2009 / 09
<< 2009 / 08 - - 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 - - - 2009 / 10 >>

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

昨日は、こちらの町内の小学校で運動会が行われていました。

6年間、毎朝お弁当作りに励んで一大イベントとなっていた9月の最終日曜。
もう、今年から関係なくなっちゃいました。
ちょっと淋しかったですねえ・・・


おなもみは、となりの小学校の従弟の運動会に招かれて、一日運動会を見に
行っていました。

私は、今日こそ温泉!と思っていたのですが、午前中、お掃除や洗濯をして、
ひととおり家事を終えたら、超超眠くなってきて・・・
ロングお昼寝をしてしまいました。

それも、お昼寝と言っても午前中から寝てしまい、ただのぐーたら主婦と化した
一日でありました。(~_~)


そのお昼寝のためベッドに入ってうとうとしていた時、手に水晶を握っていたの
ですが、その水晶 (透明なガネーシュヒマール) のなかに、小さな妖精のような
かわいい天使が現れて、これまたかわいい金木犀のような小さな花を辺り一面
に、祝福の花びらを撒くように、散らしはじめました。

そうしていると、私の身体が、金色のオーラに包まれました。
何か、守られている という安心感、不動の安心感に満たされ、そのまま眠りに
つきました。

で、今日、お昼、眠くなりソファでうとうとしていたら(ほんとにぐーたら主婦ですね、
私は・・・(>_<))、いろんな人たちが見えてきて(性別年齢問わないあらゆる人たち)、
その人たちが皆、金色のオーラに包まれているのです。

そして、昨日私が金色のオーラに包まれた時の、何ともいえない大きな安堵感が
再び甦り、それと同時に、『何も問題ない、すべて、皆、守られている』 という、どこ
から来るのか、ひときわ大きな安堵感に満たされたのでした。


その感覚は言葉を超えているので、言葉で伝えるのは難しいのですが、今自分が、
個々個人、あらゆる人がどのような状況を生きていても、それが混沌であっても、大きな
大きな見守りのなかに抱かれて光に導かれているのだということを、感覚を超えて感知
しました。


遠回りしていても、迷路に入ってしまったように思えても、それも光の過程、すべての
現象が光への道。

でも、ただ大切なのは、後ろを向いてしまわないこと。それだけ。


大きな大きな意識は、「だいじょうぶ」 というエネルギーをいつも送ってくれています。

気づけるか、どうか・・・

その大きなエネルギーに。


だいじょうぶ。
すべての人が、いつか気づけます。

どんな自分も大切に大切にしてあげてください。

今を大切に大切に、生きてください。

今のなかに、光があります。



あ、温泉、昨日の夜に行ってきました。
めっちゃくちゃ癒されて、体もとても楽になりました。
温泉さまさまです♪







いのちの島=屋久島は >>こちら


スポンサーサイト

温泉に行きたかったのに・・・
昨日、温泉行きをとりやめたので、今日は行くぞと思っていたのですが・・・


暑い!!


暑くないですか?昨日、今日。

陽射しがすごくって、日中運転なんかしていると、太陽光線がジリジリ。
真夏でもこんなきつい太陽光線だったっけ?って感じです。(あつ~~~~~)

で、そんな暑いなか、お湯に浸かろうという気になれず・・・
体は温泉を欲しているのですけどねえ~~。(はあ~~~しんどい)


昨日、タリバンと話をしていて、タリバンが、

Aさん(タリ、私、共通の知人)が、Bさん(タリ、私、共通の知人)のことを、「こんな
ふうに言っていた」 という話をしました。

”こんなふう” というのは、いいことではない話です。(悪口ってやつでしょうか)

私 「それってAさんの思い込みだったら?」

うわさ話って、どこまで本当なんだか・・・
多分に、その人のフィルターや思い込みが入っていて、私は、うわさ話を聞くときは、
いつもニュートラルです。

「Bさんは私が知っているかぎりでは、そんな人じゃないと思う」

と言いました。(それは、私にとっての事実なので)


先日も、お友だちとお茶していて、お友だちが、「○○さんって、こうらしいわよ」
と言いました。

私、「そう?そうじゃなかったら?それ、誰から聞いたの?」
お友だちは、お友だちのお友だちから聞いたらしい。

私、かなり事(噂の内容)が重大だったので、、「ねえ、それって本当の話?」 と、
再度聞きました。

お友だち、「さあ、私も聞いただけだから」


ここで、うわさ好きな人がいたら、「へええ~~ あの人ってそういう人だったの!」
と、また誰かにそのうわさ話を吹聴してまわるかも。

で、聞いた人がまたうわさ好きだったら・・・

○○さんはそうじゃないのに、そうだっていうレッテルを貼られて、多くの人の中で
認識されちゃったら・・・?


