2008 / 03
<< 2008 / 02 - - - - - - 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 - - - - - 2008 / 04 >>

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

おなもみは今日、終業式でした。
来年度からは6年生です。
速い~~~!

あっという間の小学校5年間。
あと1年なんて、速いのでしょうね。

そのおなもみ、4月から仏像彫刻教室に通うことになりました。
おなもみ7歳の夏のこと、、こちらの博物館で催された 『空海展』 を見に行って、
仏像の虜になったおなもみ。
それから仏像一筋です。

おなもみの仏像一筋の様子は、このブログで書き続けてきましたが、
この仏像一筋は一向に色あせることなく、ここまでおなもみを仏様の世界に
誘うものは、一体何でしょうね・・・


昨日、仏像彫刻教室を見学に行きました。
仏像を彫っているのは、平均年齢60歳くらい?のおじちゃま、おばちゃま、ばかり。
一番若い方で私くらいかな・・・

おなもみと私と主人で見学に行ったので、
「どなたが仏像に興味があるのですか?」 と聞かれ、
「この子です」 と言うと、
「へ~~~!」
他のおじさま、おばさま方にも感心されてしまいました。
「ご両親の影響なんですか?」
「いえ、この子の影響で親も仏像に興味が・・・」
またまた、「へ~~~!」

少し体験もさせていただき大満足のおなもみは4月が待ちきれないようです。
私も楽しみにしています。
今もまだ寝ずに仏像のビデオを見ているおなもみです。
もう、2時間以上は見ているかしら・・・
時間があるといつもこんな感じです。
仏像の本を見たり、ビデオを見たり、仏画を描いたり・・・

毎日がおなもみのおかげで本当に穏やかです。
家の中は仏さまの波動で満ちていて、平和です。
今、声明がリビングに響き渡っているところです。
声明のバイブレーションがすごく気持ちいい・・・
身体の内側に沁み渡り、心が澄み渡ります。



いのちの島=屋久島は >>こちら


スポンサーサイト

先日ひっぱりだしてきた懐かしいレコード。

たくさんのレコードの中から、迷わず、「これを聴きたい!」 と思ったのは、
モーツァルトの『レクイエム』

モーツァルトが最期を迎える間際に書いていた作品で、結局モーツァルトは
この曲を完成させることなく、亡くなってしまいました。
弟子のジュスマイヤーに未完の部分の指示を与え、モーツァルト亡き後は、
ジュスマイヤーが曲を完成させました。

モーツァルトは、この曲を、”自分の死を葬る” ための曲だと信じていたそうです。
死の前日、見舞いに来た友人達と一緒に未完のレクイエムを歌ったモーツァルト
は、歌い進むうちに激情が込み上げ、『Lacrimosa』 のところまで来た時、涙が
込み上げ歌い続けることができなかったのだそうです。

この曲は14曲からなりますが、そのうちモーツァルトが完成させたのは、1曲目と
2曲目だけ ということです。
それにもかかわらず、今日までモーツァルトの傑作としてここまで後世に残って
いるのは、すごいと思います。
何にしろ、美しい・・・とても、美しい曲です。
きっとモーツァルトは、亡くなったあともこの曲の仕上がりをサポートしていたのだ
と思います。
きっと、そうだと思います。


このレコードを初めて買ったとき、このレクイエムの世界に引き込まれ、
特にLacrimosaは、それこそ、レコード針を何度も何度も戻し、聴いた曲です。
最後の『アーメン』 では、こちらまで感極まり、鳥肌が立ちます。
何度聴いても、鳥肌がたち、我を忘れてしまいます。

ところがこのレクイエム、CDで買ったときには全くいいと思わなくて(レコードと違う
演奏を買ったのでした)、何度聴いても感動が薄くて、なぜ?と疑問だらけでした。
ちっともいいと思わなくて、不思議でした。
(とりあえず、外れるとイヤなので、指揮者と楽団は名前で選んだのですが・・・)

