2012 / 06
<< 2012 / 05 - - - - - 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 2012 / 07 >>

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

今日は私の誕生日でした。

ツイッターのフォロワーさんが、「ローソク何本立てましょうか?」って
言ってくださったんだけど、私は永遠の時を生きているので、いったい
今何歳なのかわからないんです。(まじめ)

今日は、紹介したいメールがあるので、こちらに転載します。
もう8年も前に、おなもみのことを相談して、光のkimiさんにいただいた
メールです。
おなもみ、七歳の時です。

相談の内容は、おなもみが、オーラが見えたり他の人には見えない
ものが見えていることがわかり、私自身不安になり、どうしたらいいで
しょうというものでした。

ある霊能者の方が親身になってくださったのですが、こういう子は両親
がよほど正しい心で育ててあげないと、そういう力を悪いことに使うよう
になることもある、と指摘されました。

私の一番の不安はそこでした。
その方は、ほんとうにいい方で、そういう例を今までに見てきたので、
心から心配してくださり、そう言ってくださったのでした。
そして、kimiさんに、相談のメールをさせていただきました。

その時のkimiさんのメールは、子育てをされている方、また、ご自分の
なかに、ゆるぎない安心感が得られずいつも不安でいらっしゃる方に、
とても参考になるのではないかと思います。
多くの方に読んでいただければいいのではないか、と、そう思いました。
そして、kimiさんから転載の許可をいただきました。

私はそのメールをずっと私の子育ての核として、おなもみを育ててきました。
そしておなもみは、メールのとおりの子に育ってくれました。
私も、そのとおりに子育てができたと、思っています。

心落ち着いて、いつも大きな安定のなかにいる子です。
何より素直で、スピリチュアルな感性もすばらしく、こちらが教えられること
がたくさんあります。

いつも書いていますが、私はおなもみを自分の子供ではなく、一人の人間
として、尊敬しています。
私に、そのような子育てをさせてくれたおなもみに、心から感謝しています。

前置きが長くなりましたが、お読みください。

読まれる方の何かの気づきとなりましたら、こんなうれしいことはありません。
kimiさんにも、心から感謝しています。


   *   *   *   *   *   *

久しぶりですね。
おなもみ君は何歳になったのかな?
オーラが見えるんだね。
すごいなぁー。

できるだけ美しいものを見せてあげるといいよね。
そして、テレビとかに気をつけることかな。
見せるなら、厳選して見せてあげることだよね。
暴力的なものを見せないで、できるだけ美しいものをね。

それと一番大切なことは、彼を信じてあげること。
彼の一番深いところを信じてあげることだよね。
そこを見て、そことお話しするといいかもね。
それはお母さんにとってもいいことだよね。
彼の中にある愛とか平和とか美しさ・・・
そういう一番深くて不動の部分にフォーカスすることかな。
そこを何があっても揺るぎなく信じてあげることだよ。
大丈夫なんだって。

何が起きても大丈夫だよ、おなもみは神様に守られているから、
天使に守られているでも、仏様でもいいんだけど、
彼のその時の心境に一番フィットするものでいいよね。
要は、必ず見守られているし、守られているから、
何も心配はいらないということを、常に言い聞かせてあげることだよね。
これはお母さんもそうなんだけど、
大人になると、ついつい忘れてしまうものね。

常に神様や仏様や天使たちに守られている、
ということをよくよく言って聞かせてあげていると、本人が安心するでしょう。
心が安らぐでしょう。
本人の中に不安や心配や恐れがなければ、
何も心配はいらないんだよ。
おなもみ君の心の中に恐怖が入らないように心がけてあげるといいかもね。
それには、いつも守られているから大丈夫なんだと言い聞かせてあげる
ことだよ。(これはお母さんにとっても効果があるでしょう)
それをいつも聞かされてると、精神状態が安定してくるでしょう。
本人の精神状態が安定していれば、何も心配はないよ。

それに、いつも神様や仏様や天使に守られている、と言い続ければ、
そのうち、そういうものが見えるようになるかもね。
そして、実際に自分が常に守られているということがわかるようになるかも。
それから天使たちと会話ができるようになればいいね。
まあ、そういう感じだね。

