2011年12月 / 11月≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728293031≫01月

2011.12.25 (Sun)

緊急メッセージ


メリークリスマス☆

みなさま、どのようなクリスマスをお過ごしでしたでしょうか?

私は、光いっぱいのクリスマスでした。
なにか、昨日から、気持ちのいい光に包まれています。
やっぱり、クリスマスだから?
同時に、新月ということもあるのかもしれません。


長らくこちらを放置していました。

今度書くテーマは、決めていました。
でも、なかなか時間がなく、書けませんでした。


ご紹介したい本があります。


Twitterで、フォロワーさんからご紹介いただいた本です。
内容が、とても興味ひかれるものでした。

アマゾンで購入し、読んでいたら、おなもみに横からとられてしまいました。
おなもみは、一気読み。
その後主人が、一気読み。
結局、忙しくてなかなか読む時間のない私が、後でゆっくりと・・・


【動物からの死のメッセージ】 という本です。


韓国で話題の本を、紹介いただいたフォロワーさんが翻訳をされ、日本でも出版
されました。

これは、ほんとうに、ほんとうにすばらしい本ですので、多くの方に読んでいただき
たいです。

動物たちから、私たち人類への緊急メッセージです。


『なぜ、地震のような惨事を経験しなければならないのか?』


もし動植物が人間に話しかけることができたなら、彼らは人間に何を話すでしょうか?

韓国のある瞑想学校で、深い瞑想を経て動植物の精霊と交感することができるように
なった六人の方が、動植物から受け取ったメッセージを伝える本です。


本のなかから、紹介したい部分に付箋を貼り付けていっていたら、膨大な数になって
しまったので(だって、どこも外せない)、細かな紹介は、あきらめます・・・。(T_T)


序文のなかからのご紹介と、メッセージの一文を紹介させていただきます。

すべてのメッセージは、ぜひ、本を読まれてほしい。


『序』 から

  この本の内容は、虚構ではありません。
  その声がどこから聞こえてきたものであろうと、この本で語られていることは真実です。

  動植物たちは、彼らのメッセージが人間の間に広がっていくことを切実に願っています。

  彼らは言っています。
  自分たち動植物が経験している苦しみは、近い将来、人間にそのまま返っていくはずだ
  と・・・。

  また彼らは言っています。
  人間が目を覚まして自然と共に生きるなら、まだ希望があると・・・


メッセージは、蜜蜂、北極グマ、アマゾン、蛇、クジラ、豚、牛、犬、鳥、チンパンジーからです。


それぞれの動物たちから、重要なメッセージと、人間が知らない真実が語られています。

これは、知るべき真実です!

(本からのエネルギーと、私の直観により、真実と確信しています)


今、目覚めようとしている方には特に、この本を読んでいただきたいです。
また、ライトワーカーの方。

今以上に意識が変わることは、間違いありません。


  動物や植物た伝える警告のメッセージに含まれている、人間に向けられた愛の言葉を
  心に刻まなければなりません。

  時間はもう残りわずかです。
  私たちが出会い、愛を実践するための時間は。

  人間の愛、昨今の問題への覚醒とそれに対する積極的な働きだけが、皆を生かすこと  
  ができる道だということを伝えたいのです。

  解決の鍵を握っているのは、結局は人間だということを。
  人類の生存は、人間に委ねられているのです。

          
上は、文中、アマゾンからのメッセージです。



  『今、地球は断末魔の危機に立たされています。
  地球上のすべての生物が知っているこの真実を、人間だけが知らないのです。』



>>【動物からの死のメッセージ】Amazon のページです



別に、宣伝を頼まれたわけではありません。

ほんとうに、ぜひ読んでいただきたい本なので、私が個人的に紹介しています。
アフィリエイトでもありません。

この私の日記から、なにかエネルギーを感じられる方は、ぜひ、お読みください。








ぴあのTwitter >>piano_sapphire








00:00  |  スピリチュアル  |  TB(0)  |  CM(0)  |  EDIT  |  Top↑

2011.12.09 (Fri)

最終部屋




   この世に生を受けました。

   今まで、どんな境遇であろうと、一生懸命生きてきました。



   でも、生き続けていくことができませんでした。



   どうか、お願いです。

   手を合わせてあげていただけませんか?


      >>こちらから









   ぴあのTwitter >>piano_sapphire








00:00  |  動物愛護  |  TB(0)  |  CM(0)  |  EDIT  |  Top↑

2011.12.04 (Sun)

浄めを生きる


今日は素敵な体験をさせていただきました。

ツイッターのフォロワーさんに、ある聖地でお祈りをするので、波動を合わせてみて
くださいと、メールをいただきました。


時間をお聞きして、その時間、瞑想しました。

最近は時間がなくて、瞑想するのは久しぶりでした。


とてもきれいな光に包まれ、急激に眠気がきて、そのまま眠りに入ってしまいました。


kimiさんは祈りを越えることをおっしゃいますが、よほどの人でない限り、そこまでの
意識に到達できることは、なかなかだと思います。

kimiさんほどになると、意識がもう光ですから、わざわざ祈りをする必要はないです。
神様がお祈りするなんて想像できないですが、kimiさんに関してもそういう感じですね。


紹介いただいた方は、普通の人(?)にしては、めずらしく(?)エネルギーがきれいで、
ツイッターでの繋がりしかない方ですが、はじめお話したときから、エネルギーがすーっと
通る方だなあ、こんな人めずらしいなあ、と思っていました。


そんな人、初めてだったんです。
なにか、とても感じるものがありました。
そうしたら、日々の祈りに身をおいていらっしゃる方だったんですね。


私も以前に少しご縁のあった団体なので、光に同調しやすいということもあると思います。
とても素敵な体験をさせていただきました。

波動を合わせていたときのビジョンも、素敵でした。
霊団の光が、大きく広がっていました。
天に、その霊団を見守る方がいらして、さらに強い光をその霊団に送っているのが見えて
きました。


この地球が、純粋に祈られる方達の光に応えて癒えてくれるといいな。
混沌とした意識を生きる人たちが、純粋な方々の意識の波動に、少しでもその内意識が
呼び覚まされるといいな。


私も、意識をしっかりと天に向け、浄めを生きるようにしていかなければ、と、改めて心に
誓いました。


一人一人の意識が、純粋さに還りますように。
宇宙の意識に還りますように。
光に還りますように。


そう願わずにはいられません。








ぴあのTwitter >>piano_sapphire








00:00  |  スピリチュアル  |  TB(0)  |  CM(0)  |  EDIT  |  Top↑
 | BLOGTOP |