あれほど、好きで好きでたまらなかったレクイエム。
再度聴いてみても、レコードは、ほんとうにもう、すりきれるほど聴いていて、音が
割れてしまい 音質は全然クリアーではありませんでした。
それでも、昔聴いていた時のあの感動は、そのまま蘇ってきました。
(昔も、音が割れていても、それでも、何度も何度も聴いていました)

私が拘るこの違いは、レコードでは、ウィーン少年合唱団が歌っている ということ。
古来、教会の聖務はすべて男性が行うものでした。
ソプラノやアルトのパートを少年達が歌う演奏の様式は、最も本来の形に近いもの
ということです。

やはり、何か違うんです。
女性の声で歌うのと、少年が歌うのとでは、全く違うのです。
エネルギーが。
音が織り成す空間が。
きれいなエネルギーを感じるのですね。
別に、女性が歌うときれいじゃない と言っているのではないのですが、それは、
とても素晴らしい音楽、感動なのですが、少年の澄んだ声というのは、より一層、
神に近い、エネルギー的にも、より一層、神と繋がるような、そんな感じなのです。


レクイエムのレコードジャケット。
帯には ”レクイエムはたましずめの音楽、無垢な少年の声が美しい” と書かれて
います。



   レクイエムー80318



You Tubeから見つけてきました。『Lacrimosa』
ウィーン少年合唱団ではありませんが・・・
やっぱり Lacrimosa(涙の日)は、涙なくしては聴けません。>>こちら





いのちの島=屋久島は >>こちら


木曜のYくんの月光に感動して、昨日は、私の意識が一日ピアノに向かってい
ました。
ほとんど一日、ピアノを弾いていました。

私は、ベートーヴェンが好きで、自分にも合ってると思います。
弾いていてもしっくりくるし、音楽がよく見えるという感じなのです。
試験でも、ベートーヴェンを弾くと点が良かったのです。

それと、何にしろ、ベートーヴェンは初見がきくからそれもいいです~♪


昨日は、ベートーヴェンオンパレードの後、その他いろいろ弾いていました。
まず、今譜読みをしているラヴェルの 『道化師の朝の歌』

のだめヨーロッパ編でのだめちゃんが弾いたのを聴いてから、今、おなもみが
弾きたい曲のナンバ-1で、まずは私が弾けるようになって・・・と、譜読みを始め
ましたが・・・

ラヴェルは・・・


初見が・・・


できない・・・_| ̄|○ハー どんより・・・
 

という理由で、今までラヴェルをあまり弾いて来なかった私、(避けて通っていた)
ここにきてツケが回ってド必死で譜面とにらめっこ。
「むむ~~これで合っているのかこの音は・・・」 ←パニクリ中・・・/(-_-)\ ウーン

それから、おなもみが気に入っている、こちらものだめヨーロッパ編でターニャが
千秋に流し目&お色気ムンムンで弾いていたショパンの ”英雄ポロネーズ”
楽譜をひっぱりだしてきて弾いてみたら、これは初見がきく!
派手でかっこよくって聴き栄えバッチリなわりには難しくない☆

「おお~ これ、いいカモ♪今度の発表会で弾こうかな?生徒にウケるかな?」

なんて考えながらしばし練習していたらおなもみが帰ってきて、

「おかあさん、ターニャが弾いていた曲だね!弾いて弾いて♪」

私、「ちょっと待ってね、まだ練習中だから」


そうそう、ポロネーズ、CD持ってないのよね。
レコードはあるんだけど・・・

それでふと思い立ち、もう二十年近く前に買ったレコードプレイヤー、処分せずに
置いてあったものを、まだ使えるかしら?と引っ張り出してきてコンポに繋いだら・・・

鳴る!!

ちゃんと鳴ってるう~♪ \(≧∇≦)/キャー♪

レコードはたくさんあって、しばし、懐かしいレコードを引っ張り出してきて物色して
いました。
『道化師の朝の歌』 も、オーケストラ版を持っていました。(すっごくカッコイイ!)

