2010 / 05
<< 2010 / 04 - - - - - - 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 - - - - - 2010 / 06 >>

今日は一日雨でした。

おなもみは部活がお休みで、朝からテスト勉強をしています。
今も、タリバンに数学と理科の特訓をしてもらっていました。

今日は仏像彫刻教室の日でしたが、テスト勉強もあるし(もうすぐ中間テスト)、
先週修学旅行で四日間ほどピアノが弾けていなくて、ピアノの練習もしたいしで、
教室をお休みしました。


私は、水晶祭りの写真がどどっと送られてきたので、水晶祭りページの準備を
していました。
きれいな水晶たちを見ていると、心が澄んでいくようです。

最近のページづくりの時のBGMは、リベラのアヴェマリアです。
なんともいえずきれいで心が洗われます。


大雨のなか、あちこちお買い物にも行きました。
夕方はレッスンがあったり、なんか忙しい一日でした。


今日、ネットサーフィンをしていて、素敵な画像を見つけました。
先週の日曜、金星と月が大接近したらしいのですが・・・(知らなかった~~~)

そのなんとも幻想的なそれらの写真、ぜひみなさまもご覧になります?


   『ほしぞら情報』というサイトより

   宵の明星「金星」が夕方の西の空で明るく輝いています。
   今月は、先月よりも日の入後の高度が高くなっていますので、
   見つけやすいでしょう。
   明るさもマイナス4等と、さらに明るくなってきました。
   16日には金星のすぐ下側に三日月よりも少し細い月が並び、
   とても美しい光景になります。
   日本では、金星と月が接近する様子しか観察できませんが、
   東南アジアでは、金星が月にかくされる「金星食」が観察できます。
   月はだんだん金星から離れていきますが、20日には火星と近づきます。

(ちなみに、日本で「金星食」が見られるのは、2012年の8月14日らしいです)


そしてしかも!
その日は同時に、なんとスペースシャトルと国際宇宙ステーションが一緒に飛んでいるのも
肉眼で見る事が出来たのだとかっ!
見たかったなああ~~~~(時すでにかなりそうとう遅し・・・)

めっちゃくちゃきれいですよ~~。
感動です☆
必見です☆


>>こちら から、たくさんの方が写真に撮られている画像を見ることができます。

各写真をクリックして、さらに、飛んだページの写真をクリックすると、大きな画像で
見ることができます。(神秘的ですう~~♪)
これだけ接近するのは数年に一度のことだとか。







いのちの島=屋久島は >>こちら


先日、疲れがひどくてめちゃくちゃヤバイと書きましたが・・・

実際、ヤバかったのですっ。(>_<)

金、土、そして今日の午前まで、ひどい頭痛に見舞われておりました。
昨日はそんななか一日仕事で、まいりました。


木曜、お友だちのてんちゃんがお茶しに来ました。
そのとき私が疲れて少し頭痛気味と伝えてあったので、いちごやらシュークリーム
やら、レトルトのおかゆなど買ってきてくれました。

そのレトルトおかゆが、この三日、大変重宝しました。
持つべきものは友~☆


今日の昼過ぎから頭痛が抜け始め、そうすると俄然動きたくなり、掃除、洗濯、
最高のお天気なのでブランケットも洗いました。

そんなふうに動きながら、こうして元気(じゃないんだけど)に動けるというのは、
なんとありがたいことだろうと、しみじみ思い、何度も感謝しました。
ありがとうございます。
(と、何度も、誰に伝えるでもなく感謝の想いを伝えました)

(だから誰に?)

