2006 / 03
<< 2006 / 02 - - - 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 - 2006 / 04 >>

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

昨日は寒い一日でしたが、今日は少しましかな?
おなもみは、お友達の家へ遊びに行きました。
お友達が将棋を教えてくれるのだとかで、昨夜からワクワクしていました。

先日、レッスンに来た大人の生徒さんがオーラの泉をDVDに録画したのを貸してくださいました。
(先週のレッスンのとき、私が オーラの泉を見たことない って言ったので・・・)
まだ見ていないのですが・・・

実は、おなもみもオーラが見えますが、このことに気づいたのは今からちょうど二年前でした。
ピアノの先生のところにレッスンに行っていて、レッスン中急に ミの音を弾くと仏さまが出てくる
ソの音を弾くと神様が出てくると言い出しました。

それまでのおなもみは、全く普通の子供で 私も仏教関係のものとは全く無縁に、ごくふつ~?
に暮らしておりました。
特に家に仏壇があるのでもなく、仏さまに手を合わす習慣もなく・・・

それから、間接的におなもみのことを聞いた方がある種の霊感がある方で、悪い霊がとりつい
ていてはいけないから一度おなもみ君に合わせてほしい と全くの善意で言ってくださいました。
その方がうちにいらしてくださり、おなもみには何の問題もないことを言ってくださいました。
そして、おなもみに、もしかしてオーラが見えていないか?と 持ってきていたオーラの写真を
おなもみに見せると、おなもみが 「こんなのが見えている」 と言い、どういうふうに見えるのか
紙に色鉛筆で描きはじめました。

親の私は・・・びっくり!
オーラが見えてるの?いつから??と聞くと、「ずーっと前から」 という返事。
し・・・知らなかった・・・

それから おなもみのことを見てくださったその方は、

 今までたくさんのこういう子供を見てきた。
 こういう力が悪い方向へいってしまう子もたくさん見てきた。
 悪魔の仕業でもあったりする。魔がつかないようにしなくては。

・・・と、こちらが不安になるアドバイスをたーくさんしてくださり・・・(苦笑)
あ、でも、付け加えますが、その方は本当に善意でおなもみのことを心から心配してくださり、
アドバイスくださっているのです。それは心からわかりました。

とにかく、不安感いっぱいに満たされた私(爆)は、しばらく音信不通にしていた光のkimiさん に、
このことを相談するメールをしました。

kimiさんからのお返事に、

『何が起きても、神様や 仏さま、天使に 必ず見守られているし、守られているから、
何も心配はいらないということを、常に言い聞かせてあげることだ』 とありました。
『常に神様や仏様や天使たちに守られている、ということをよくよく言って聞かせてあげていると、
本人が安心するでしょう。心が安らぐでしょう。』
そして、
『本人の中に不安や心配や恐れがなければ、何も心配はいらないんだよ。』 と・・・
『それに、いつも神様や仏様や天使に守られている、と言い続ければ、そのうち、そういうものが見
えるようになるかもね。』 とも・・・

そうか・・・と思いました。
不安や恐れや恐怖があるから、そういうものを見てしまうのですよね。
自分の中に 絶対の安心感、心の安らぎしかなければ、自分の世界は絶対の安心、安らぎの
世界でしかありませんよね。
おなもみに、いつもいつも 「守られているから大丈夫よ」 と言うようにし、(実際私がそのこと
を実感しながら・・・)そしておなもみは、いつも心を安心させていて、実際に神様や仏さまとお話で
きる子供になりました。

これは、全く 私たち大人にも言えることですね。
それから私は、ついつい何事も不安に考える癖のある自分にも 『守られているから、大丈夫』
と言いはじめるようになりました。
今では、『大丈夫』 すぎて、これでいいのかっ!って突っ込み入れたくなるほどの大丈夫人間
になってしまいました。(~_~)

人は、心の持ちようひとつで、本当に変わります。
魔がつくかもしれない と恐れながらおなもみを育てるのと、守られているから大丈夫 という
安心感でおなもみを育てるのとでは 天と地の違いがありますね。
おなもみの心にも計り知れない影響があることでしょう。

私は、いつもいいご縁に導かれて、たくさんの方からの大きなサポートをいただきます。
宇宙の大きな見守りの中で、私たちは多くの恩寵を受けながら生きていますね。
だから、『何も心配することはない』 ということ。
そのことを日々忘れないよう、そしていつも 意識を愛と感謝へ向けていたいと思います。


いのちの島=屋久島へもぜひどうぞ。 >>こちら☆

スポンサーサイト

今日はこちら、季節が冬に戻ってしまいました。
寒い寒い・・・

午前中、家でのレッスンと出張レッスン。
朝、何もできていなかったので帰ってから片付け 掃除。
今日は可燃ごみの日だったのに、時間がなくて出せなかった・・・ しょっく (_□_;)!!




おなもみは一昨日から 彫りかけていてそのままになっていた仏像を彫りにかかりました。
十一面観音にするのだそうで、手を彫刻刀で切り傷だらけにしながら一生懸命彫っています。
なかなか本格的なミニ仏師でしょ?(*^_^*)




仏像彫りー060328





昨夜は 何を思ったのか それでまた急に紙粘土を取り出し、今度は 『バーミアン大仏』 を
作っていました。

629年、この像を見た三蔵法師は 『金色晃耀』(こんじきこうよう) 全身が金色に輝いていた。
と言ったそうです。数十メートルに及ぶ巨大な仏像です。
その後、偶像を嫌うイスラム教徒により、顔が削られてしまいましたが、千年にわたり、風雪に耐え
てきました。
2001年3月、タリバンにより この大仏が爆破されてしまったことをご存知でしょうか?
このバーミアン大仏、顔も手も足も (はじめから) なかったのですが おなもみは顔と手を自分で
イメージして作っていました。
でも、本当に、どんなお顔をして、どんな手をなさっていたのでしょうね・・・
そして、玄奘三蔵が見たという キラキラ輝いていた姿は、どれほど美しかったことでしょうか。
  



バーミヤン大仏ー060330





いのちの島=屋久島へもぜひどうぞ。 >>こちら☆

朝、いいお天気だったのに 先ほどから 風雲急を告げる? のごとき空模様になってきました。
春の嵐。
おなもみは、お友達とサイクリングに行く予定で昼前からお友達の家へ遊びにいっておりますが、
行けたのかしら・・・?

タイトルの 鳴かず飛ばず・・・
何かと言いますと、おなもみのお勉強です。・・・o( _ _ )o

世間一般で親がよくやるパターン。
子供にはしっかりお勉強してもらって いい成績でいてもらわなくちゃ。
と、やれ勉強しろ、そして、勉強を横で見てやっていると、「どーしてこんなことがわからないの!」
と、はじめは優しく教えていても そのうち感情が怒りへと・・・
・・・え?
私だけ・・・??
えーーー???そうなの!!??  す、すみません。m(_ _)m

遺伝って単純にちゃんと作用するとすれば、遺伝的には決して頭が悪い (っていう言い方、差別
的になりますでしょうか、すみません) というハズはないハズな我が子。
おなもみが学校へ上がる前には、まずお勉強で苦労することはないだろう と踏んでおりました。
親ばかながら・・・

ところが・・・

これが全くの鳴かず飛ばずで・・・ 。。☆ヽ(o_ _)oバタ

その原因というのが、どうやら、授業が全く耳に入っていない というか、心ここに在らずというか、
上の空というか・・・ そうなのではないか と気づきました。

おなもみの頭の中は四六時中 仏さまのことでいっぱいなのです。お勉強中も・・・
そのことがよーくわかった出来事が先日・・・

春休み前のこと、今頃になって先生どうしたの?というくらい 鬼のように宿題を出すおなもみの
担任の先生。
とにかく早くこれを終わらせたい とひたすら鉛筆を走らせるおなもみ・・・
でも・・・

「あ!」 と、突然鉛筆を止めるおなもみ・・・
「どうしたの?」 と聞くと
「今ね、観音さまが話しかけてきたの」
「ふ~~ん・・・そう・・・」
また鉛筆を走らせるおなもみ。 そしてまた、
「あ!」
「今度は何?」
「お勉強終わったらね、仏さまのビデオ一緒に見よう って観音さまが言うの」
「・・・・・・・・・・・・」 ← 私。  気を取り直して、「そ~~う、いいわね。観音さまとお友達なのね」
「うん、あのね、この観音さまだよ。今のおなもみのおつきあいさんの観音さま」
(おつきあいさん とは、その時々におなもみを守ってくださっている特定の仏さまのことです)
・・・と言って、宿題そっちのけで仏像事典を開け始めたおなもみ。
「おなもみ、宿題はー!」 と、私。
「ちゃんと後でするから」 と面倒くさそうに言って、「ほら、おかあさんこの観音さまだよ。この観
音さまがね・・・」 と延々おしゃべりが始まる・・・そして、宿題モードは一気にどこへやら飛んでい
き、瞬時に仏さまモードへ と切り替わり・・・

