くらい)お見せできなくて残念だわ~~(>_<)

お散歩


あ、今日はその上にまだピュン×2の前世物語をここで書こうと思ったのに長くなっちゃった。
長いとギャラリーから文句が出るので 今日はこの辺で・・・

ところで、アルプスの少女ハイジ、もうこの際アニメでいいから あのお話をおなもみにちゃんと見せてやりたい と思うのに、おなもみはロッテンマイヤーさんが怖くて どうしてもフランクフルトでのシーンを見ることが出来ず、今に至っています。
アルプスの少女ハイジ、おなもみの中でクララは 急にふって湧いた少女なのです・・・

今日はハードな一日で すご・・・・・・く 疲れたのでした。(-_-)
朝から本当に超ハード。 今やっとおしりをつけて(?)座った という感じ。
ま、仕事中は座っていますが・・・(~_~;) (仕事はのけといて っと)

私は疲れやすいのかなあ・・・こういうハードな日の仕事が終わった後は もう 動けないのです。
「は~疲れた」 ってそればっかり口から出て、目はうつろ(ほんと)。歩くのもヨレヨレ・・・
動作も超鈍く スロー。
そしてまた今日は特別。
ため息をついて 「しんど・・・」 と言った私の声を聞き、私に背を向けて絵を描いていたおなもみ
が、振り返りもせず 「今度は ”しんど” か・・・」 と独り言のようにつぶやいていました・・・(滅)
(さっきまでは ”疲れた 疲れた” と言っていたので・・・)

そのおなもみに、「ねえねえ、今日のおかあさんのオーラ、どんな?」 と聞くと、「うす茶色」 
私、「うす茶色?」 (なんかヤバそう?) 
「ピンクとかないの?」 と言う私に 「いつもピンクのところが今日はうす茶色なの」 
「そうなんだ~」 とちょっと o( _ _ )oショボーン  となった私を見て、「あのね、この仏様持っていた
らいいよ」と言って、いただきもののチベットの仏像を私に持たせてくれました。

手の上に乗るくらいの小さな仏像です。
「これ、すごくエネルギーがくるから。おかあさんにはこっち。おなもみはこっち。」 と、私にひとつ
渡してくれ、「これはおかあさんとおとうさんを守るの。 おなもみはこの仏様が守ってくれるの」
と、自分の手にも小さな仏像を乗せて 「この仏様は ”おつきあいさん” って言うの おなもみに
おつきあいしてくれるから」 と 教えてくれました。
『おつきあいさん』 なんて、おもしろい名前を仏様につけるのね~。でもちょっとおもしろくって
親しみやすい いい感じね・・・ふ~ん・・・  と、ほのぼのする私。

その仏像、おなもみにいただいた物なので 私は 私の波動が仏様にうつってはいけないと思い
いただいてからもずっと触るのを控えていました。
でも、今日 手の上に乗せてみたら 両手が電気が走ったようにビリビリしだしました。
「ビリビリするね」 とおなもみに言うと おなもみも、「うん、おなもみも今ビリビリしてるよ」
「すご~いビリビリするう~」 と 私。 おなもみも 「この辺がね!じゅわ~~って!足もびりびり
しだしたよ!」  私、「おかあさんも するする~足!」 「背中もぱちぱち って」 「うん!うん!」
・・・と、電気人間親子のアヤシイ会話に・・・(~_~;)

おなもみは、チベット仏教の写真集を広げて、(こちら)「おかあさん、この仏様だよ!ほら」 
「ね?一緒でしょ?」 とやかましい やかましい。
(この写真集もまたいただき物 こんなのいただいちゃっていいの!?と言うほどすごい写真集)
「ほんとだね~ きれいだね~」 と見ているうちに・・・ 
気がつけば 疲れが少しましになっている私。あれ?あんなに疲れていたのに・・・
おなもみ、ありがとう☆

そして、親友のたろうくんが、私を感じて 『忙しいぴあのさんへ 愛を込めて』 と、たろうくんが
撮った素敵なお花の画像をメールで送ってくれました。
メールに添付されたその写真を見た瞬間、私の顔に笑みがこぼれました。
ありがと~ なんだかほっとするう~♪(*^▽^*)

たろうくんとおなもみにとっても癒されました。
愛をありがとう☆ 幸せな私。(*^_^*)

ぴあのサファイア

Author:ぴあのサファイア

水晶、女神、天使と交流します。すべてのいのちとの調和を望みます。天の光と、私たちに内在する光の意識が呼応し、響きあい、この地上が光の世界となりますように。


05 | 2005/06 | 07
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -
左上の青いボタンクリックで再生します