(さあ・・・わかんない)


夕方は、タリバンと一緒にぴゅんぴゅんのお散歩に。
こういう日常が、なんともいえず幸せですよね。
また、ひたすら感謝なのでした。


   ぴゅんぴゅん、大きくなりました。14キロあります。

   ぴゅんぴゅん - 100516




その時その時は、その時しかないのですよね。(あたりまえです)

お友だちとのお茶の時間も楽しかったし、頭痛もしんどいけど健康のありがたさが
わかるし、どんなに頭が痛くても、教室にやってくる子供たちには精一杯接したい。
精一杯接したいと思うと、今すぐ倒れます頭痛が、なんとか一日持つから不思議。

すべてのことに、感謝したいです。


下の詩は、はじめて読んだ時感動で涙した詩です。
どなたのものかというのは、もしかしたらご存知の方もいらっしゃるかも。

リンクもはらずにご紹介させていただきます。(すみません)

 
   『宇宙で一期一会の出会い』

   私たちは、遥か遠い昔から歩き続け、
   ようやく、この時代に辿り着きました。

   この宇宙のサイクルの節目を、体験するがために。

   その道のりには、その道の傍らには、
   必ずといっていいほど、誰かが接触してきました。

   私たちは、かつて、ひとりきりで居たことはあったのでしょうか。


   決して避けることの出来ないイベントを、度々通り抜けます。

   それは、あなたひとりで乗り越えることは出来ない壁でした。


   あなたは、私自身を知るために、
   あなたに似たものを、数多く、道の傍らに配してきました。

   それは、必然的に意図したことでしたが、
   心に感動と衝撃を与え、気づきの感覚を思い起こさせるように、
   偶然の出来事として、忘却の彼方に追いやりました。


   偶然だと想うが故に、時として、
   私たちは、感謝の想いを忘れてしまいます。

   この世界では、言葉に出して伝えなければ、
   相手にはなかなか伝わらない。

   想ってはいたけれど、言葉にしてみようと想ったときには、
   すでに、あなたはこの世界に居なかった。

   きっと、違う世界で、いまも、
   私と同じ時間を生きているはず…

   今頃、あなたは、私たちの太陽系を超えて、
   遠い外宇宙へと行ってしまったかもしれない。

   感謝の言葉を述べたかったけれど、
   もう、あなたには届かないのでしょうか。


   私たちは、ようやく、新しい世界に辿り着きます。

   多次元領域に踏み込んだからには、もう言葉はいらない。

   テレパシーで、以心伝心で伝わるはず…

   どんなに遠く、宇宙の彼方に離れていっても、
   私の意識は、多次元領域にチューニングされたので、
   「ありがとう」が、一瞬で、宇宙の隅々にまで伝わってゆく。

   宇宙は即座に、あなたに向かって「ありがとう」を何倍にも増して送り返す。


   いつか、出会ったあなたが、テレパシーで交信してきました。

   「心配しないで! わたしは元気でいるよ」


   私たちがいま、生きている時代とは、こんな時代です。
 
   宇宙は、どこまで遠く離れていっても、
   “悲しみなんて何処にもない” と答えてくれます。

   もう、これからは、宇宙で迷子にならないように、
   もう一度、創造主と手を繋ぎましょう。

   私たちは、偶然だと思い込んでしまうが故に、
   大切な出会いに気づかずに、忘れてしまいます。

   縁ある人とは出会う、とは申しましても、
   宇宙で、次に再会する確率は如何ほどのことでしょうか。

   宇宙の進化のために出会った、すべての魂にありがとう。

   一期一会を大切に…







いのちの島=屋久島は >>こちら


昨日、朝から研修、午後からは夜遅くまで仕事、すごくハードな一日だったからか、
昨夜から疲れがすごくて、今日も疲れがとれず、なんかめちゃくちゃしんどいです。
ヤバイくらいです。
もう、意識もぼけぼけで、私、大丈夫かしら~~~~(~_~)


ところでです。
タリバンが、最近いろんな人から熱くアヤシイ(?)話を語られるそうです。

仕事先でのこと。
あるおじさんが、きゅうに「これから世界は崩壊していく」という話をし始めたそうです。

タリバン、ふんふんと聞いていたら、そのおじさん、タリバンは話のわかるヤツだと
思ったようで、「これからの世界を生き抜いていくために」みたいな何ページにも
わたる冊子(おじさんがパソコンで打ったらしい)を、

「ぜひこれを読んでみてほしい!」

と、タリバンに渡したのでした。

タリバン、今度会った時に感想を言わないといけないから、と読んでいました。

私もチラッと読んだところ、どうもアセンションのことみたい?
でも、かなりなネガティブ系で、カルマがどうのとか、土地の因縁がどうのとか、そんな
話が満載で・・・(とてもアセンションできそうにないような重い内容だった)


そして、タリバンの幼馴染のS君がまた先日、

「ぼく、カッパを見た!」

という話を突然タリバンに熱く語り始め・・・

S君は、子供の頃から霊感があって、いろんな目に見えないものを見ている人です。
そのS君、近所の川原でカッパがいたので、気になって祠をつくったんだそうです。
で、お酒をおまつりしたりしていたら、

なんと!