ああ・・・
学校でもこうなのね・・・
先生の言っていること、きっと全然聞けていないんだ・・・
は~~~・・・ ため息。

昨夜も寝ていた と思ったら 「眠れない!」 と叫んで急にガバッ と起きて、紙と鉛筆を取り何
かに取り付かれたように? 仏画を描きはじめました。

一通り描いて また布団へ・・・
髪をなでてやっていると 眠りかけたおなもみが、ぱっと目を開いて、
「おかあさん、明日早めに起こしてね、お友達の家に遊びに行くまでに さっき描いた観音さまに
色をぬりたいの」
眠りかけても観音さまが頭の中を渦巻いているのか こやつは・・・と コケそうになりながら
「うん、わかったよ。起こしてあげる。きれいに仕上げてね」 
「うん」

四六時中、万事がこういう感じ・・・
我が子ながら本当に不思議な子供だ~~~
一度おなもみの頭の中をそのまま体験してみたいです。

まあ、仏さまの世界を思い描いている というのは平和だし、お勉強のことは・・・ まあいいか。
箸にも棒にもかからない っていうのでもないし・・・と、最近、やっと諦めがついてきた私です。

下は、昨夜描いた十一面観音。朝、色を塗っておりました。
どこを塗ったかわかりますか?
実は、紙の裏側なのです。
この絵の裏側に うっすらと ピンク、緑、金色が塗られていて、光に絵を透かすと 陽炎のよう
に淡く幻想的に色が浮かび上がって見える という技法を使っています。
これがなかなか美しいのですが、この写真では残念ながらわかりません。
デッサン力がないのは、なにぶん、子供ですのでお見逃しを・・・




十一面観音ー060328




いのちの島=屋久島へもよろしければ足をお運びください。 >>こちらです☆



もうすっかり春ですね~♪
木曜、金曜の頭痛を抜けて、とてもクリアーになった私です。o(≧∇≦)o
自分が透き通る感覚を感じています☆


一昨日、まさに何もない透き通るような意識を体験しました。
自分でも感動でした。
何の雑念もない、静まりきって自分がどこにいるのかさえもわからない空間を体験しました。
思考が全くぴったり止んでしまう 静かという言葉さえ入る余地のないほどの静かな意識。
すごくクリアだった。
そして、すごく心地よかった。

『なにもない、でも、すべてが在る』 このことを、まさに実感しました。

もし、現実世界で 常にああいう意識状態でいられることができるなら あるいは、現象世界で
様々に起こってくることに 三次元的に対処しながらも、常に意識の奥がああいう状態であるな
らば、観念や、感情を超えた次元から自分を見つめることができたなら・・・


と、ここまで書いて突然ですが方向転換を・・・


ま、そんなことができたら・・・ 今私はこんな日常のごたごたした生活の中ではいないでしょう・・・ 
バッターン!。。☆ヽ(o_ _)oゴン☆ はー・・・(大きくため息)


また軌道修正いたしまして・・・(すみません)


でも、ああいう意識状態があることを体験できたことだけでも 大きな悦びでした。
思考の領域を超えた瞑想状態。
成長や悟りに拘っているかぎりは思考次元。
そういう次元を超えた空間・・・
限りのない、何の限りもない次元・・・  
・:*:・(*´ー`*)ウットリ・:*:・  ヾ(--;)ぉぃぉぃ

その日、私は本当にどうしたことか というくらい、限りなく透明だったのです。
瞑想をしていたら、すごいエネルギーに包まれました。
その瞬間!!(夜、皆が寝静まった後だったのですが・・・)
主人は寝室で急に咳き込みだし、横でおそろしく静かに寝ていたおなもみが急にうなされだして
寝苦しそうに寝返りをうちだし、ぐっすり夢の中だったピュンピュンが急にむくっと起きて後ろ足
で首を 『カイカイカイカイッ』 o(-_-;*) ・・・ そしてあろうことか、つぼ巣の中でぐっすり寝込んで
いるはずのちーちゃんが 急に 『バサバサバサバサ バッターン』 ←巣から落ちた・・・(そんな
こと ありえない・・・だって、つぼ巣の中で寝ているのになぜ落ちるの??) そして、「びっびっ」
と鳴きながらまた巣へと帰っていっていました。(ーー;)

と・・・ それぞれの皆の様子に気をとられながらも、私は瞑想続行。
その後はすばらしい世界へいざなわれましたが・・・ それはも~~~う・・・
・:*:・(*´ー`*)ウットリ・:*:・ ヾ(--;)わかったから・・・

それにしても、よっぽどすごいエネルギーに家中の皆まで影響を受けたのでしょうか・・・
瞑想をしながら、皆のその反応に 「ヾ(-_-;) をいをいをいをい・・・」 と 心の中で突っ込みを入
れていた私です。(>_<)

(これは私がよっぽどすごい って自慢しているのではないのです)
(そのよっぽどすごいエネルギーをその日体感する出来事があって)
(それゆえのことなのです)


この日は この春、私がまた新しいエネルギーを取り入れるための第一歩となる日でした。
出だしは上々のようでした。
頭痛の浄化にも、ありがとう!でした。(*^_^*)



瞑想的な心は静かである。
それは思考が想像することのできる静けさではない。
それは穏やかな夕べの静けさでもない。
それは思考がそのすべてのイメージ、
その言葉や認識と共に完全に止んだ時の静けさである。

by Krishnamurti   光のkimiさん
 


   上は、ぴあのが大好きなKrishnamurtiの言葉です




いのちの島=屋久島へも、ぜひどうぞ。 >>こちらから

ザナバザルは、わずか五歳で生き仏とされた少年です。
そして彼は、モンゴル史上最高の仏師でした。

ザナバザルは、モンゴルが混迷していた時代に現れた救世主とされています。
幼くして生き仏とされたザナバザルは、美しい歌や仏像を通して仏の道を説きました。

ザナバザルはモンゴルの歴史上最も偉大で尊敬すべき仏教の指導者でした。
さらに、天賦の才能に恵まれていた彼は、モンゴルの国民に文化の素晴らしさを教えた 天才
芸術家でもあったのです。

ザナバザルは、彫刻、絵画、建築、文学など、様々な分野で作品を残しました。
中でも仏像は 欧米でも高く評価されているそうです。



こちらは、持金剛仏像


持金剛仏像ー060325





白いターラー菩薩像。 金箔のブロンズ像です。
観音の涙から生まれたとされる女性の仏です。美しいですね・・・
額や手足に七つの目を持ち、すべての人々を見守ると信じられています。
(バックにぴあののパソコンがひそか~に?写っています・・・汗)


白いターラー菩薩ー060325






当時、モンゴルでは部族間の争いが絶えず、それに乗じて中国やロシアが侵略を企てていました。
モンゴルを一つにまとめられるのは、生き仏しかいない そこで見出されたのが五歳のザナバザル
でした。

幼いザナバザルに仏の道を説いたのは母親でした。
母の願いを胸に、ザナバザルは生き仏として平和を祈ります。
しかし、争いはやまず、モンゴルは中国清の支配下に置かれました。

ザナバザルが仏像作りに没頭したのは、国がまさに滅びようとしていたときでした。
その仏像の多くは 人を罪から救い出す仏です。
昨日ご紹介した阿しゅく如来は、人の争いの原因となる怒り、傲慢を静める仏です。



こちらは、昨日紹介した 阿しゅく如来


阿しゅく如来ー3-060325





ザナバザルの仏像は、どれも均整を重視した仏像作りの基本理念に基づいています。
しかし、それだけでは、仏像は作れません。
生きた人間を理解し、愛する気持ちがあってこそ 初めて偉大な仏像を作ることができるのです。

モンゴルが中国の支配下におかれた後、ザナバザルは、一人部屋に篭り、仏像を作り続けたと
言います。


ザナバザルは、1723年、89歳でこの世を去りました。
死の直前 彼は、一体の仏像を残しました。
高さ、30センチにも満たない 小さな土の像。
ザナバザルが五歳の自分の姿を現したものです。


ザナバザルー1-060325



ザナバザル




わずか五歳で、国に運命を捧げた生き仏。
彼は果たせなかった想いを この像に託そうとしたのでしょうか・・・

その後、モンゴルは激動の歴史を歩みました。
社会主義時代には 仏教が禁じられたこともありました。
今、ザナバザルの仏像は、再び人々に崇拝され、モンゴル仏教の精神を伝えています。


・・・以上、アジア仏の美100選 (NHK放送より) でした。


平和を願う人々の心が五歳の少年を生き仏として見出し、そしてその少年は、衆生の苦しみを
救うために自らの一生を捧げた・・・
そういう時代を経て、私たちは今ここに生きているのですね。
もしかしたら、この時代のモンゴルにも、私たちは転生していたかもしれませんね。
人々の長い永いときをかけた願いを、精神として受け継いで、そして、今、アセンションに向けて
一気に解き放とうとしている、そんな気がします。




今日は、昼まで寝ていました。(-_-)zzz
昨夜、おなもみにヒーリングをしてもらって、だいぶ楽になりました。<頭痛

今日はおなもみは終業式で、昼前に学校から帰ってきました。
私は、だいぶ頭痛が楽になった とはいえ、まだまだ少ししんどい状態。

なのに・・・なのに・・・

昨日、寝ていて家の中のことが何もできていなかったので、ちらかっている部屋が気になり、掃
除をはじめてしまったら・・・とまらなくなって・・・
またまた、鬼のように片付けをし始めました。o(-_-;*) ウゥム…
今日の掃除は昨日にも増して大掃除!
ゴミ袋も、7袋分!! (よほどいらないものに覆われている?我が家でしょうか・・・)

そうしたら、また頭痛がぶりかえして・・・_| ̄|○ ガクッ

誰か私の掃除を止めてえええ~~~~~!!!(それより普段からきれいにしとけー!)


