FC2ブログ
2006 / 04
<< 2006 / 03 - - - - - - 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 - - - - - - 2006 / 05 >>

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

今日はこちら、寒いです~~~~(~_~)
朝からヒーターつけっ放しです。
そんな中おなもみは 伸びていた髪をかなり短くカットしてきてさっぱりした様子。

去年の今頃のこと。
過去最大のカルマ浄化?のための闇に突入するべき準備が、着々と私の周りで行われておりま
した。
そのカルマ浄化は、遡って半年前から 大浄化に向かって少しずつ少しずつ 物語を進めており
ました。
そして、その半年前にいたる道筋も ずっとそれ以前からあったのですが・・・
遡り始めたらキリがありません。

『事実は小説より奇なり』 だなあ と、宇宙のシステムに脱帽したのは、それが単なる私個人の
カルマ浄化の出来事 などというちっぽけなものではなかったこと。

住む場所も、環境も、年齢も、何もかもが全く違った私を含め数人が、その時になってものすごい
引力に惹き寄られるようにして出会い、(しかも、それがネット上でのこと!) 複雑に複雑に絡み
合い、過去世から持ち越してきた課題にそれぞれが挑み、クリアしようと必死になっていました。

その課題は、気の遠くなるような長い永い年月、輪廻を越えて 今か今かと、この浄化の時を待っ
ていたのでした。
特に、私とある友人は、パンドラの箱が開けられたとたん、一気に激流のような闇に翻弄されるこ
とになりました。
たった半年前に知り合った彼女と私は、お互いの共通のカルマに全く同時に飲み込まれました。
私は私、彼女は彼女で それぞれが平行するように闇を彷徨いました。
そして、お互いが全く同時に闇を抜けました。

そして 一年後。
今、彼女と私は また、何かお互いがシンクロして闇に向かい合っているような・・・
それで ふと一年前を思い出してみたら ちょうど今、この四月の中ごろだったのです。

私はまだ、そのカルマの一番深い根っこの部分を 浄化できていません。
浄化するのが怖いのです。
手放したくない 掴んでいたい という気持ちの方がとても強くて・・・
でも、それは時々とても私を苦しめます。
それでも持っていたい自我。
なかなか根強い。
宇宙を信頼できていないのですね・・・ だから手放せないというか・・・

まあ、そういう自我も愛しい私。
あせらず ゆっくり あたたかく見守っていこうと思います。


昨日の夕方、曇り空の中、おなもみを乗せて車で走っていたら、突然目の前の雲が一部分開け
て大きな光の繭を作りました。
光の繭が出来上がっていく光景が あまりにも神々しくて ちょうど信号待ちであったので 私と
おなもみは 「見て!すごい!」 と言いながら目をまるくして その神様からのプレゼントに見入
っていました。
下の写真はその時の空をおなもみが助手席から写しました。
画像が悪いので 感動の100分の1も伝えられない写真なのですが・・・





光の繭ー060413-0414






いのちの島=屋久島へも よろしければどうぞ。 >>こちら☆

スポンサーサイト

ぴあのサファイア

Author:ぴあのサファイア

水晶、女神、天使と交流します。すべてのいのちとの調和を望みます。天の光と、私たちに内在する光の意識が呼応し、響きあい、この地上が光の世界となりますように。


03 | 2006/04 | 05
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -
左上の青いボタンクリックで再生します

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。