S君、治る見込みがない病気中の人なのですが、その病気が快方に向かいだした
とのこと!
そのうえ、仕事もきゅうに順調になってきて、この不景気に仕事がどんどん入って
くるようになってきたとか・・・

で、タリバンに、「Y君(タリバンのこと)もその祠におまいりするように」、って心から
お誘いしてくれるのです。
今日も電話がかかってきて・・・

タリバン、S君の熱心さに根負けして、明日S君とその祠に行くことになったそうです。


だ・・・

大丈夫かなあ・・・

ヘンな霊とかじゃないですよね???

タリバンに、「ヘンな霊を連れて帰らないでね」と言っているのですが、もしタリバンに
ご利益があったら私もおまいりに行こうかなと・・・o(^-^o)(o^-^)o ヾ(-_-;)ヾ(-_-;)  







いのちの島=屋久島は >>こちら


今日は連休明け。

おなもみは、先週の金曜も学校が休みだったため、プチ春休みのようなGWでした。
日曜には試合があったけれど、その後は部活もなく、お休みを満喫できたみたいです。


でも、お休み満喫中でも、これだけはきちんとやる ということがあります。
それは、ピアノの練習。

おなもみは、できる限り毎日ピアノの練習をします。
小さい頃から、ずっとです。
なかなか、それはすごいことだなあと思います。


ほうっておいてもやるし、何でも弾いてしまうので、実は私はおなもみのレッスンを
ほとんど見てやっていません。

私は、生徒さんだけでお腹満腹。(というか、お疲れ満腹)
自分の子供までみようという気が、なかなか・・・

初めての曲のときに弾いて見せてやるくらいで、弾いている音が違っているのを
聴くに聴きかねてレッスンするか、おなもみにせがまれてみてやるか・・・
ときーどき、気が向いてレッスンするか・・・

あとは、発表会前に、詰めてレッスンするくらいです。


もうすぐ発表会なので、そろそろレッスンをみてやらないと、と、昨日は濃~い
レッスンをしました。

シューマンのソナタ2番は、かなりな難曲。
まだまだおなもみには、音楽を表現するということに、没頭できません。
最初の一音から最後の一音まで、なかなか意識を繋げることができないのですね。

本人も、集中が途切れて、「怖い」と言います。
弾きとおすことはできても、まだまだ音を外すし、音楽的に、どう弾いていいのか
模索以前の感じで・・・


その、「怖い」という感情は、私も学生時代体験したことがあります。
だから、おなもみの気持ちはとてもよくわかります。

(怖いというのは、文字通り「怖い」という意味ではないのです。ある感覚的な
ニュアンスなのですが・・・)

でも、レッスンしていると、どんどんのってきます。
「怖い」という意識も、曲の魅力、演奏することの魅力にはかないません。
怖さなんて、すぐに楽しさに変換されます。


そして、

「この旋律を感じて」
「このフレーズを感じて」
「この半音を感じて」
「この音を感じて」

技術的なことは当然ですが、レッスンをしていて気がつくのが、「感じて」という言葉が
圧倒的に多くなることです。

それから、「一音一音にいのちを込めて」「一音一音に魂を込めて」という言葉。

「ハートで弾いて」「心で弾いて」の言葉。


ぴあの、ふと気がつきました♪

日常生活においても、人生においても、
上の言葉のそれぞれが、その都度その時、その場、そのシーン、その出会いに、あてはめ
られるといいなあ~~、と、思いました☆ (゜ー゜*)。