上の話(お友だちから聞いた話)をタリバンにしながら、

「ねえ、その話が全くの誤解、事実じゃないことだとしたら、うわさされた人、気の毒
だよね。うわさする人は、罪をおかしているのと同じよ。」

と言いました。

タリバン、「そうだね」


別にうわさする人を非難するつもりで書いているのじゃないのです。
悪気なく言っているだけかも。

悪気があったとして、私は別にそれは気にしないです。
なんて人なの とも、思いません。
その人が、いつか、自分がしていることに自分で気づけばいいことなので。


ただ、多くの、ネガティブな感情や想いを人に向けて発する人たちの向こう側(奥)
に、神様と離れてしまっている魂の悲しみ みたいなものを、ここ最近特に感じる
ようになりました。

で、その悲しみがこちらにじんじん伝わってきて、私はどうしていいのかわからない
ので、お祈りします。
『愛があまねく浸透しますように・・・』


誰にでも神性、仏性といわれるものが宿っています。
私は、えらそうなことが言える人間では全くないです。
煩悩だらけだし、醜い心だってあるし、だけど、自分の奥に崇高なスピリットが
あるということも、知っています。

表層意識に引っ張られてしまうこともあるけれど、神様とひとつになって、魂が喜ぶ
今世を生きたいなあ と、思います。


まあ、それがなかなかなのですけどね・・・ (~_~)







いのちの島=屋久島は >>こちら


今日は一日倒れていました。
頭痛です。
昨日はまだ、少し動けたのですが・・・
今日は、かなりつらく、しんどかったです。(T_T)

頭痛だけでなく、体のほうもだいぶおかしくて・・・
夜おそくなり、やっと頭痛がひいていってくれています。
明日の朝起きて頭痛がひいていれば、温泉に浸かりに行こうと思います。


頭痛のときは、いつも以上に夢を見ますが、昨夜の夢もそ~れ~は~すごかったです。
で、いくつ見たことか・・・みっつだっけかな、よっつかな。

ず~~っと、何ヶ月も毎晩夢を見続けていますが、一晩にいくつもの夢を見ます。
夢ノートにも、あまりの内容の濃さと夢の数のわりに、いい加減にメモするので、
後でノートを見ても、はて、なんだっけ?状態なこともよくあります。

夢を見て、目覚めたら、速記のごとく書かなければすーっと夢は向こうに行って
しまうので、記憶の遠のきと鉛筆のスピード勝負です。
なので、後で、何て書いてあるのかさっぱり読めなかったり・・・
単語だけ羅列してあったり・・・


夢は、ノートに書いて、目覚めて起きて活動してしまうと、よっぽど印象深く記憶に
残っている夢以外は、すっかり忘れてしまいます。

昨夜見た夢も、三つか四つノートに書いていますが、今覚えている夢はそのうちの
ひとつだけです。
ノートを見たら、他の夢もどんなだったか思いだすでしょう。


ところで、あまりの夢の多さと、最近寝始めに見えるビジョンの多さと複雑さに、
頭痛の私は辟易してしまい、今日の私はそのことでもまいっていました。
(体調がよければ、ビジョンと夢と現世を無意識にうまく整理、処理しているのですが)


先日の寝始めのビジョンは、人の顔のフラッシュでした。
フラッシュカードのごとく、0コンマ1秒くらいの速さで、人の顔をバンバン見せられる
のです。

それも、カード一枚に、数人の顔です。
なぜか、主に外人でした。
昔昔の人の顔から、現代の人まで、様々。

そのあまりに速いスピードと、次から次へ見えてくる人の顔に、「一体何これーーー!」
と、頭と意識がついていけなくなって、目を開けました。
フラッシュは止み、全くの現実世界に戻りました。


「いったい、何? どーーーーーーなってるの??」


ほんとうに、いったいどうなっているのでしょうか・・・
何でしょうか・・・?

自分で自分が不思議でたまりません。

あのフラッシュには、まいりました・・・ ふ~~~・・・
脳の中に映写機でもあるのでしょうか。 (ーー゛)






いのちの島=屋久島は >>こちら


世間ではシルバーウイークとか?
私にはあまり関係なくて、土曜も仕事、日曜もプチ仕事、月曜も仕事。

やっと、今日、明日、お休みだー と思ったら、今朝から頭痛・・・(T_T)
今日は昼ごろに、やっと起きることができました。
MAXな頭痛ではないので、なんとか昼からは家事をこなしました。

今日はお買い物に行きたかったんだけどなあ~~ 
仕方ないので断念。


いつの頃からか、休みになるとDVDを借りてきて見るというサイクルにハマっている
ぴあの家。

このシルバーウイークは、『みう○じゅん・いと○せいこうのTV見仏記』 を借りてきて、
見ています。


  Wikipedia&関西テレビ京都チャンネルより

  元来仏像に造詣の深いみうらと、その友人であるいとうが、信仰や美術品と
  しての視点とは異なる独自の観点から各地の仏像を鑑賞することを目的に
  しておりその行為を「見仏」と表している。