「ええ~? こんなのも持っていたのね!?」 

と、全く記憶にないものもたくさんありました。


アナログの音っていいですね。
落ち着きます。
おなもみは、英雄ポロネーズが終わるたびに立ち上がって、レコードの針を戻しに
いって、また聴いています。
それを、面倒くさがらずに、ずっとやっています。
CDなら、ボタンひとつで延々リピートを自動でやってくれます。

針を下ろすコツを習得したようで、きれいにレコードの溝に針を下ろせたら、
「おかあさん、おなもみ上手にできるようになったでしょ?」
と、得意そうにニコニコしています。

針を下ろす時の一瞬のあの集中感が好きです。
目、手、全神経がレコードの針と溝に注がれます。
自分の中では、一瞬時が止まったかのよう。
針がゆっくり下りて、レコード独特のあのノイズ・・・そのあとに曲が流れてくる。

機械まかせにしない、自分の手で大切な音楽に触れる。
スイッチひとつで音楽を流すのが当たり前になった今、昔は、大好きな曲を聞く時は
こうやって自分の時を止めて、特別な時間を自分のために作っていたのだなあ と
思いました。

何度も何度も好きな曲を聴くために、レコード針を丁寧にレコード盤の溝に下ろして
いた、あの頃を懐かしく思いました。



いのちの島=屋久島は >>こちら


今日は10時ごろまで仕事の予定だったけど、最後の生徒さんがお休みだった
ので早めにレッスンが終わりました。


いつも木曜8時から来る中学生のYくんのことを書きます。
この子は不思議な子で、ちょっと普通の子とは 感性やその他いろいろと違います。
普通の子とは違うって、ヘンな言い方ですが、いい悪いという比較ではなく、
まあ、事実、普通のその年代の子とはちょっと違います。
芸術家肌というか、鋭敏な感性が素晴らしいのです。

お母さんが素晴らしい方で、Yくんのいいところをすごく上手に伸ばして育てて
いらっしゃいます。
穏やかで優しくて、笑顔が素敵で、上品なしゃべり方が素敵で、いつもお話させて
いただくたび、「は~私もこうありたい・・・」 としみじみ思わせていただく方です。

で、このYくん。
クラシック音楽が大好き。
ピアノを弾くときにも、とても感受性豊かに、心の演奏をします。

ピアノは好きなようなのですが・・・

中学生になってから全く練習する時間がないようで、週に一度、うちに来た時
にしかピアノはさわらない という感じです。
それでもクラシックが好きなので、うちに来てぼちぼち弾いている という感じで
今はベートーヴェンの月光の一楽章と、エリーゼのために という彼がよく知って
いて、感情を込めやすい曲を選んでレッスンしています。

月光は、もうかれこれ一年くらい弾いています。
楽譜を見ない右脳タイプで、いくら私がその音が違う、指が違う、と楽譜に赤丸を
入れて、レッスンのたびに楽譜を指しても、全く、全然、見てくれません。
全く自分の世界で弾いちゃうんです。

で、楽譜を見ないものだから、間違いが何時までたっても直らず、
『マンネリしちゃうのじゃないかしら、こんなレッスンで彼は楽しいだろうか?』 と、
私の方がいつも悶々として、レッスンが終わるたび疲れていました。
でも、彼はあいかわらず、弾けようが弾けまいが一向に構わず、マイペースで自分の
演奏をします。(チョット、先生泣かせの生徒さんです・・・ううう・・・)


で、今日なのですが・・・
Yくんがレッスン室に入ってきたときに、いつもと違う ”何か” を感じました。
「あれ?・・・この感じはなんだろう、違う、いつものYくんだけど、違うYくんみたい」
と、説明のつかない ”何か違う感じ” を感じました。
(本当にこの感覚は説明できません)

楽典をやって、簡単な初見の練習をして、それからエリーゼのために を弾きました。
エリーゼのためにも楽譜を見ません。
いつもはつっかえながらなんとか弾くのですが、今日はわりと弾けました。