話は全然変わりまして ですね。

カンナ2さん の日記で、『マリア観音さま』 という カンナさんが目をつむると見えるという観音さま
のことが 書かれていました。
一体 マリア観音さま ってどんな観音さまなんだろう・・・ o( ̄  ̄*)。。oO(想像中)
そのとき、モンゴルの仏師、ザナバザルが作った それはそれは美しい仏像が 私の脳裏に
とっさに浮かんだのです。

ザナバザルは、わずか五歳で生き仏とされ、一生をモンゴルに捧げた仏師です。
幼いザナバザルに、仏の道を説いたのは 母親でした。

その母の面影を仏像に映したと言われる阿しゅく如来。
(”しゅく” って漢字を受け付けてくれない楽天日記・・・(*'へ'*)ぷんぷん )

この美しいザナバザルの阿しゅく如来の画像を ぜひぜひここ、サファイア日記で紹介したい と
思ったのですが、ネットで見つからず、おなもみのビデオの画像をカメラに納めてみました。
あまりきれいに写せませんでした。
本当に美しい、母性を感じる慈悲にあふれた如来さまなのですが、伝わりますでしょうか・・・

この阿しゅく如来の美しさのひとつに、均整のとれた体のプロポーションがあります。
のど、心臓、へそ、と、チャクラが等間隔に 配されているのだそうです。
調和のとれた体つき、慈しみの表情は、ザナバザルが理想とした、モンゴルの人々だそうです。

次の日記で 五歳で生き仏になった という ザナバザルのことを、もう少し詳しく書いてみようと
思います。




阿しゅく如来ー1-060324  




阿しゅく如来ー2-060324






頭が痛い。
久しぶりの本格的な頭痛。
吐き気もする。最悪・・・

昨日くらいから、ヤバイなあ って思っていました。
朝起きたら、「う、きそうな予感・・・」 

今日は可燃ごみ出しの日。
私は、掃除をすると頭痛が起こる という、ヘンな体質?の持ち主ですが、頭が痛いのにやめて
おけばいいのに、ゴミ袋を持って 部屋のあちこちを片付けはじめました。
掃除と頭痛、どうもきってもきれない腐れ縁の様子。
次から次へといらないものをゴミ袋へ・・・

ほとんど、大掃除・・・ならぬ、中掃除。
それから掃除機をかけて、朝起きたとき無意識に決めていた脳内掃除時間を大幅にオーバー。
そして、頭がガンガンと・・・きつい・・・

実は、今日は 年間レッスン回数の調整で 仕事をお休みにしていました。
明日もお休み。でも、金曜はいつも仕事休みの日なので、これは予定内。
二日もあれば、かなり、できていないパソコン作業ができるぞ!と あれもこれもやる と決めて
いたのに、こういうときに限って必ず頭痛になるのです。
ちゃんと、休みを狙ってやってきてくれるのはうれしいのですが・・・

あと・・・

あさって、とても大切なことがあって・・・
その大切なこと、私にとっては、かなり重要なことで、万全の体調で望みたいのです。

ここ数年、信じられないようなことが自分の生活に起こっていて、現在も継続中です。
これは、ドラマか! って、言うようなこと。
書けば本が一冊できあがるカモ。

私は、めいっぱい幸せで、毎日が至福ですが、それは、次々と起こってくる現象に対して、ただ
シンプルに 余計な感情を付加せず事実のみを受け入れる、それができている自分ゆえ だと
思います。
数年前の私なら、きっとその事実に耐えられず、悲観的になって毎日悩み苦しんでいたでしょう。
まさに非苦の世界にどっぷり浸かりきっていた と思います。

私は、毎年、春、春に自分が大きく変わる出来事にあいます。
そのたび、籠もっていたエネルギーが すっと抜けて新しいエネルギーが自分の中に入ってくる
のを実感しています。
この春も、何かが変わる予感がずっとしていました。
もしかしらたら その第一歩かもしれないことの前に この頭痛。

心身を浄化しておけ ってことなのかしら・・・? と、直観で思いました。
二日で、溜まったもの、淀んだエネルギーを抜け??
幸い、仕事は休み。
薬を飲まなくてもいい ということが とてもうれしい。
(仕事だと、薬を飲まないととても無理だから・・・)
薬を飲んでしまっては浄化はできない。

今日、明日、ぴあの、ひたすら頭痛と留まります☆
頭痛を抜けると、これがまた信じられないくらいクリアーな自分がいつもいます。



おなもみは 昨日 いとこの京介の面倒を一日みてかなり疲れたのか、夕方京介が帰るなり
コタツでぐーぐー寝てしまいました。
何度か声をかけたのですが、目はぼーっと開けるものの起きず、やっと10時頃になって目が覚
めて、それから晩御飯。そしてまた12時前、寝ました。

夜寝る前に よく髪をなでてやるのですが、昨日もおなもみの髪をなでて寝かせていました。
しばらくなでていると、おなもみがびっくりしたように ぱっ と目を開けました。
目と口をぱっくり開けて 一瞬固まっているおなもみ・・・

そのおなもみの顔に、私の方がまたびっくりして、「どうしたの?」 と声をかけると、
「今ね、見たことのない観音様が見えたの!」
「すごかったの!オーラのところがね、こうなっていてね」 
と、どんなオーラだったかをジェスチャーつきで教えてくれました。
「でもね、さっきあんなにはっきり見えたのに、今、お顔や体のこと、覚えてないの。オーラだけね
覚えているの」 と とても残念そうに言うおなもみ・・・

夢でよくありますよね。
目を開けたとたん、さっきまでの鮮明なビジョンが消えてしまう ってこと。
おなもみに、「目を開けちゃうとその瞬間に忘れてしまうから、そういう時、目を開けずによーくよく
隅々まで見て 覚えておくといいよ。」 と言ったら、
「もう一回、目を瞑ってみよう。思い出すかなあ・・・」 と言って目を瞑り、今度はそのまま寝てしま
いました。

いつもいつも、意識が仏さまの世界に繋がっているおなもみ・・・ うらやましいなあ・・・

数日前も、「おなもみ、これから考え事するから おかあさん、絶対に声をかけないでね」 と言っ
てこたつで仰向けに寝たまま、目を瞑りました。
(こう言うときは、必ず、意識を仏さまの世界へチャネリングしているおなもみです)
私、「うん、わかったよ」 と言いながら 私はパソコンをカタカタ。
しばらくすると、おなもみの寝息が・・・
なんだ、寝てるじゃん。 と、思いながらも、だからって 「起きて」 と起こすと、
「おなもみ、今仏さまとお話していたのに、声かけないでよ」 と、むっとした感じで怒られる?ので
ほうっておいて、そのままパソコン作業をしていました。

そうしていると、主人が帰ってきて、おなもみを見て、「すっごい幸せそうな顔して寝てるよー」 と、
くすくす笑いはじめました。
え?と、作業の手を止め、おなもみを見ると・・・まさに至福・・・ って感じの表情。
恍惚の表情って、こんなの・・・?
まさにイっちゃってる感じ。 (ちょっとヤバイ顔つきしてました・・・爆)

主人も帰ってきたことだし、おなもみを起こそう と、声をかけて、「すごく幸せそうな顔をして寝て
たよ 何か夢を見てたの?」 と言うと、
「おなもみね、今までね、観音様と一緒にいたの。あ~~~ 気持ちよかったあ~~~」 
と、まさに恍惚の表情で 声までふわふわで ぼっけーーー・・・・ という感じ。
まだ意識は観音様の世界。

最近、日中の至福とは反対に、なんか後味の悪い夢ばかり見ている私。
おなもみが うらやまし~~~~い☆

一体、おなもみはどーして なぜにそこまで仏さまの世界に惹かれるのだろう・・・
主人と夕べ、不思議な子供だね、でも、この子のおかげで私たち、幸せだね。 ってしみじみと
話をしていました。
主人は、先日の、おなもみと高野山へ行く まだ朝薄暗いバスの中、おなもみが
「あ、オーラが見える」 と外を見て言うので、不思議に思い自分も目をやると、何もない灰色の
空に光の玉が浮いていて、その玉の周りをいろんな色が取り巻いているのが見えたのだとか。

何の光か いまだにわからずとても不思議だったらしいのですが、「あれがオーラなの?」 と
聞くと、「そうだよ。人間のオーラもあんなんだよ」 と教えてくれたのですって。
自分にもオーラが見えたんだー って感動していました。