彼の言うことをよくよく受けとめてあげて、聞いてあげることだね。
けっして頭から否定しないで。
受けとめればいいんだよ、彼の言うとうりにする必要はない。
気持ちを汲んであげればいいだけで、
彼の言うとうりにしたら暴君になってしまうものね。
気持ちはわかるけど、いまは無理かな・・・ということもあるでしょう。

まあ、楽しくやってください。
なにしろ信頼してあげることだよ。






スポンサーサイト

あとりちゃん の日記のコメント欄での、あとりちゃんの私への返信を
転載させていただきます。

読んでいてボロボロ涙が出てきて、ほんとうにそうだったらいいなあと、
胸がいっぱいになってきて・・・


あとりちゃんの夢 (コメント欄よりお借りします)

  この前、夢で扉の外に私がいて、扉の外には待ち構えていたように、
  元気な動物がいっぱいいたのです。

  それで、扉をあけたら、とても平和な、きれいな野原。

  動物が、喜んでかけよった先に、ぴあのさんがいました^^
  女神チックだった。

  動物が元気いっぱいでした。
  ワフワフっもこもこした、犬も私にもきてくれました。#^-^#


  それで
  「会いましょうね!」って言ってくれた(笑)
  ぴあのさんに言われたと勝手に思っておこう(笑)

  素敵な夢でした。

  ありがとうございます。


そして、私からあとりちゃんへの返信。

  あとりちゃんのコメント読ませていただいて、涙が止まりませんでした。

  動物達が、虹の橋の向こうで、そんなふうに元気いっぱい
  幸せに駆け回ってくれていたらいいなあ・・・

  この世でつらいつらい思いをした子たちが、天国で神さまに見守られ
  女神さまに見守られ、仲間たちと楽しく幸せにいてくれてたらいいなあ・・・。

  涙が止まりませんでした。
  そして、素敵な夢に私がいて、うれしかった。

  何より動物達がそんなふうに元気で幸せそうなのがうれしかった。


   *   *   *   *   *   *   *


動物愛護の世界を知るようになってから、人間のエゴのために、どれだけの
動物たちが苦しい思いをし、残酷に扱われ、死んでいくのかを知りました。

保健所では、”毎日”1000頭近くのペットたちが殺処分されています。

毛皮のために、動物たちは”生きたまま”毛を剥がされます。
あざらしたちは、棒で頭を殴り、殺されます。

 ⇒ こんな動画を見ました。
   公園で男性が幸せそうに寝転んでいるところに、大きなあざらしが
   やって来て、棒でその男性を何度も殴り、殺します。
   人間がやっていることは、それと同じことですよね。

肉にされる動物たちは、屠殺場では残酷な殺され方をします。
たぶん、屠殺動画を一度でもご覧になれば、絶対にお肉を食べることは
できません。
気持ちが悪いとか怖いとか、そういう問題ではなく、自分がしていることの
罪の大きさを、思い知るからです。

残酷極まりない動物実験。

書いていたらきりがありません。

動物達のいのちが、等しく平等に扱われ、尊重され、私たち人間の良き
仲間として生きていける日がきますように、願ってやみません。

動物たちは、自らの身を以って私たち人間の残酷さを教えてくれています。

どうか、気づいてあげてください。
それが、動物たちへの何よりの供養になることと思います。

苦しい思いをした動物達が、天の世界で、苦しみや悲しみ痛みから解放され、
幸せに幸せにいてくれますように・・・。

いつもそう願っていた私に、あとりちゃんの夢はほんとうにうれしかった。

すべてにありがとう。

動物たち、ごめんね。許してね。そして、ありがとう。







ぴあのサファイア

Author:ぴあのサファイア

水晶、女神、天使と交流します。すべてのいのちとの調和を望みます。天の光と、私たちに内在する光の意識が呼応し、響きあい、この地上が光の世界となりますように。


05 | 2012/06 | 07
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
左上の青いボタンクリックで再生します

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。