  有名無名にこだわらず、彼らなりに仏像に関する薀蓄を傾け、マニアックに
  鑑賞していきます。
  仏像に興味がないあなたも、二人のやりとりを見ているだけで十分楽しめる
  番組です。


軽妙軽快な二人のやりとりがとてもいいです。
仏像への深い造詣があってこそできる仏像斜め見。
仏像への愛と知識のベースがあってこそ仏々(=沸々?)とにじみ湧き出るお二人
のか~な~り~マニアックな鑑賞会話、おもしろくて、すごく楽しいです。


この見仏記は、特に有名な名の知れたお寺の大仏師の仏像を見てまわっているの
ではないところも見所。

なので、いろんな 「へえ~~」という、知らない、見たことのない仏像が出てきます。


そんな見仏記なのですが、この見仏記を見ていても、”おなもみの仏像マニアなすごい
ところ健在” を知ることがありました。

みうらいとう両氏が訪れたあるお寺の仏像を見て、おなもみ、

「あ、この仏像、知ってる」

「え?知ってるの?なんで?」

「本に載ってる」

おなもみ、うちにある数知れない仏像関係の本のなかから、ある一冊をすっと取り出し、
ささっと、迷うことなくあるページを開いて、

「これ」

私は本を覗き込み、「ほんとだーーー 一緒だね!」

その仏像の写真も、特に大きくババーンと載っていたわけではなく、本の中、いろんな
写真と一緒に、小さく掲載されていたもの。

「よく覚えてるね」 と、感心する私。


おなもみは、こういうこと、しょっちゅうです。
仏像のテレビ放映なんかで、お寺の外観が写っただけで、「あ、ここにあるのはナントカ
観音」 とか、「何々如来」 だとか。

そしてご丁寧に、その仏像が一体どういった特徴や謂れがある仏像なのかまで解説して
くれます。

「それね、この本に載ってるよ、ほら」

と、また数ある本の中から迷うことなく一冊を取り出し、さっとそのページを開いて見せて
くれます。

とにかく、ものすごい右脳記憶能力を持つおなもみなのですが・・・

その右脳記憶ができるのは、仏像と音楽に関してのみ。 o(-_-;*) ウゥム…
(音楽も、交響曲を一楽章から四楽章まで通して歌えたり、大好きな白鳥の湖の音楽も、
全幕通して歌えたり、難しい曲も、あっと言う間に弾きこなします)


ことお勉強になると、これがとんと・・・ ( ̄~ ̄;) う~ん

全く・・・ /(-_-)\うーん・・・

一体なぜ・・・? ?
なぜなのでしょうかあああ~~~~~~ (ぴあのの雄叫び)


「おなみみくん、きみはできる!できるはずだああ~~~~!」

と、テストの度にハッパかけてるのですが・・・

鳴かず飛ばずとはこのことかといった成績ばかりで。



全く話変わり、画像は、先日おなもみと行った喫茶店でのカフェラテ。
かわいいので、画像アップ☆


   カフェラテ - 90922




あんまりかわいいので飲むの躊躇したのですが、飲むほどにうさぎちゃんがムンクの叫びの
ようになっていきました・・・ (とってもうらめしそうな表情に・・・)







いのちの島=屋久島は >>こちら


今日、夕方お散歩に行きました。

だいぶ陽が短くなって、半月前頃は6時半くらいに散歩に出ていましたが、
最近ではもう、6時前には大きな赤い夕陽が沈むのが見えるようになりました。

今日は夕陽が沈むのと同時くらいに、家を出ました。
きれいなグラデーションの雲が幻想的でした。
一人でのんびり、景色や空をゆったり眺めながらお散歩しました。


昨日は、タリバンと一緒にお散歩しました。
ワンちゃんがお散歩しているのを、二人で 「かわいいねえ~♪」 と言いながら
目で追っていました。

私が、「ピュンピュンがいなくなってからは、特に今まで以上によその子のこと
かわいい って見ちゃうよね」

と言うと、タリバンが、

「今までもかわいいなあ~って見てたけど、ピュンピュンを連れているとやっぱり
ピュンピュンが一番かわいいから(親ばか)。
でも、ピュンピュンがいなくなってからは、よその子見ると、『みんなそれぞれ、
それぞれの家で飼われてそれぞれの犬生(?)を生きていってるんだなあ』って
そんなことを思うよなあ・・・」

と、よその子たちに思いを寄せて、かわいくてたまらないという感じで言いました。


うんうん、私もそう!