で・・・ スピリチュアルの ”スのケ” もない主人にオーラが見えただなんて、またまた 
うらやましい~~~~(>_<) な 私なのでした。

瞑想中は 結構いろんな次元に繋がる私ですが (天国から・・・地獄まで・・・爆) 顕在意識の
まま不思議体験をしてみたい と思うぴあのです。


いのちの島=屋久島、世界遺産次元?は >>こちらからです☆

春分の日♪
なんだかワクワクする今日この頃。
いのちがあちらこちらで芽吹いています。
私も芽吹いちゃって、恋する乙女の心は春爛漫♪♪ (〃▽〃)ぽっ♪ ヾ(--;)わかったから・・・
(すみません、やっぱり昨日から壊れています (~-~;)・・・)

今日はお仕事がお休み。ゆっくりできる夕方って とてもうれしい。
妹の子供、甥の京介を一日あずかっています。
四歳ですが、全く手のかからない素直ないい子で、おなもみと朝からご機嫌で一緒に遊んでい
ます。二人は大の仲良しです。
午前中、大人の生徒さんが一人、振り替えレッスンでいらっしゃいました。
私よりだいぶ年配の、もう上の娘さんはお仕事をされている年齢の方ですが、今日は私にも時間
にゆとりがあったので ついついいろいろと話に花が咲き、なかなかレッスンにかかれませんでし
た。(~_~)

その方、『オーラの泉』 を毎週楽しみに見ていらっしゃるのですって。
あの番組を見はじめてから、自分の生きている意味や、いろんなことが少しずつわかってきて
生きていくのがとても楽になったのだとか・・・

私は、実はオーラの泉、見たことがないのですが、一昔前なら、前世とか守護霊とか、そういうこと
を言うと きっぱり変人扱いされましたが、(経験ありです) だいぶ、時代も柔らかくなってきたの
ですね。
そして、実際 スピリチュアルのスの字にも普段接しない人(たち)が こうして、「生きるのが楽に
なった 明るくなった」 と、明るい表情で言っているのを聞くと、こちらまで本当にうれしくなります。

物質の中で、いかにスピリチュアルに生きるか・・・ いかに、両方のバランスをとるか。
それが今、”この時代” に生きているテーマだと思います。
自分が、なぜ、ここに生まれてきているのかを思い出すために生きてきている。
宇宙を愛を信頼すること、宇宙と愛と私とすべてはひとつであること。
物質世界だけに埋没して翻弄されていたのでは、永遠にそれは思い出せない。
喜怒哀楽の世界を 永遠に堂々めぐりするだけ。
(堂々めぐりするのが悪いと言っているのではありません)
(その人、その人の選択、そして、魂のプランがあります。それらはみな、すべて尊いです)
(ただ、気づきを得ていくと、自由に 軽く、さわやかに生きられるようになりますね)
(そちらの方がいいなあ・・・ と思うわけですが、これは単に私の価値観です)

時代は、すごくスピードアップしていっていますね。
もう、過去世とか、守護霊とか、原因、因縁の世界を言っている時代でもなく、もっとそういう次元
を超えた 『即、自由』 そして 『宇宙への信頼』 に気づく時であると思いますが、そこへのステッ
プの橋がけをしている江原さん(?ですよね) という方は、すごいなあ・・・ と、今日、
その生徒さんと話して思いました。
私のここのところの至福感も手伝ってか、未来に とても明るいエネルギーを感じました。
そのうちに、百匹目の猿現象が 一気にやってくるのでしょうね。
楽しみです♪

私が作成させていただいています 屋久島ナチュラルヒーリング の日替わりトップ写真が、ここ
一週間ほど、ジェットシリーズです。
昨日の写真が すばらしく美しい写真で、ここでお披露目したいと思います。
まさに、『光へ!』 という写真ですね。
光の世界へ、まっすぐに進んでいく自分、そして今の時代を感じられ、なんともいえない高揚感が
沸きあがってきます。
この写真を お友達のえっちゃんが、『光鉄道999』 と名づけました。
えっちゃんの感性はいつもすばらしい☆
『光鉄道999』 に乗って 愛と光の国へ みんなで行けたらいいですね☆

写真をクリックすると、画像が大きくなります。大画面にした時に画像の上下が切れてしまう方、
ぜひF11キーを押して 画面を広げてごらんになってみてください。
光の世界が広がります。(*^_^*)




ジェットー060321





いのちの島=屋久島へもよろしければ足をお運びください。>>こちら☆

昨日、ドラマ 『愛と死をみつめて』 を見ました。
と言っても、土曜から二夜連続で放送していたらしいのですが、私が見たのは 後半の 昨日の
それも最後一時間なのですが。
主人が、土曜からハマっちゃって、昨日も 「見るんだー」 って意気込んで?いたので、私も見て
みました。
四分の三を見ていないワケで、今日ネットでストーリーを読んで やっと話の全体がわかりました。
昔、とても流行ったドラマだったらしいですね。

実話 というところに驚きました。
てっきり、作られた話だと・・・
純愛も純愛ですねえ・・・すごいわ~
ヒロインのみち子がウエディングドレスを着るシーンでは 涙が止まりませんでした。
あ、見ていない人、何の話だかわかりませんね。すみません。

恋って、いろんな形がありますね。
オトナの恋もいいけれど、純愛ってピュアで やっぱりいいなあ・・・

恋に落ちるときって 一瞬ですね。(私の場合・・・ 遠い目・・・・:*:・(*´ー`*)ウットリ・:*:・)
皆様は どうですか?
一瞬で、もう さっきまでの自分ではなくなってしまう。
朝から晩まで、夢の中まで、自分の心が好きな人で占められてしまう。
あまくって・・・でもせつなくって・・・ やん♪(/.\*)(*/.ヽ)やん♪  ヾ(--;)ぉぃぉぃ
好きな人の一言で、天に舞ったり、枕をぬらしたり・・・ 忙しいこと。

う~ん、昨日からなんだか乙女チックムードに浸っている私です。(゚ー゚*)。oO○

今日はなんだかヘンな日記になってしまいました。
何が書きたかったのかもわからなくなっちゃって、支離滅裂・・・爆。


実は、愛する人からポラリスネックレスを贈られてみたいミーハーな私・・・
「すべての星が移動しても ポラリスは変わらない。僕が君のポラリスになるよ。だから、もう君は
道に迷わずにすむよ。」 (冬のソナタよりです) 
\(≧∇≦)/キャー♪ こんなこと言われてみたあ~~~いっ!☆♪
(すみません、ぴあの、壊れています)
いのちの島=屋久島 ただいまポラリステンプレート。きれいです・・・>>こちら

今日サファイア日記がカウント33333を記録しました☆
33333を踏んでくださったのは 陽風さん でしたああ~~PAN!(o^-^)∠※.。・:*:・゚`☆、。・:*:・゚`★

陽風さん、いつも訪問、ありがとうございます~~o(≧∇≦)o
30000の時も 縁ある方に踏んでいただいたし、今回は陽風さんだし、なんかうれしーーー♪


昨日、おなもみは急に 「三十三間堂に行きたい!!」 と言い出しまして・・・
当然、「じゃあ、行きましょう」 とは行けないワケで・・・
「おなもみはね、二十三間堂を作るの」 と、三十三間堂ならぬ、『二十三間堂』 とやらを作り始
めました。

ここで・・・
たしか三十三 というのは、柱の数 だと思うのですが、おなもみのは 観音様が二十三。
これでは二十三間堂 じゃなく、二十三仏堂ですね。
ま、おなもみの中では それはどうでもいいことのようです。
突っ込み入れるのはやめておきました。
途中、紙粘土が足りなくなり、夜9時もすぎてお店に買い足しに行きました。
どうしても仕上げてしまわないと寝られない! と言うもので・・・(~_~)

見てやっていただけますか? 二十三の観音様と、大きな千手観音。
三十三間堂の 十一面千手観音坐像と その観音様を囲む千体の観音立像を真似て作ってい
ます。二十三の観音像は、一体 一体、顔が違います。
いろーんな顔があって、楽しいのですよ。
「おかあさんは この観音さまが似てる。おとうさんはこれかな?おなもみはどれだと思う?」 と、
楽しそうに聞いてきて、「う~ん、おなもみは・・・ これかな?」 なんて、楽しいひと時を過ごして
いました。




観音ー060318





私も、昨日はおなもみが観音様を作っている横で、写真ブログ、『いのちの島=屋久島』 用の、
写真をクリックしたときに大画面になる、大画面ページを作っていました。
時間があるときに、写真ブログ用に、大画面ページをたくさん作ってストックしておきます。
昨日は苔の写真をかなり作りました。
おなもみが、「今 観音様、15、作れたよ☆」 と、一体作るたびにうれしそうに報告する横で、
「おかあさんも今○○ページ目作れたよ」 と、お互い励ましあいながら?作業していました。(^^)