私、「Yくん、今週は練習できたの?よく弾けてるね」
Yくんは、「いや、全然練習してません。」
私、「ふ~ん?そうなの??」

次に月光を弾いた時、彼の演奏に私、引き込まれていって、感動して・・・
涙が出てきたのです。
何か、訴えるものが・・・
最後の音を、Yくんは丁寧に最後まで感じて、静かに鍵盤から手を離しました。

私は、「すご~~い Yくん、良かったよ! 私、感動して涙がでちゃったよ~~」
と、うるうる涙を流しながら
「素敵な演奏を聴かせてくれてありがとう!本当にすごく感動したわ♪」
とお礼を言うと、Yくん、照れちゃったのか、
「いえいえそんな・・・」
と言いながら向こうを向きました。

生徒の演奏に感動して涙が出て来るなんて、教えていてこんな幸せがあるでしょうか。
今日はほんとうにうれしかった☆
感動のレッスンでした。

それにしても、Yくん、一体彼に何が起きたのでしょうか?
本当に今日のYくんは、レッスン室のドアを開けた時から、何かが違っていたのです。




いのちの島=屋久島は >>こちら


ムカデが!

ムカデが出たんですっっ!!

今日は私の仕事がお休み、よって私が食事係。
お料理していると、おなもみが「キャーーーー!!」
天地も張り裂けんばかりの悲鳴を・・・

私、どうしたの!?と聞くと、「ムカデ~~~~~」
ええ~~~~ムカデ!?\(◎o◎)/!

「どこどこどこ!」

「コタツのお布団の上を這ってたの!!」

お布団をパタパタしてみると、ムカデが!!!

(最近、びっくりマーク多いですね・・・(~_~))


キャーーーーー!!キャーーーーーー!!! 


「お父さん呼んできて はやくっ!!!」

「おとうさ~~~~~~ん」

その時タリバンはお風呂で洗髪中。
頭シャンプーだらけで出てこられない。(~o~)

「おとうさん、はやく出てきてええええええ~~~!!」

ギャーギャー叫びながら、ムカデの行方を凝視する私とおなもみ。

家具の隙間に入られるのを阻止するためムカデの行方をハエたたきで
ブロックするたび、ムカデは、くるんっ くねっ 

きゃあああああ~~~~~~~~~!!!

そのたび、私とおなもみの悲鳴が響き渡る我が家のリビングでありました。

やっとタリバン登場☆
ムカデちゃんにはお気の毒ですが・・・ ( ̄十 ̄) アーメン・・・

ああ~~ 何年分叫んだだろう・・・
きっとあの悲鳴、近所中に聞こえていカモ・・・ ( ̄_ ̄ i)タラー


さて、ムカデ騒動も一段落。
我が家に平穏が戻って、晩御飯の仕度もすっかり終わり、

「ごはんにしましょ~~♪」

と言ったその数秒後に・・・ ( ̄□ ̄;)!!うそっ

炊飯器のスイッチを入れ忘れていて、ご飯が焚けていなかったのでした・・・ 

(゚◇゚)~ガーン 

・・・llllllρ(   )lllll (だから私がご飯を作ると・・・以下略)

タリバンに、レンジでチンのパックご飯を買いに行ってもらいました。
タリバン、お疲れさまでした。<(_ _)>


ハー・・・ 疲れました。(疲れたのはタリバンだって。)



美しい水晶でもご覧になってください。
おなもみのファントム水晶です。
幻想的です・・・ ・:*:・(*´ー`*)ウットリ・:*:・



   ファントムー80311





いのちの島=屋久島は >>こちら


金曜午後から急に頭痛・・・(T_T)

夜、コタツで倒れている私に、おなもみが千手観音の絵を描いて
「はい、おかあさん」
と渡してくれました。
おなもみ流ヒーリングです。
ありがとう。
優しそうな千手観音のお顔に癒されました。


土曜は、仕事と、夜は同窓会があって・・・
同窓会、出席すると言ってあったから、行かないと幹事さんが困るのかな~?
と思い、仕事もあったから、お昼からお薬を飲んでしばし寝て・・・
ラッキーなことに、お薬が効いてくれて、仕事もこなせたし、同窓会にも行って
来ることができました☆