ほんとうに、どこの子もかわいい。
みんな、幸せな一生をおくってほしいな。
愛しいなあ~~~ (むぎゅっ☆ ハグハグ♪ なでなで♪ ← 脳内ハグハグ)


わんこがいる生活を何十年も送ってきた私、タリバン。
生活のなかにわんこがいないのは、やっぱりちょっと淋しい。

でも、まだ新しいわんこを迎える心の準備はできていません。
二人の心のなかには、まだまだピュンピュンがいるから。

それに、「わんこを迎えるということは子供を一人ひきとるくらいの覚悟がいる
からね」 と、二人ともその責任の重さも重々承知して、しつくしています。


またいつか、縁のある子がうちに来るかな。
それは、いつかな。
いつかなあ~~~。 (待ち遠しい)


映画、『HACHI』 の予告を何度見てもボロボロ泣いてしまう私です。
(ダメですよね、あれ、もう、ハチが駅でたたずんでいるシーンを見ただけで、
涙涙・・・)

今日は、THU☆AYAで、『マーリー 世界一おバカな犬が教えてくれたこと』 の
予告が流れていて、あまりのわんちゃんのかわいさに人目も気にせず(いえ、
ちょっとは気にしましたけど) 「かわいいいいい~~~☆」 と画面に食い入って
見ていました。

そのうち、予告の進行と共に、人目も気にせず(いえ、ちょっとは気にしましたけど)
涙ボロボロになってしまった私でした。 (ToT) ← かなりアヤシかったかも・・・


犬って、ほんとうに可愛い☆
そして、ほんとうにその存在だけで、いつもいつも私たちを胸キュンにしてくれます。


私は、時々、無意識に 「ピュンピュン」 ってつぶやいてしまうことがあるんです。
そうしたら、タリバンも、実はそうですって。
無意識に 「ピュンピュン」 って、言っていることがあるって。

なんと・・・

アヤシイ夫婦ですが、もしかしたらそんな時はピュンピュンがそばに来ているの
かもしれないなあ って、思いました。

ピュンピュン、会いたいなああ~~~~



>>『マーリー 世界一おバカな犬が教えてくれたこと』








いのちの島=屋久島は >>こちら

今日は気持ちのいい、とてもクリアーな一日でした。

でも、こんなさやわかな日の午後、私はリビングで爆睡してしまっていました。
3時間くらい寝ていたかな。
水晶さんを手に持って、感じていたのです。
そうしたら、寝てしまっていました。


先日届いた水晶さん、この水晶さんが睡眠劇薬のような石さんで、手に持って
感じていたら、いつの間にか意識がなくなるという・・・

届いた当日もそうでしたが、昨日の夜も、手に持っていたらいつの間にか寝て
しまっていて、気がついたら夜中の2時でした。 \(◎o◎)/

おなもみも、昨日、帰ってからリビングでおもいっきり爆睡していました。
何度声をかけても夢遊病者のように起きるだけで、何か寝言のようなことを言って
また爆睡。
それの繰り返し。

仕方がないので気が済むまで寝させていました。
これもたぶん、私の水晶さんが原因だと思います。


今回の水晶さん、今までの光のエネルギー系統と、ちょっと違ったものを感じるのです。
だから、慣れていないので、表面意識を眠らせて光のエネルギーをストレートに入れよう、
繋がろうとする・・・どうも、そういう感じです。

私にとってのその新しいエネルギーは、私に、今まで感じられなかった新しい意識を
感じさせて、芽生えさせてくれています。


昨夜、とても素敵な夢を見ました。
すべての人々が、すべてのことが、調和して、絶えることのない美しい響きと共に響き
あいながら存在している、それはそれは、なんともいえない安らかな世界の夢でした。

私は、これ以上ない心の広がりと、すべての意識とともに調和して、そこにいました。
あのような世界があるということ、そしてその世界の波動を知った経験は、この世の私に、
大きな意識のシフトをもたらせてくれました。


すばらしい石のサポートです。
やはり、ご縁のある水晶だったのですね。


ここ三ヶ月でご縁のあった水晶さん三つで、エネルギー場をつくるといい というメッセージ
があったので、三つの水晶さんを 『三女神』 として、ひとつのエネルギーをつくってもらって
います。

もちろん、個々のエネルギーもありますが、それを超えて、三つでひとつのエネルギーが
形成されています。(三位一体?)