苔の写真、本当に美しいのです。宇宙の響きを垣間見るような・・・
よろしければ いのちの島=屋久島の、今日付けの ”苔の雫” もご覧ください。>>こちら


苔のスライドショーは こちらで見られます。
これが・・・ 言葉にならないくらい美しい幻想の世界です・・・ >>こちら

昨日、おなもみの学校では卒業式。
おなもみは学校、お休みでした。
まだ、来週少し授業が残っているけれど、おなもみの気分はもうすっかり春休み・・・
紙粘土やダンボールを使い、いろいろ工作をしていました。
昨日はお雛様をダンボールで作り、ひし餅を紙粘土で作っていました。

おなもみは、まだまだ右脳優先。
赤ちゃん時代は右脳100パーセント、だんだん右脳と左脳のバランスがとられていき、3歳でだ
いたい、ハーフハーフ、6歳では右脳は使えなくなり、左脳優先になる と言われています。

でも、おなもみを見ていると、まだまだ右脳が優先されていて、思考力が乏しいのですね。
絶対音感があったり、普通 人が見えないものを見たり、これはあまりやらせませんが、透視をす
る時もあります。透視でなくし物を何度か見つけました。
おなもみは、赤ちゃんの頃から七田チャイルドアカデミーに通っていました。
ここの子たちは、透視をしたり、未来を予言したり、天才的な能力を発揮したり、そういう子がたく
さんいます。

でも、私は一見眉唾ものと思われそうな、そんな能力に惹かれておなもみをアカデミーに入れたの
ではありません。七田での、子育ての理論にとても惹かれたから。

七田を知らなければ、私の子育ては きっと親のエゴまるだしの ひどい子育てになっていたと思
います。
子供をそのまままるごと受け入れる、認めて、褒めて、愛して育てるということを どこか絵空事の
ように思い、そんなこと理想論よ と言って 叱って こちらの概念を押し付け育てていたように思
います。
じっさい、アカデミーに通って、そして、七田先生の講演会に足を運んで、はっ とさせられること
が たくさん、たくさん ありました。

不思議な と思われる能力がついてくるのは、親子にゆるぎない一体感が備わり、子供に 優し
い人間本来の、エゴのない純粋な意識が備わるから 右脳が閉じることなく、(もちろん、アカデミ
ーでは右脳を閉じない訓練のカリキュラムがたくさんありますが) その結果である ということも
わかりました。でも、不思議な能力 そのこと自体は、私には別にどうでもいいことなのです。

今朝、おなもみが、ビデオに録っている アジア仏の美100選 を見ていて、自分の前には分厚
い仏像事典が二冊、おかれていました。
次々と画面に映し出される仏像を その二冊の本を探すでもなく さっと開いて、同じ仏像が載っ
ているページを 苦もなく探し当てていき、「ほら、ここにあった。あ、これはここのページ、」 と言
いながら、遊んでいます。その速さと正確さには すごいものがあります。

これも右脳のなせる業 (瞬間記憶) でしょうねえ・・・ すごいなあ って横でちょっとびっくりして
見ていました。

実は、昨日、おなもみに塾のプリントをさせていて、何度説明してもできない算数の問題を前に、
私はキレてしまい、おなもみは泣き出してしまいました。
さじを投げた私の後に、主人が、やさしくやさしく おなもみにもう一度始めから教えていました。
その間、私はお風呂に入って 心を静めて・・・ お風呂から出てきたら、できたプリントが炬燵の
上に置かれてあり、おなもみは もう寝てしまっていました。

かわいそうなことをしてしまった・・・反省・・・ 
もう少し、大きな目で見てやれないものか・・・ って 自分の精神的未熟さにため息でした。
今朝のおなもみを見ていて、
いいじゃないのね。この子にはこういう素晴らしい能力もあるのだから・・・ 私の粗い波動で 
こういう芽まで摘んでしまうかもしれない・・・ 
と、しんみり・・・思いました。

今日からもう一度、自分を新しくしておなもみに接しよう と思ったのでした。(。・・。)(。. .。)ウン


いのちの島=屋久島も よろしければご覧ください。 >>こちら




千手観音



か、階段から・・・落ちちゃって・・・ で、それが・・・全然、全く、無傷で・・・ (; ̄ー ̄A 

あーーー びっくりした!落ちたところにピュンピュンがいて、その時のピュンピュンのびっくりした
顔ったら。もう最高でした! _(__)ノ彡☆

でも、昨日 『岸に上がる』 なんて日記を書いたのに、上がるどころか落ちちゃうなんて・・・

それより何より階段から落ちた ってのがすっごくおかしくて大笑いしていたら おなもみが
「おかあさん、どうしたの!?」
事の次第を聞いて一緒に大笑いしていた と思ったら、急に涙目になって私にしがみついてきま
した。よしよし。なでなで ぎゅっ☆

ちょっと一瞬、空を飛んだ気分でしたよ~~~。
なぜ無傷だったかと言いますと、おなもみが夜、私のそばでいたくてですね、いつも二階の寝室か
らお布団を運んできて、リビングで私がパソコンしている横で寝ているのです。
で、マットレスを運んでいて、階段でそのマットレスごと落ちちゃって・・・ (10段目くらいから落ち
たのですけどね) きれ~にマットレスがクッションしてくれて・・・
なんか、すごーく楽しかった☆o(≧∇≦)o
でも、今ちょっと両腕が痛い・・・あ、なんか足も痛い・・・
交通事故した後、そのときはなんともないけど、後で痛みが出てくる、あれに似てる~ (経験者)
今からなんか出てくるのかな・・・ ( ̄_ ̄ i)汗たら~

今日は日記をお休みするつもりだったのですよ。
でも、こ~れは特筆しとかなきゃー と思って・・・ ヾ(--;)ぉぃぉぃ 



書くつもりなかったついでに、せっかくだから 昨日の夜、水晶ちゃんでイリュージョンごっこしてい
たの、アップするので見てください☆
夜 電気を消してね、水晶ちゃんに光を当てて 「きっれええ~~♪」 って かなりアブナイ私を
時々やっているのですが・・・

ほんっとにきれいなのですよ。
水晶ちゃんをとっかえひっかえライトの上に乗せて、あっち向け、こっち向けしてカメラマンぴあの
になるのです。(ケータイですけど・・・爆)



左、十字が出ていますね☆




水晶5-060317 水晶8-060317   




虹も・・・




水晶10-060317 水晶12-060317




この子は小さいながらもいつもすごーく輝いている子です




水晶15-060317 水晶16-060317





ね?きれいでしょ~~~? 
暗い部屋で光り輝く水晶・・・ もううっとりですよ。・:*:・(*´ー`*)ウットリ・:*:・


いのちの島=屋久島もよろしければ見て行ってください。最近、ポイント落ちちゃってちょっとグレ
てるぴあのです。もしお時間に余裕があり、訪問してくだされるのでしたら、ブログランキング、
ポチっとクリック応援、お願いいたします。m(_ _;)m ぺこん  >>こちらで~す☆

今日は、朝はまずまずのお天気でしたが、午後からは春の嵐。
だいぶましになりましたが、今も風が結構吹いています。

先日、K-Communication を読んでいて、はっ とさせられる言葉に出会いました。

K-Communication とは、光のkimiさん さんが、今から17年前から6年間にわたって発行され
ていた クリシュナムルティ(Krishnamurti、1895-1986) の著作をベースにしたコミュニケーション
の場でした。
48冊あります。(K-Communication とは Krishnamurti-Communication のことです)

かなり内容の濃いものなので、なかなかすべてを読破するのは難しい・・・ 
(理解度が足りない というのも大きくあるのですが・・・滅。)



K-Communicationー060316




時間があるときに、フィーリングで一冊を選び、開いて、そのときのエネルギーに沿うものを読ん
でいます。

はっ とさせられた文章は、ミーティングの内容をテープ起こしをしてアップしてあるもの。

その中から・・・
(以下、Aさんを A 光のkimiさんを K とします。1993.10.15発行の ナンバー41より)

A  流されないというのは、かえって辛いんですよ。
   本当はその方がいいんでしょうけど、流されるままに流されてる方が楽は楽じゃないですか。
   そこで立ち止まったり、逆らったりする方がやっぱり大変なわけですよ。

K  流れがあってね、その流れから抜けて岸に上がるというのは大変なことなんだよ、抵抗が
   あって。

A  岸に上がるんですか。流れを遡って行くわけじゃないんですか。

K  違う。岸に上がるの。

A  はあ・・・

K  彼岸に到達する。全く別の次元へ行く。
   賛成、反対というのは同じ次元なんだよ。この世、物質次元のね。

A  賛成というのは流されてて、反対というのは遡るわけですよ。
   でも、岸へ行く・・・

K  横に横切る。

A  はあ・・・

K  流れを抜けない限り、同じ川の流れの中で、流されたり抵抗したりしているだけだよ。


この会話、まだまだ、まだまだ、続くのですが・・・
ここの部分が特に心に響いて・・・

   岸に上がる。
   横切る。

同じものの裏と表の中でいる限りは、常に相対の世界。
プラスを見ても、常にマイナスが同時に存在している。
ポジティブにいても、常にネガティブが意識の一方にあり、何かのきっかけで またネガティブに
引き戻されてしまう。 苦しいポジティブ?