人生は、壮大な交響曲ですものね。







いのちの島=屋久島は >>こちら


さわやかなGWですが、お休みもあと二日となりました。

私は、金、土と仕事でした。

その上、金曜は、かる~い頭痛、土曜は、う~ん・・・な頭痛(でも、お仕事がんばる)
そして昨日、日曜は、倒れておりました。(一日お布団のなか)

今日も頭痛でしたが、まあまあ、マシになりました。

せっかくのGW、あと二日はクリアーに過ごしたいです。(出かけたい所もあるし)


今日は、おなもみが昼から私の妹の所に遊びに行っていて、夜もお泊りなので、とても
の~んびり、静かな一人の時間が持てました。

夜は、タリバンと夫婦水入らず、あ、いえ、ぴゅんぴゅんがいました。
(ぴゅんぴゅんは、タリバンにあまえまくり)


先日、いろんなところで 「いい」 と紹介されていた、バシャー○×本○健さんの本を買い
ました。

今日、読み終わったのですが、話が結構物質的なこと中心だったので、少し退屈で、
文字がなかなか頭に入ってこなくて、何度も読み返したり・・・
(私は、です。いろんなところでは「すごくいい」と好評です。アマゾンのレビューもみなさま、
評価高いですよ)


バシャー○は、精神世界を学びまくっていた頃の私のバイブルでした。
バシャー○に出会ったとき、すごい!と思いました。
とにかく、新鮮でした。
何度も何度も、読みました。
その頃の私のバシャー○の本は、線引きだらけです。

今日読み終えた本のなかでは、最後の最後で、パラレル・ワールドの話になりますが、
やっぱりそちら方面の話になると、俄然、私もふむふむ、と、興味津々でした。


2010年から2015年の5年間が、パラレル・ワールドへのシフトにおいて、非常に重要な
時間だそうです。

ちょうど2012年あたりを境にして、いまは一本でしかないエネルギーの光線が、人間の
集合意識を象徴する、ある特殊なクリスタルに当たるそうです。

光線がそのクリスタルに当たると、さまざまなパラレル・ワールドに分化していくことになり、
独特の周波数を持ったたくさんのパラレル・ワールドが、2015年から年を追うごとに加速
しながら、おたがいから離れていくのだそうです。

ついには、自分の波動が選んだひとつのパラレル・ワールドしか体験できなくなるということ
です。

人々の周波数によって、行くパラレル・ワールドが違うということだそうです。

いまはまだ、すべての列車がひとつの駅に向かって走っているのですが、2012年からは、
路線が切り替わります。

そして、2015年からは、別々の線路を走り、別々の方向へ向かうことになるそうです。
しばらくの間、新しい列車に乗り換えることは可能ですが、最終的にはおたがいに乗り入れ
のない状態になるそうです。

分化のスピードが速まるこの5年間の早い段階から、「自分の乗りたい列車」に乗っておく
こと。
すべての列車が駅から出発してしまったら、乗り換えはまず難しくなるということです。


じゃあ、じゃあ、家族や親しい人でも、意識が違えば同じ列車には乗れなくなるの・・・?
別れなければならないの・・・?

その辺のことは、気になる方は本で読んでみてください。
ちょっと、物質次元どっぷりだと、ドキっ とすることも書かれている・・・カモ・・・?
(タイトルは、『未来は、えらべる!』 です)


この本には、買った人だけが読めるバシャー○と健さんの対談オマケがついています。
なかなか、お買い得な本かもしれません。(パソコンからダウンロードするの)


列車、情熱ワクワク100パーセント号に乗車したいと思います。

ワクワクの割合が、どの列車に乗るのかを決めるそうです。
自分の情熱を50パーセントしか生きていない人は、50パーセントの列車に乗り、自分の
情熱が50パーセントしか実現されない現実を生きるのだそうですよ。

情熱100パーセントの人は?(想像しただけで、ワクワクですね♪)







いのちの島=屋久島は >>こちら


ぴあのサファイア

Author:ぴあのサファイア

水晶、女神、天使と交流します。すべてのいのちとの調和を望みます。天の光と、私たちに内在する光の意識が呼応し、響きあい、この地上が光の世界となりますように。


04 | 2010/05 | 06
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
左上の青いボタンクリックで再生します