今回来た水晶さんは貴公子という名前だったのですが、女神さまになりました。



  貴公子さんです。でも、女神になりました。
  (中性でしょうか、そのようなエネルギーも感じます)

  貴公子 - 90917




  で、うちの 『三女神さま』 です。
  (ちょっとだけ朝陽にあたっていただきました。キラキラです)


  三女神 - 90917









いのちの島=屋久島は >>こちら


今日は涼しかった・・・というより、肌寒かったです。
今朝、夏のあいだしまっていたカーペットを出して、敷きました。

昨日今日と、朝、念入りにお掃除をしました。
今日、水晶さんが届く予定なので。(届きました)


先日来夢が日記のテーマになっていますが、今日届いた水晶さんは、現実世界と
夢の世界、別々から繋がりがあり、リクエストすることとなりました。

双子座、蟹座、獅子座、と、いつになく連続して水晶をリクエストしてきて、ご縁があった
石たちの、そのどれもがあまりにすばらしく、今、水晶もエネルギーも十分すぎるほど
満足状態でした。


今回の乙女座はピンとくる水晶がなかったこともあり、なんとなく外から眺めている
といった感じだったのですが・・・

途中から突然の突如、

『これぞ私のところへ来てくれなくては!』

と、ある石さんにぞっこん状態になって・・・


そしてまた、数日前に見た夢に、その石さんにものすごく関連性のあるメッセージが
ありました。

実はそのメッセージ(夢)も、私はすっかり忘れていたのですが・・・


朝起きたら、夢ノートに見た夢を走り書きして、そのまま夢を忘れてしまうことが結構
あります。

水晶さんをリクエストする前日、なんとな~く夢ノートをパラパラとめくって少し前に見た
夢のことを思い出していました。
その時はまだ、水晶さんと夢の内容とのシンクロには、全く気づいていませんでした。

でも朝起きて、夢と水晶との偶然とは思えないようなシンクロに気づきました。

「これは、リクエストするしかないのでしょう、きっと。私にご縁があるのね」

ということで即リクエスト。
そして今日、水晶さんが私のもとへご到着となったのでした。


写真でもそうとう美しいと思いましたが、実際は、それ以上!
それはそれはきれいな水晶さんでした。

なぜこんなきれいな水晶が残っていたのか、不思議でしかたがありません。
蟹座のときも遅れ気味リクエストだったのですが、ほんとうにきれいな石で、残っていた
のが不思議でした。


そういった今回のことがあり、昨日、夢日記を過去に遡り読んでみていました。
すっかり忘れていた夢がたくさんありました。

でも、過去見た夢に未来を暗示していることが多々あり、これは驚きでした。

今になって、その夢の内容(当時は何のことだかさっぱり)が、「あの夢はそういうこと
だったのか」 とやっとわかりました。
ちょっと背筋がぞくっとする感じです。

夢の意味がかなり月日がたってからわかるということは、今までにも何度かありましたが・・・


現実世界も夢の世界も、繋がっているのですね。
そのことをあらためて認識しました。


注意深く夢のメッセージに意識を向けていると、違う角度から現実を理解することができる
かもしれません。
また、この世意識が、限定されないこの世以外の意識に広がっていくかもしれません。

そして広がった意識でこの世を見たとき、ふだんなら気づけないことにも細やかに共鳴して、
現象の奥行きを感じとることができるようになるかもしれません。






いのちの島=屋久島は >>こちら


で、また昨日の日記の続きなのですけど・・・

先月の終わりと今月のはじめにまたがり、一週間おきに、二度ピュンピュンの夢を
見ました。

先月の終わりの夢は、ピュンピュンがいて、私はいつもしていたように、ピュンピュン
に私のおでこや頬をすりすりして、「ピュンピュン、だ~い好き♪」 と言っていました。

三次元の感覚と全く変わることなく、ピュンピュンの毛のやわらかさやピュンピュン
の感触が、そのまま感じられました。

でも、しばらくすきすきしていると、「またあのつらい別れをしなければならない時が
くるんだ・・・いつかまた・・・」 と、悲しくなってきて・・・、それで、目が覚めました。


今月のはじめに見た夢は、私とおなもみとピュンピュンとで、お散歩していました。
ピュンピュンはいつものようにかしこく、わたしたちのそばにくっついて歩いています。
「ピュンピュン、かしこいねえ」 と何度も声をかけながら、お散歩していました。
これも、いつもの光景でした。

で、お散歩から帰って、タリバンと、「今度は苦しませたくないね、天国に行くときは
やすらかにいかせてあげたいね。どうしたらいいだろう。どうしたら・・・」 と話している、
そんな夢でした。


ピュンピュンが亡くなるときの苦しみようは、しばらく、かなり私の神経をまいらせて
しまい、尾を引きました。
もちろん、ずっとまいっているわけではありません。

すべてを受け入れて、もう、大丈夫になりましたが、まだ、残っているのですね。
すっかりクリアーになれるものではありません。
仕方のなかった、どうすることもできなかったことだけれど・・・
で、夢で見ちゃうんですね。


ここでちょっと話がズレますが、やはり夢のお話です。


もう2ヶ月くらい、毎晩夢を見続けています。
それは、いろんな夢で、毎晩毎晩、た~~~くさんの内容の夢を見ます。
とてもおもしろいです。

いつも眠り始め、別次元とこの世両方に意識がある状態で、この世にいながらいろんな
次元のビジョンを見るのですが(これは毎晩おきまりです)、最近おもしろいことを発見
しました。