で、7時過ぎから11時半まで延々ぺちゃくちゃと。
それから、お腹すいていたのでめちゃくちゃ食べました。
私は飲まないので、食べて元とらなきゃ~~。ヾ(-_-;) オイオイ... 
お鍋がおいしかった☆
てんちゃん、今度は行こうね♪ ←私信
 

そして昨夜は、なんだかすごい夢を見ました。
かなりスピリチュアル体験だったのですが、で、それを日記に書くように って
言われたのですが(夢の中で言われたのです) 何をどう書いていいのかわかり
ません。
とにかく、体験したことは、今も体に蘇ります。

太鼓が鳴り(この太鼓の音がすごかった!聴いたことのない太鼓の音で、
たぶん、あんな音の出せる太鼓は、この三次元にはないと思う。ものすごい
低音でした) この音と振動に私は感極まり、夢の中で感動のあまり泣き出して
しまいました。
五十鈴の音がどこからか聞こえ、全く聴いたことのないお経を聴き、しかも、
その夢のベースではなぜかずっとマタイ受難曲のようなミサ曲が流れている・・・
という、和洋折衷もびっくりの摩訶不思議な夢で、「十次元の光が・・・」 とか、
そんなメッセージもあって、 う~ん、いまだに摩訶不思議・・・ ( ̄~ ̄;) う~ん
起きてからも、ず~~っとその夢を反芻していました。


おなもみは今日、タリバンとまたまた雛人形関係の催しに出かけて、私は家で寝て
いました。
だいぶ頭痛が軽くなってきたので、起きていろいろ用事をこなすことができました。
一時間ほど前、家族三人で近所のお寺の催しものにお散歩がてら行ってきました。


今日は、千手観音大好きなおなもみが、千手観音水晶と名づけている、
おなもみの水晶をアップします。
光がきれいに撮れたので。(*^_^*)
この水晶も、光が当たると眩い光線を発して光ります☆



   千手光ー1-80309



   千手光ー2





いのちの島=屋久島は >>こちら


すっごくいいことがありまして!!!


えええ~~~~☆ \(◎o◎)/


ほんとにっ!?


ほんとにっ!!??


ほんとにいいいい~~~~!!!???


っていうことが☆  ★。.:*:・'゚☆。.:*:・'゚ 。.:*:・'゚☆。.゚\(≧∇≦)/キャー♪☆


すごくすごくすごく、欲しくて欲しくてたまらなかったものが!

でもでもでも、現在とっても入手困難なものが!!

やってきてくれることになって!!!

(びっくりマーク、多すぎ?)


ちょっと冷静に、霊性に・・・ 落ち着いて 落ち着いて。(ぴあの、落ち着け!)

ああああ~~~~うれしい・・・ じいいい~~~~ん・・・


でもね・・・
私、いつかこれが自分の元にやってきてくれること、自分の奥で確信していたのです。
絶対、いつか、私の元にくるはず!来る!!必ず来る!!! って。
なぜかね、何の根拠も何もなく、確信していたのです。

だから 本当にそうなって、そのことにも感動☆

神様、ありがとうございます☆

私信
Tくん、ありがとう~ 本当にありがとう☆☆ 



天河神社の五十鈴、ご存知ですか?

”天河神社HPより”
五十鈴(いすず)は、天河大辨財天に古来より伝わる独自の神器で、天照大御神が
天岩屋戸にこもられたとき、天宇受売命(あめのうずめのみこと)が、ちまきの矛
(神代鈴をつけた矛)をもって、岩屋戸の前にて舞を舞われ、神の御神力と御稜威を
こい願われたことによって、岩屋戸が開かれ、天地とともに明るく照りかがやいたという
伝承に登場する、天宇受売命が使用した神代鈴と同様のものであると伝えられています。