K  岸に上がるというのは、あなたがこれまで生きてきた条件づけというか、機械的な反応から
   自由になるということだよ。

このミーティングの最後の言葉が

  みんな岸に上げてあげればいいんだよ。 
  みんなが川から上がれば、問題そのものがなくなるんだよ。


私も、岸から上がろう・・・ (゜-゜*)(。。*)うん と、思ったのでした。



今日のいのちの島=屋久島、木が愛し合っています。
この写真、大好きです。 とても安らぎます。 よろしかったら >>こちらから

昨日、朝起きたら一面の銀世界でした。
真っ白・・・
その上、まだまだ降りしきる雪。
今は何月?
意識が急に冬に引き戻され、時をかける少女のようになってしまいました。

ちょっと私事で、意地をはっている自分がいます。
でも、この意地を通すと、あとで自分が苦しくなるだけだって わかっているのです。
でも、意地をはりたい・・・この矛盾。

あることに、すごーく囚われている自分がいます。
その囚われをしっかり掴んでいるために、とても窮屈な自分がいます。
その窮屈な自分が 自分を苦しめて意地を張らせるのに・・・
手放せばきっと大空へ飛び立って 意識が自由になるのかもしれませんが、自由にならなくて
もいいから、掴んでおきたい自分がいます。
手放さなければ 手に入らない・・・ なんて、私にはとてもできそうにない。

大切に大切にしまっておきたいこの気持ちは、私を大切に大切にきれいな箱の中にしまいこん
で、そして私は箱の中でまどろんで気持ちいいけれど、私の世界は箱の中。

今日は朝から研修、帰ったらすぐ仕事にかからなければ・・・
きっと夜はぐったりになるのは目に見えている・・・ 水曜はいつもそうだから。
早く寝ないと・・・それはわかっているのに・・・

意地が苦しくって、深夜につぶやいてみました・・・私らしくないなあ。

今日は、ずっと顕在意識と平行して、もうひとつの意識があって、神父様に懺悔をしているシス
ターの姿が見えます。
それから、僧院の庭をゆったりと神父様と散策をしているビジョン、時々、折に触れてこのビジョンを
見ます。
シスターは、神父様に恋をしているのです。
でも、あってはいけないことですね。道ならぬ恋??

昨日は近所のお寺で 年に一度の盛大な催しが・・・
お昼前に おなもみと、主人と 三人でお参りに行きました。
境内の八十八の観音様にお参りすると、四国八十八箇所を廻った功徳が得られる というもの。
ひとつひとつの観音様に、お札とお賽銭をおさめていきます。

おなもみは、気に入った観音様を見つけては ケータイで激写激写☆ そのあと、おなもみのおばあ
ちゃんと一緒に、お賽銭を納めながらお参りしていました。




徳蔵寺ー3-060312





お百度石があり、「おかあさん、これって何?」 と聞かれたので 「ここを百回回ってね、お願い
ごとをすると そのお願いごとがかなうのよ」 と説明。
しかーし、『本堂との間を往復して』 という部分を説明から省略していたため・・・・・・

「あれ?おなもみはどこへいったのだろう」 と、姿の見えないおなもみを探すと、その石の上に
手を置き、ぐるぐるぐるぐる回っているおなもみを発見。 ( ̄∇ ̄;)
顔は真剣で、どうやら百数えながら回っている様子なので 声をかけずにほうっておきました。
本人、いたって真面目なのに、声をかけて数がわからなくなってもかわいそうだし・・・
何を願いごとしたのかしら・・・




徳蔵寺ー4-060312


徳蔵寺ー5-060312





このお寺より南は、一面畑 という光景になります。
広々した景色が気持ちよくって ぱしゃっ と撮ったのですが、帰って見てみると、むむ?
鉄塔と鉄塔の間、ゴミ? 画面の汚れ?? 何???




徳蔵寺ー1-060312



↓ 拡大


              
徳蔵寺ー2-060312




未確認飛行物体か!と思ったのですが、これは・・・ ヘリコプター? んなわけないわね。そんな
音もしてなかったし。トンボ??・・・ まさかね。(ーー;) 鳥??? としたらかなり大きい鳥?それ
に前後がえらく長く見えるんだけど。 どっちを向いて飛んでいるのだろう?? 


おなもみ、帰ってきてから、露店の ”くじ引き” をするため またお寺まで出て行きました。
途中、おなもみのおばあちゃんと、おばあちゃんのお友達が一緒に歩いているのに出会って 
千円ずついただき、計二千円のお小遣いをゲットして息をきらせて帰ってきました。

お: 「おばあちゃんとね、おばあちゃんのお友達がくれたの」 
ぴ: 「そ~う、良かったわねえ~」 
お: 「おかあさん、千円あげる。いつもおなもみにくれるから」
ぴ: 「え?おかあさんに千円くれるの?いいよ、おなもみがもらったんだから・・・」
お: 「ううん、いいの。あげる」
ぴ: 「・・・ありがとう、じゃ、大切に使うね」
お: 「うん☆」

おなもみい~~ ジーン・・・ おなもみにお小遣いもらっちゃった♪ なんか、感動・・・☆



いのちの島=屋久島も よろしければどうぞ。
12日日付の写真、すごーーーーく大きな虹がきれいです☆ >>こちら

もう、すっかり春になりました。
今日はとても暖か。
用事で出かけていて先ほど帰ってきましたが、車の窓を少しすかして走っていました。

・・・と、ここまで書いたらパソコンがフリーズしちゃいました・・・(T_T)

ピュンピュンの写真をアップしようと思ってマイドキュメントを開いて、開くファイルを間違えて閉じ
たら そのまま動かなくなっちゃいました。
これ、よくあるのです。<マイパソ
あとはパソちゃんが自分で復活してくれるのをそのまま気長に待ちます。
フリーズした と言っても、まだまだ自力で復活してくれるので助かります。
でも、忙しい時にはとっても困るのですが・・・
タスクマネージャーを呼び出しても結構時間かかるし、強制終了だけは避けたいし・・・
今日は5分、待ちました。まだ短い方だったような・・・(~_~;)
画像アップは今日は止めにします。
・・・とすると・・・わ~お、書くことがない・・・
気持ちはすっかりピュンピュンネタだったから・・・(; ̄ー ̄A アセアセ

何書こう・・・( ̄~ ̄;) う~ん (おなもみが横から「書くことがないんだったらやめれば」 だって)

今日、おなもみと買い物に出かけていて、お昼ごはんも外食で、土曜で たくさんの人がいて、
お店も人がいっぱいで・・・
人のエネルギーにかなり作用される私なので 帰ってきてから軽い頭痛がはじまったのですが、
車で走っていても、お昼ごはん 食べていても、レジが込んでいても、なんだか幸せで幸せで
微笑みがとまらなくて・・・ 

ありがとうございます って、誰に言うともなく (神様でもなく) その気持ちが心いっぱいに満ち
て潤って、とっても素敵なお出かけでした。
頭痛、君にも ありがとう って言おう。(う・・・言えるかな、うーん、言うぞ!)
今から仕事。
子供たちにも たくさんのありがとうを伝えてこよう。(゚-゚*)(。。*)うん

一昨日の・:*:・(*´ー`*)ウットリ・:*:・な夢以来、やっと自分の中心が戻ってきた感じです。
素敵な夢に、「ありがとうございます。」

では、仕事してきま~~す♪ o(≧∇≦)o


いのちの島=屋久島、春爛漫のテンプレートに変えてみました。
よろしければ >>こちらで春~☆

今日は、お友達とモーニングに行く予定だったのですが お流れになってしまい、家でおいし~い
コーヒーを入れてパソコンを見ながらゆっくり朝食。(でも モーニング、行きたかったな)

片付けをして、「ああ、久しぶりにこんなゆったりした時間がとれるなんて、幸せ~~♪ そうだ!
しばらく瞑想もしていなかったわ。こんなときにこそ瞑想しよう。」

・・・と、はじめた瞑想・・・ いつの間にかおねんねタイムへと移行・・・爆爆。

といっても、35分ほどある瞑想CDをかけていたのですが、7曲ほど入っているそのCDの5曲目
くらいまでは記憶にあるので 25分ほどは瞑想らしき瞑想をしていた? と言えば言えるかな・・・
でも あまり深い瞑想はできず、瞑想ごっこ で終わっちゃいました。
音楽の助けを借りて 音楽の波動に身をまかせていただけで、次々とビジョンや光は見えてくる
けれど、とても断片的で繋がらない。

で、ソファの上で瞑想していたのですが、気がつくとソファにもたれかかりぐーぐー・・・ o(-_-;*)
毎晩、寝るのが2時、3時、起きるのが6時半。
ずっとこういう生活になってしまっています。いけないなあ・・・やっぱり夜は寝なければね・・・

瞑想の途中、ものすごい巨大な灯籠の周りを エネルギーが 新体操のリボンがくるくる回るよう
なまさにそのような感じで 地上から天上へと竜巻のように渦巻き、昇っていくのが見え、しばらく 
「うわああ~~ すごい!!」 と眺めていました。
あれは 何だったのだろう・・・
その巨大な灯籠の周りを取り巻くように エネルギーが高速で回転して上がっていくのです。
すごい光景でした。