時間について、ですが、時間って、横軸と縦軸(奥行きといったほうがいいか・・・)が
あるということです。
横軸を流れている時間(この世感覚)の一点一点で、実は垂直に縦軸(奥行き)時間が
あるということです。

今、この一瞬に、膨大な無限の時間があるということです。
そのことを、ここ最近、眠り始めのビジョンで体験します。

はじめそれを体験したときには、「え!?今のなに??」 っていう感じでした。
(それはとても言葉で説明できないのですが・・・ ビジョンではリアルに体験します)

それから時々、そのような体験をするようになりました。
一瞬のなかに、永遠の時間がある・・・


夢やビジョンは、この世の意識だけでは到底感知できない世界に繋げてくれるようです。
それは、奥深く、奥深く・・・どこまで奥深いものなのか。
知るのは楽しいです。
自分のなかの可能性が、どんどん広がっていく感覚があります。


今夜は、どんな夢を見るでしょうか。







いのちの島=屋久島は >>こちら


先日の日記の続きです。

タリバンは、まだピュンピュンが亡くなってから、一度もピュンピュンの夢を見ていない
のですって。

私は、亡くなって一週間目、それから、三十五日が過ぎてお盆明け。
それから、先週と先々週(ちょうど一週間おきに)、ピュンピュンの夢を見ました。


初七日の時に見たピュンピュンは、いつもと変わりなくいて、私も、ピュンピュンを、
いつもと変わりなく 「かわいい♪」 と言いながらなでている夢でした。


お盆明けに見たときは、その夢のなかで私は、言いつけを守らない生徒達を叱って
いました。

夏休み、どうなるのってくらいてんてこまいに仕事が忙しかったので、お盆明けてまた
あの状況がやってくる というちょっとした気持ちのピリピリ感から、そんな夢を見たの
だと思います。

私が子供たちに声を荒げているとき、ふと見ると教室の入り口にピュンピュンが・・・
ピュンピュンは、穏やかそうな顔をして、微笑んでいるような感じでこちらを見ていました。


そこで目が覚めました。
目が覚めなければ、ピュンピュンをなでなでできたのに・・・
と、目覚めたことに残念感が残る私でした。


でも・・・


ピュンピュンはこの世では、私が少しでもイライラオーラを出していると、私から遠ざか
ってとなりの部屋へ行くか、ドアが閉まっていてどこにも逃げ場がなければ、部屋の角
の壁にピタッとくっついて、能面のような顔をして、気配を消して、(いえ、実際には消え
てないですけどね・・・笑)

「ピュンピュンはいません」

状態を必死でつくり出していました。 (その様子がまた、かわいくておかしいのです☆)


怒りのオーラを爆発させている私のそばで、穏やかに微笑むような顔をしてこちらを見て
いるなんて、この世にいる時では考えられません。


夢から覚めて、

「ピュンピュンは、天国にいっちゃったんだなあ。
ちゃんと天国で幸せにしているんだなあ・・・
この世の意識ではない、ピュンピュンの大きな意識で、私を見ていてくれるように
なったんだなあ・・・」