この五十鈴の清流のような妙なる音の響きによって、心身は深く清められ、魂が調和し
本来あるべき状態に戻り、新たな活力が湧いてきます。

                                        
・・・っていう、鈴です。
この鈴の音が大好きです。
もう何ていうか、聴いているだけで、自分が神と同化するような感じがするのです。
というか、自分の内の神が呼び覚まされるのかな・・・
う~ん、神っていう言葉はちょっと違うんだけど、何ていうんだろう~~
(言葉が見つからないです。今日は思考がストップしていて、左脳が働きません)


今日は、私の超お気に入り、クリアーの極みの美しい水晶と、五十鈴をコラボレーション
してみました。



   五十鈴ー80307




いのちの島=屋久島は >>こちら


昨日の日記、水晶ぼけ~~( ̄△ ̄;) の内容で終わったのですけど・・・
実は昨日、後半はちょっとすごいことがあったのですっ!!

あのですね、午前中から水晶にみとれて使い物にならなかったぴあの、
やっと
「そうそう、いい加減行動に移さなければ、行動に!」
と、重い腰を上げたのがたぶん、2時も回っていたような・・・


それから買い物に出て、家に帰ったら、なんと!!


家に入り、キッチンに買ってきたものを置こうとしたら、なんか床の上が散乱してる。
何かいっぱい割れてる・・・

何これ?

狐につままれた ・・・をまさに体験した私。 (  ゚ ▽ ゚  ;)???

人って、訳わからない事態が突然起こると、手が頭にいきますよ。
ホントです。
「へ~~?何これ~~~~???」
と、頭の上を???がブンブンまいながら、私の手は頭の後ろを無意識にカイカイ・・・


今、うちの裏の道を道路工事しているのですけど、私が留守中、ショベルカーが
うちの家の壁におもいっきりぶち当たって、外壁がへっこんでですね、
家の中はキッチンのタイルが割れて飛んでいて、戸棚の扉が衝撃で開いて、
戸棚から、使わずにしまってあったサイフォンが落ちてきて割れていたのでした。


\(◎o◎)/!\(◎o◎)/!\(◎o◎)/!


私、ショベルカーがぶつかった最中家にいたら、きっと悲鳴をあげていたでしょうね!
こんなことってあるのですね~~~~~~~(@_@)

もちろん、業者さんに直してもらうのですけど、その際、サイフォン代も請求して
いいものでしょうか・・・? ( ̄~ ̄;)う~ん


ところでです。
今日は雲の多いお天気で、雲の合間から射す陽の光がランダムで、
陽が射してくるたび、デスクの上の水晶が光りまくりで、それがまた美しくて・・・

またまた今日も、使い物にならない半日を過ごしちゃいました。

ハー、困ったな・・・
水晶見てたら何も手につかない・・・


   今日の光です☆
   実物の水晶と光は、100倍綺麗かも。


   千手ー1-80305




   千手ー2




   千手ー3




   千手ー4




いのちの島=屋久島は >>こちら


今日は・・・何もせずほとんど一日を水晶と過ごしてしまった・・・

そんなつもりはなかったのに・・・あまりにきれいで、眺めていたらどんどんどんどん
どんどん時間が経って・・・

火曜は仕事が終わるのが遅いので(さっき終わった)、いろいろと先倒しで
やっておかないと後が大変なのですが、水晶ちゃんの魅力にはかないません。

特に、この時期になって私のパソコンデスクに朝から昼過ぎまで陽が射すように
なって、パソコンしていても目の前で眩く輝く水晶ちゃんに目が奪われてしまい、
どうしてもついつい、作業を中断して水晶の美しさに没頭・・・


   朝、パソコンデスクに陽が射し始め、水晶の影が幻想的・・・



   光ー1-80304



   これは、水晶の虹です。濃いですね。



   虹ー80304



   虹を出していた水晶をくるっと回すと、光が分散されました。



   光ー2



   この子は出身地もわからない子だけど、上から下まで透明。
   極上のクリアーちゃん。ただ今の私のお気に入り。



   極上ー1



   極上のクリアーちゃん、午後の陽の光にはこのように眩く・・・クラクラ・・・(@_@)



   極上ー2



   そのクリアーちゃんと、その左、こちらも出身地のわからないフラワーと名づけている子。
   出身地わからない同士、仲良く寄り添わせてみました。



   極上&フラワー



   この子たちはブラジルの子。
   光を受けてきれいですが、ケータイではその美しさを表すことはとても
   不可能です・・・(T_T)



   光受



   ペルーのクラスター、光ってました。キラキラ★*゜*☆*゜*★*゜*☆*゜*★  
   この光、じっと見つめてみてください。大きくなったり小さくなったりします。
   ・・・します?