いつもは、サヌカイトのCDで瞑想することが多いのですが、今日は 『お経瞑想音楽』 を使いま
した。
心地よいヒーリングミュージックに お経がミキシングされているもので、いろんなお経のCDがあ
りますが、私は このシリーズ数枚持っている中の 『阿弥陀経』 が大好き。

おなもみを妊娠中、毎日瞑想をしていましたが、その妊娠中の瞑想、不思議と この、
『阿弥陀経』 のCD以外を選んだことは、一度もありませんでした。
他にもお気に入りの瞑想CDはたくさんあったのに・・・

今、これだけ仏様の世界が好きなおなもみを見ていると、このことも 単なるそのころの好みとい
うのでもなかったのかもしれません。
不思議です。

瞑想中、お腹のおなもみとの一体感は、それはもう、至福の極みでした。
今日、瞑想しながら、その感覚をリアルに思い出していました。


おなもみは、家のあちこち、出窓やリビングボードの上や、いろんなところに その時その時
の感性で仏さまをあれこれ配置して遊ぶ ”仏さまごっこ” をよくやっています。
先日の夜は、おなもみのおもちゃ置きになっていたところを突然改装しはじめ 二階の出窓
からリビングへ、仏様が数体お引越しになられました・・・(~_~)
パソコンしていると、仏さまが一斉にこちらをじーー。 身が・・・ひきしまります・・・(; ̄ー ̄A 


 

ほとけさまごっこー060209





いのちの島=屋久島も、よろしければどうぞ。 >>こちらです。(^^)

昨夜、それはそれは幸せな夢を見ました・・・ :*:・(*´ー`*)ウットリ・:*:・
あの至福感と言ったら・・・ とても言葉では表せません。

日常生活でも至福に浸って気がつけばニヤニヤ笑っている という、ハタから見ると きっととっても
アブナそうなオーラを発していることのよくある私ですが、(その代わり、落ち込み始めると また
これがアブナいくらい滅に入る私で・・・ ( ̄□ ̄;)うっ!もしかして躁鬱病なのか・・・?)

昨夜の夢は、そんな三次元の至福感なんて 
『ほほほ、まだまだひよっこね 五次元のエクスタシーはね、そんなものではなくってよ』 
と十分に思い知らせてくれるほどの それはそれはそれは・・・・・・もう・・・・もう・・・


    :*:・(*´ー`*)ウットリ・:*:・  ヾ(--;)をいをい、わかったから・・・



ああ~~ 私、幸せ~~~~~
思い出しただけでも・・・ 幸せ~~~~~ 
思い出すだけで 目はうつろ~~~ 空を彷徨ってしまう・・・ (大丈夫か、ぴあの!)
ああ~~ん、やっぱり 幸せ~~~~~
ここ最近のイライラなんて どこかへ吹っ飛んでいってしまいましたわ。

エネルギーで満たされる ってどういうことなのか、昨夜の夢が教えてくれました。
夢の内容も、とてもエネルギー的なもの。
三次元感覚でしばらく映像を見ていたのですが、その後は私が溶けてエネルギーの世界へ
入っていきました。
アセンションすると、ああいう感覚なのかな?

今の私、何でも抱(いだ)き参らせちゃいます。
みなさま、ぴあのに頼みごとするなら 今のうちよ。(^^)v
そのうちまた元にもどっちゃうカモだから・・・(笑)


いのちの島=屋久島 よろしければ見ていってください。 >>こちら♪

よだれ倶楽部Tomochanの、よだれブログよりの連絡事項です。
たくさんのわんちゃんが大変だそうです。どなたか里親になっていただける方、いらっしゃいませんか?

以下、伝達をそのままアップします。


~ブログ仲間より伝達です~


茨城県でブリーダーが倒産し 

350匹の大量放棄があり、3月末までに引き取り手のないワンちゃんたちは、このままでは保険所に連れて行かれてそのまま窒息死させられるそうです。


ワンちゃんは生き物です!
道具でも何でもありません!

勝手に人間の都合だけで殺されていくなんて、絶対にあってはならないことです!

どうか、お願いします。
犬を飼ってみようと思う方、里親になってあげてください。

そして、メルマガ、ミクシィ、ブログで呼びかけてあげてください!


どうぞ、協力お願いします!!

http://ranmaru.mamanomise.net/animaru.resukyu/resukyu101.html

犬好きの方々どうかお願いします。



・・・ということです。
これを読まれて、ご自分のブログでもこの記事をアップしたい 一匹でも多くのわんちゃんを助けたい
と思われる方、どうかみなさまのブログでもご協力よろしくお願いいたします。

今日は、三匹のわんちゃんの写真をお届けします。

おなもみが高野山で写してきた写真に、ゴンちゃんの碑の写真もありました。
弘法大師の横でゴンちゃん、幸せそうですね。
(高野山の案内犬ゴンちゃんの日記は >>こちら 感動です)
 
 


ゴンちゃんの碑






ゴンちゃんのあと、慈尊院で大切に飼われているカイちゃん。(カイちゃんのカイは空海の海)
カイちゃんの小屋の横、大きな、これは灯籠?ですよね?向こうにも灯籠が見える??
灯籠フェチ?のおなもみ、カイちゃんのこと、うらやましかっただろうな・・・





カイちゃんと灯籠









そして・・・ 


高野山の写真ではありませんが、こんな写真もありました・・・(~_~;) スクロールスクロール・・・・・・












































ピュンカッパー060114.jpg


やっぱりおなもみに遊ばれているピュンピュンでした・・・o(-_-;*)
ピュンピュン、幸せだよね?ね? 





よろしかったら いのちの島=屋久島も見ていってください。>>こちらです(^^)v

今頃気づいたのですが!
高野山の写真に なんと木霊ちゃんが写っていましたああああ~~~~\(≧∇≦)/キャー♪
ちゃんと目もついています☆
目がついている木霊ちゃんに会えるのは 屋久島の木霊の森の木霊ちゃんだけだと思っていま
したが、ここの木霊ちゃんもちゃ~~んと目がついていますう~~~~o(≧∇≦)o

これは使い捨てカメラで撮ったもの。
今日、CDに焼いたものを どれどれ と見ていたのです。
そうしたら!! も~~~う感激☆☆☆

ここは金剛峰寺の根本大塔。
以下はWikipediaより。


根本大塔-金堂の右後方にある多宝塔(1階平面が方形、2階平面が円形の二重塔)。1937年(昭和12年)、空海入定1,100年を記念して建てられたもので、鉄筋コンクリート造である。内部には中央に胎蔵界大日如来像、その四方に金剛界四仏を安置する。塔内の柱などに描かれた仏画は堂本印象の筆である。本来別々の密教経典に説かれている「胎蔵界」の仏像と「金剛界」の仏像を一緒に安置するのは異例であるが、これは、両者は根本的には1つだという、空海の思想を表わしたものといい、「根本大塔」という建物名もこれに由来するという。





そして、これが根本大塔の木霊ちゃんの写真で~~~~~すっ♪♪♪





根本大塔木霊-060226





なんかめっちゃくちゃうれしい~~~~ 
木霊ちゃん、かわいいい~~~ キャーq(≧∇≦*)(*≧∇≦)pキャー  ←壊れていますう~~~

屋久島ナチュラルヒーリングの木霊の森写真館は >>こちら☆
合わせてごらんになってください!ここの木霊ちゃんはすごいですよ☆☆☆

いのちの島=屋久島にも 『木霊の集会』 という苔の写真をアップしたことがあります。
この木霊ちゃんがまた圧巻です!! >>木霊の集会


いのちの島=屋久島もよろしければ~~(( о(≧▽≦)о )) >>こちらです☆

今日は一日お出かけしました。
煮詰まりなので 気分転換に私の妹とおなもみがお出かけする というのについて行こうとしたら
おなもみと妹のお出かけに私は想定外だったらしく、おなもみに渋られてしまい、すっかりグレてし
まった私は、駄々っ子になってしまいました。
しまった! と思ったおなもみは 私に謝り続け、駄々っ子の私は 「お母さんとは行きたくないの
でしょ」 なんて冷たい言葉を投げかけ、おなもみは涙涙・・・
「おかあさん、ごめんなさい」 とつらそうに謝るおなもみでした。

わかってる、おなもみが悪いんじゃないのに、でも自分が抑えられない。私ってどうかしてる・・・
私はいつもおなもみにあまえています。
おなもみの方がよっぽど大人。
どっちが親だか・・・
今生では、過去世で子供が師匠だった というパターンも多いと聞きます。
今を生きていたら 過去世は関係ないけれど、少なくともおなもみの方が私よりよっぽどステージ
が高そう。立つ瀬なし。こんな親でごめんなさい、おなもみ。

昨日から愚痴ってばかりですみません。o( _ _ )oショボーン  

ごねながらお出かけに加えてもらった私、すばらしい青空の下、新鮮な空気をたくさん吸って帰っ
てきました。

写真は、今日行ったところです。途中、偶然通りかかりのお寺で壮大な儀式?が行われているの
に遭遇しました。
ほら貝の音を 初めてナマで聴きました。
すごく体に響き、振動します。深く、何かを呼び覚ますような音。
今でも耳にしっかり残っています。