と、思いました。


三十五日やお盆や四十九日が、わんちゃんにもあるのかどうかわかりませんが、お盆
が明ける前の夜、寝ていたら、きゅうにピュンピュンのにおいがしてきました。

あまりにリアリティがあるので、ピュンピュンがそばに来ているのだと思いました。

「もう、天国に帰るからね」

そう言いにきたのではないか と思いました。
お盆だから、来てくれていたのかな。
それとも、それまでずっと、家にいたのかな。


タリバンもおなもみも、私も、目に見えないピュンピュンの存在を感じるとても不思議な
現象を、今までに何度か体験しています。


ピュンピュンは生前、私たちの思っていることをテレパシーで感知して動く、すごく勘の
いい子でした。

今、肉体を脱いで軽やかになった意識で、より一層、私たちの心を感じてくれているの
かしら・・・
そんな気がします。


私たちも三次元の意識の束縛を解いたら、次元を超えて、ピュンピュンに会えるかな。







いのちの島=屋久島は >>こちら


あんまり夢を見たことのないタリバンが、夢を見たらしいです。

その夢とは・・・

私とタリバンがお散歩していて、少し向こうに草むらが・・・

タリバンが、
「あの草むらのなかから子犬が出て来るような気がする。
そうしたらきっと、その子はピュンピュンの次にうちに来る子だ」

と、思っていて、そうすると・・・

草むらがガサガサとゆれ始めて、そこから出てきたのは一匹の黒いわんちゃん。
その子はおなかが大きくて、もうおっぱいもだいぶ大きくなっているのですって。

タリバン、「このおなかの中にピュンピュンの次に来る子が入ってるのか・・・」

と思っているところで、夢から覚めたらしいです。


おお~~、実際次元ではどうなのかわかりませんが、別次元ではもううちに来る子
が生まれようとしている(?)のでしょうか。


私は、わんちゃんがいる生活を30年ほどしていました。
私が直接飼ったのはピュンピュンが三匹め。

その他に、私が拾って、まだ結婚前のタリバン家で飼ってもらった子や、その子の
子供、そういう縁の深い子を入れると、わんちゃんとの付き合いは五匹になります。


どの子もどの子も、別れはつらかったです。
特に、病院で死なせてしまった子のことは、後悔ばかりしてしまいます。
少しでも良くなってもらえたら・・・
そんな必死の思いで病院に預けたのに・・・

寿命ならば、どんなにわんちゃんが苦しんでも、家で介護してやるべきだと思います。
わんちゃんにとっては、飼い主の側が何より一番。
病院の狭いゲージの中で、淋しく死んでいった子のことを思うと、ほんとうに今でも
つらいです。


その子は腎臓が悪くなっていたらしく、今思えばピュンピュンと同じ病気だったのだと
思います。
ピュンピュンが腎不全とわかったとき、ネットで犬の腎不全のことを調べました。

即入院してください と言われて、24時間点滴の治療をする先生も少なくないようでした。

ピュンピュンの先生は、
「飼い主さんが、ピュンピュンちゃんをしっかり看取ってあげてください。 」 とおっしゃい
ました。

もとより延命などはしないつもりでしたが、先生の言葉がしっかりと心に響きました。


もう、助かる見込み、よくなる見込みがないのなら、家で、飼い主のそばで。
それがわんちゃんにとって、一番のことですよね。

少しでも長生きしてもらいたいというのは、人間のエゴ。
つらいですけど、延命治療などせず、覚悟を決めて、たくさんたくさん残りの時間を一緒
にいてあげる。

どんなにわんちゃんが苦しんでも、一生懸命お世話する。
わんちゃんに、今までの恩返しをする。


でも、ピュンピュンの亡くなり方は、あまりに苦しみすぎました。
そういう亡くなり方をしたので、私もタリバンも、次の子を飼うのはまだまだ、
「ちょっと勇気がでないね」
という感じです。

でも、いつか、我が家にまた縁のあるわんちゃんがやってくるのだ・・・と、思っています。

だって、二人とも、めっちゃくちゃな犬好きなのですもの。
あ、おなもみも☆


わんちゃんを一匹看取るたび、また、飼っていたわんちゃんの思い出話をするたび、
「ああ、飼いきるって大変なことだね・・・」 と二人でしみじみ話します。

でも、

その大変さは、かけがえのないかけがえのない幸せなのです。
そして、たくさんの無条件の愛をくれて、そのあなたたちの愛に共鳴して、たくさんの
無条件の愛が私のなかにもあることに気づかせてくれました。

大切なことをたくさん教えてくれて、大切なことをたくさん学びました。


今まで癒してくれた子たち、ほんとうにありがとう☆

そして、またいつかうちにやってくる子がいるなら、今からありがとうって言いたいです。






いのちの島=屋久島は >>こちら


昨夜の満月、とてもきれいでした☆

水晶さんたちを月光浴。
私もベランダに出て、水晶さんと一緒に月光浴。

・:*:・(*´ー`*)・:*:・ ← 月光を浴びてベランダでうっとり変人してました。



朝起きて、今度は水晶さんたちに朝陽のエネルギーを浴びていただきました。

陽にあててはいけない水晶さんたちにはのいていただきましたが、ちょっとだけ、
と、先月いらしたローズクオーツさんを、朝陽に透かしてみました。


その、きれいなこと!

ローズクオーツに浮かび上がる一点の光から、あちらこちらに光のラインが走って
いました。

まるで、ローズクオーツそのものが、内なる光を発しているかのように見えました。


そのすばらしい美しさに感動して、陽にあててはいけないということを重々承知の上、
しばらく石を太陽にかざし、あちらこちらの角度から見とれていました。
『愛と光』 の世界を、視覚と感動で体験しました。


『愛と光』、言葉にするだけでその波動が満ちて浸透してきますね。
そして、深奥に内在している愛、光と 響きあいますね。

そして、愛の石であるローズクオーツは、『愛』 というかたちのないものを、かたち
にして、見せてくれているように思います。


どこまでもやさしくやわらかな癒しの色。
そのピンク色は、宇宙がつくったピンク色です。
人の手でつくられたものではありません。

宇宙からの贈り物です。
『愛』 をどうぞ という贈り物です。
そして 『光』 も、宇宙からの贈り物です。


今朝、小さなローズクオーツのなかで放射して輝く光を見ていると、

「何をそんなに思い煩いますか。
何をそんなに守り通そうとしますか。
どこを見ていますか。

すべてはここに在るのですよ。
やすらぎも。
やさしさも。
美しさも。
慈悲も、慈愛も。
愛と光のなかに。

そして、”ここ” は、あなたの奥深くですよ。
あなたの源なのですよ。
ゆったりと意識を解放してあげてください。
すべては ”ここ” に、宇宙に守られてありますから。