   千手光





いのちの島=屋久島は >>こちら


久々の日記です☆
体調の方は、パソコン作業を減らしたので、かなり楽になりました。

時間に余裕ができると、心や精神にも余裕が出てきて穏やかな日々を過ごして
います。
瞑想もなかなかできない日々を過ごしていましたが、ここのところはゆったり
瞑想できる時間もかなり増えて・・・

物質次元でないところに一日数十分ですが意識を繋げることは、塔の中で
窓を閉めて部屋の中だけで過ごしていたお姫様が、扉を開けて爽やかな風に
触れ、木々の芽吹きや風や大地のエネルギーを受け、どこまでも広がる壮大な
景色に魂が溶けていき、意識が限りなく自由に飛翔してすべての制限を外し天を
舞う・・・
窓を閉めた後も、その歓美さが絶えずお姫様を満たしている・・・
う~ん、そんな感じです♪ ・:*:・(*´ー`*)ウットリ・:*:・脳内妄想・・・

今、お部屋のBGMはユンディ・リのショパン。
ユンディ・リの音は、森の中に流れる清流に、木々から漏れる光が水面で
キラキラ光る、その光を私は感じます。
ユンディの音を流していると、お部屋がキラキラ光る水の光に満たされるような
そんな感じがして、とても心地いいです。
水晶たちも、音と響きあっています。

数日に一度、水晶たちひとつひとつを柔らかい布で拭き、デスクの上もきれいに
拭いて、またひとつひとつ水晶たちを、その日の自分のエネルギー状態や感性
で並べていきます。
今日はこの水晶はこの位置がいいとか・・・なんとなくあるのですね。
不思議ですね。

今日も、ひとつひとつ石を感じながらチェスの駒を置くようにゆっくり丁寧にデスク
の上に並べていきました。
とてもいい感じです。満足。


ところでです☆
今日は桃の節句ですね♪(そうそう、日記のタイトルはイケメン右大臣だった・・・汗)

この日記でも何度か書きましたが、おなもみはお雛様が大好きです。
昨日は、地元で有名な、ビッグひな祭りに行って来たおなもみです。
人ごみに行くと頭痛がする私はひな祭りはパス、ピュンピュンと車でお気に入りの公園へ
散歩に行きました。(ここの公園はいつも人がいない穴場)



   史跡ー1-80303



   史跡ー2



仏像の次にお雛さまラブなおなもみのケータイフォトフォルダで、親戚の家で撮影
したと思われる雛人形画像を見つけ、その右大臣に私はラブぞっこん♪になって
しまいました!!



   右大臣ー1-80303



イケメン~~~~♪♪♪ ((((o゜▽゜)o))) かっこいい!!
私が大好きな東寺の帝釈天さま雅な武将変化版?って感じ?o(≧∇≦)o



   右大臣ー2



こちらの渋い木彫りのお雛様は、おなもみの叔父作。
叔父からいただいたもの。(というか、実際は叔母からいただいたんだけど)
コンパクトサイズで、ただいまうちの二階の出窓に飾ってあります。



   木彫り雛ー80303






いのちの島=屋久島は >>こちら



ぴあのサファイア

Author:ぴあのサファイア

水晶、女神、天使と交流します。すべてのいのちとの調和を望みます。天の光と、私たちに内在する光の意識が呼応し、響きあい、この地上が光の世界となりますように。


02 | 2008/03 | 04
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
左上の青いボタンクリックで再生します

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。