地蔵寺ー1-060305





地蔵寺ー2-060305





あすたむらんどー1-060305





あすたむらんどー2-060305






いのちの島=屋久島の月食テンプレート、月食は毎時1分から19分までの間で見られます。
どうやらUFOと流星群は 45分あたりから見られる確立が高そうです。 >>こちら

昨日 おなもみは学校から帰ってきて爆睡してしまい、起きたのが夜10時。それから晩御飯。
その後は当然、なかなか寝られず、夜二時半まで起きていました。

十一面観音の横や後ろについているたくさんの顔のこと、何て言うかご存知ですか?
おなもみが 何を思ったかきゅうに私にその顔のことを説明してくれようとして、
「おかあさん、この顔のことね、えっと、けむし・・・けむし・・・あれ?なんだっけ?けむし・・・・」

どうやら けむし に似た名前らしく、おなもみもド忘れした様子。
「なんだったっけーー あ~~気になる!」 と、「あのビデオで説明してくれてるの!」 と言って
お正月に録画した アジア仏の美100選 というビデオを取り出し 私も一緒に見始めたら
夜中の2時半になってしまったのです。

『けむし』 は、『けぶつ=化仏』 でした。(爆)
前後左右に配された化仏の力であらゆる人を救う のだそうです。
化仏は いろんな顔をしています。
哀しそうな顔をしていたり、怒った顔をしていたり、さまざまな顔。
あらゆる人々の悲しみ、苦しみ、驕り、を慈悲のあるまなざしで見つめ、すべての衆生を救い
とろうとするように・・・ 大いなる愛ですね。

「おなもみね、明日は紙粘土買ってきて十一面観音作るね」 と言って寝ました。
朝、10時、お店が開くのを待って 紙粘土を買いに出かけ、今回は千手観音を作りました。
化仏にはひとつひとつ、さまざまな顔が描かれています。
「おかあさん、見て~~ けむし・・・あれ?け・・・ なんだったっけ?けむしじゃなくて~・・・」
また ”化仏” という言葉をド忘れしたおなもみでした。

おなもみはいいなあ。
仏画を描いたり仏像を作っているときは、必然的に心は仏の世界に浸りきっている という
ことですよね。

私は最近、少しイライラしています。
ちょっと愚痴らせてください。

ウソをつく人。
なぜウソをつくのですか?
お願いだからウソはやめてください。
どう返答していいのか わかりません。
ウソでしょう? なんて 言いたくありませんし・・・ね・・・

ストーカーのように付きまとう人。
いったい私の何が知りたいのですかーー。
(もし、好意でしたらすみません)

自分に沿わない人のことを悪く言う人。
私はそういう会話はしたくないのですうう~~~。
その人はその人。
その人の自由を認めてあげてほしいと思います。
自分が否定的なエネルギーを発しているから
否定的なエネルギーが招き寄せられることを知ってください。

『自分がクリアであれば、何も問題はないのです』
(と、以前、光のkimiさん にアドバイスいただきました これ、肝にめいじています)

問題は すべて自分の心の中で作り出しているだけなのです。
そこをわかってください。
もう少し愛を感受するお話をしませんか?ね。
(でも、・・・ってことは そういう私も否定的なエネルギーを発している ということか・・・滅)

以上です。
読んでくださった方、すみません。
いやな気持ちになられたかも ですね。ごめんなさい。<(*_ _*)>
流せるときと、煮詰まるときとあり、この煮詰まりは時々私を閉塞状態にしてしまいます~~ 涙。
ここで少し発散させていただきました。(~_~)

私も、常に仏の世界に住みたい と心から思います。
でも、シャバ?は 私をそうはさせてくれないようですうううう~~~ 大涙・・・
化仏は こんな私もちゃんと見てくれて、そして抱きとめてくださるのでしょうね。
ありがとうございます。伏。

私の横で 楽しそうに仏像を作っているおなもみを見ると 心が安らぎます。

写真は、今日作った十一面千手観音坐像です。
(まだオーラが作れていなくて未完成らしいですが・・・)


        千手観音坐像ー060304




時間に余裕がある方、いのちの島=屋久島 を見ていかれませんか?
よくテンプレートをあれこれ変えてカスタマイズして遊んで?いる私ですが、今日のはすごいです。
今回のは月食が見られるのですよーー!!
テンプレートの右上に満月があるのですが、これが欠けていくのです。
(ちなみに月が欠けるのは、毎時1分~19分の間で、20分~は見ることができません)
(あ、そうそう!マウスポインタからお星様が流れます)
(あと、運がよければ流れ星が見られます。時々流星群になります!すごいの☆)
さっき気づいたのですが、そのテンプレートにUFOが飛んでいってびっくりしました!
おなもみと、「わ!UFOだ!!」 なんて叫んでいました。
F☆2のテンプレートはすごすぎますっ☆ がんばれ、楽天!!! >>こちらです☆

高野山の案内犬、ゴンちゃん、この犬は、もとは野良犬でした。
ある日、高野山がある 九度山 というところにふらっとやってきて、橋のたもとをねぐらにしてい
ました。
ゴンちゃんはいつも、慈尊院のお寺の鐘が ゴーン と鳴ると、耳を立てて、目を細めて その鐘
の音を聞いているのだそうです。
それで、ゴン という名前がついたそうです。

九度山 という地名の由来は、空海が、高野山の麓の慈尊院に住むお母様に会うため 20キロ
におよぶ山道を歩いて通った回数が、月に九度であったため ということです。
当時、高野山は女人禁制。女の人が入ることはできなかったのです。

そのうち、ゴンちゃんは、お遍路さんを慈尊院まで案内するようになりました。
白い服を着たお遍路さんを見つけると しっぽを振って近づいていき、こっちだよ というふうに
先頭に立って歩くのですって。

ところが、このゴンちゃん、お遍路さんを慈尊院まで案内しているだけではなく、その慈尊院から
まだ20キロ山の上の高野山まで お参りする人を案内していることがわかったのです。

ゴンちゃんは、険しい山道を 絶えず前を先導するように歩いて、分かれ道では こちらだよ と
教えてくれ、崖があるところでは ワンワンと吠えて知らせてくれ、マムシがいたら追い払い、うっ
そうとした木々が生えているところでは、ウーッ と唸りながら 邪気を振り払っているのか、すご
い形相になり 高野山に登る人を、安全に道案内したのだそうです。

本にも、ゴンちゃんが、どのように人々を案内したのかが詳しく書かれています。
途中、金剛峰寺でお参りしている間は お参りが済むまで座って待っていて、お参りが済んだら
また、道案内をし、奥の院まで来ると くるり と体を反転させ、帰っていくのだそうです。
その道のりの間、ゴンちゃんに食べ物を与えても、ゴンちゃんは 全く食べないのだそうです。

野良犬だったゴンちゃんも、慈尊院で飼われることになりました。
そうすると、それまでご住職がごはんをあげても 絶対ご住職の前ではもらったものを食べなかっ
たゴンちゃんが、ご住職の前でもごはんを食べるようになったそうです。

本には、ゴンちゃんが案内犬を引退して 息を引き取るまでが書かれてあります。
ゴンちゃんが死んでしまった事を知った人たちからは、「ゴンちゃんには親切に案内してもらった」
「ぜひ供養に行きたい」 などの電話が お寺に殺到したそうです。

ゴンちゃんは 弘法大師を高野山まで案内した という、伝説の二匹の犬、四郎と九朗の再来だっ
たのでしょうか。
それとも、慈尊院で暮らした 空海のお母さんの生まれ変わりでしょうか。

以下は、本を書かれた 関 朝之さんのあとがきからです。

 いくらえらい僧侶といえども、おなかを痛めた自分の子どもです。あの道を歩けたなら・・・。 
 けれども 「会いたい」 という気持ちを抱いたまま、弘法大師のおかあさんは、この世を去りまし
 た。

 その想いが、1100年以上の時を超えて、「白い犬」 となって、思う存分にあの道を歩いたので
 はないだろうか・・・。

ゴンちゃんが死んだ日は、空海のお母様のご命日なのだそうです。
お母様に導かれて 極楽へ行ったのでしょうか・・・
今では、ゴンちゃんの石像が、空海の像のすぐ横に建てられているそうです。

おなもみは大日如来が大好き。
そして私は、おなもみが描く観音さまも好きだけど、おなもみが描く大日如来も大好き。
空海に縁のある四国に住んでいることは おなもみにとって偶然ではないかしら・・・ 
千年以上も昔に想いを馳せると なんだか胸が熱いです。じ~~ん・・・



おなもみ大日如来



いのちの島=屋久島、光のショーに眩いまでに輝く海をアップしました。
よろしければ >>こちらもどうぞ

ぴあのサファイア

Author:ぴあのサファイア

水晶、女神、天使と交流します。すべてのいのちとの調和を望みます。天の光と、私たちに内在する光の意識が呼応し、響きあい、この地上が光の世界となりますように。


02 | 2006/03 | 04
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -
左上の青いボタンクリックで再生します

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。