それから、三次元のあなた自身も、宇宙からの贈りものなのですよ。
そのことを忘れないで・・・」

そんなふうに、石のバイブレーションを通して、メッセージが伝わってきました。


すべての人の愛と光が、輝きますように・・・



今朝撮った写真、お披露目します☆ きれいでしょ?
でもほんとうはね、もっともっとも~~っと、きれいだったの♪

光のローズクオーツさん、ぴあの宅二階の出窓にて。


  ローズクオーツ - 90906








いのちの島=屋久島は >>こちら


昨日から学校が始まり、またいつもの日常が戻ってきました。

夏休みはやっぱり、忙しい~~~~
仕事も忙しければ、家事も忙しい。
なんたって、毎日お昼ご飯しなきゃならない。
自分ひとりなら、てきとうに何でもつまんでいればいいのだけど・・・

その上、おなもみがあそこへ連れて行けだのここへ連れて行けだの。
夏休み最後の日も、午前中の仕事のあと、

「仕事終わったの?」 待ってました☆

とばかりに、昼前からおなおもみにお寺参り巡りに連れ出されました。

先日、阿弥陀如来さまの仏像を見て気分が悪くなったばかりなのに・・・
また仏像、見に行くの? 今日はどこの仏像?


ところで、その気分が悪くなった日ですが、結局おなもみは夜まで頭が痛い、
頭が痛い、と言っていました。

お仏像を見た後かなり気分が悪くなったようなのですが、そちらのほうは帰って
休んでいたら、良くなったようです。

タリバンと、「なんか異様な感じだったよね、あの時」 と、二人で、仏像を見た時
のことを何度も話し合っていました。


おなもみ、思いつく限りのあらゆる浄化をして、水晶でつくったエネルギー水を
飲んで(これ、あらゆる ”こと” によく効くんですよ)、「これでよくなるかな?」

「そうね、ここに座ってごらん」 と、それから私がおなもみをヒーリング。

ところが・・・

ヒーリングをしたとたん、こちらに来ちゃいました。頭痛。 (ToT)


「痛い・・・」

頭を押さえはじめる私。


おなもみはといえば、つい先ほどまで頭を押さえていたというのに、

「治っちゃった~~♪」 と、元気元気。 信じられな~~~い。 (~o~)

私は、頭を押さえながら、「もう~、信じられな~~い。こっちに来たの? (>_<)」

私も、なんとか次の日(昨日)には頭痛も治まり、ふつうに戻りました。
一体何だったのかなあ~? ほんとうに不思議です。


今日は、午前中お掃除をたくさんして、すっきり。
心身ともにクリアーで、気持ちのいい一日となっています。

で、なんのかんの言って、おなもみがいないとちょっと淋しい私です。



が!!!!! (ここから、予定外の日記ですっ)


この日記を書いていたら、同業者の先生からお電話。
内容は、信じられない保護者さんのお話。
先生は、怒りでテンション上がっていらっしゃる。

その内容たるや、ほんとうに、「信じられな~~~い!そんな人いるのねっ!!」

世の中には、ほんとうにいろんな人がいます。
私も、お電話の内容を聞いて、「へえええ~~~~~~~」 と、あきれっぱなしでした。

そういう保護者さんに育てられた子は、将来どう育つんだろ・・・
子供は純粋なのにね。
そのうち、親の価値観に染まっていくのかな。


まあ、いろいろありますね。


私、でも、最近よく思うんですよね。
この世に生まれてきているだけで、すべての人が愛しいなあ って。
生きていくのって、大変だったりするじゃないですか。

それぞれの人のそれぞれの学びは、個々にあり、十人いれば十人大きく違いますね。
その人なりに、一生懸命その人その人の学びを生きているのですよね。

そう思うと、どんな人にも、愛を感じます。
頑張ってね、って、思います。


すべての人が、どうか、気づきますように。
何のためにこの世に生まれてきたのかを。
光の世界があることを。







いのちの島=屋久島は >>こちら


ぴあのサファイア

Author:ぴあのサファイア

水晶、女神、天使と交流します。すべてのいのちとの調和を望みます。天の光と、私たちに内在する光の意識が呼応し、響きあい、この地上が光の世界となりますように。


08 | 2009/09 | 10
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 - - -
左上の青いボタンクリックで再生します

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。