2014 / 06
<< 2014 / 05 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 - - - - - 2014 / 07 >>


【ひのはのエネルギーを受けての感想】

ひのはさんの言葉に感じる、いつもの優しくて細やかで、なのに大きくて力強いエネルギーに包まれる
ひのはさんのエネルギーをすべて受け容れると
あたりは青 深い深い青
そこに見える、ひとつぶの雫
無数にわかれて降り注ぐ雫

今こみあげる涙は、その時の想いがよみがえってきたからだと心は感じている
『何のために』という答えのないまま、『このために生まれてきた』ということだけが鮮明によみがえる
生まれてきたことに感謝しながら、身体中が温かで、下から上へと向かってゆくエネルギーの流れを感じている
『もっと、もっと、もっと。。。』 突き上げられるような衝動を感じる
(もっと高くへいけるかな)と、ひのはさんらしき声が聴こえる

突然、喉に違和感がおこる
『声を開放してください』 心の奥の奥の人が悲痛な叫びをあげる
なぜか、ニーナ・シモンの“SEEMS I'M NEVER TIRED LOVIN' YOU”が響いてくる
喉が締め付けられたみたいに苦しい
あげられずにいた声が嗚咽にかわる

『歌いたい、自分の声で歌いたい、歌わないと高みへは届かない』 そう訴えて泣きじゃくりながら、どうしても聴こえてくるニーナ・シモンの歌声に、身を任せる
しばらく声をあげて泣きながら、心はたっぷりと癒されていることを感じている
エネルギーを送ってくれているひのはさんと、サポートしてくれているぴあのさんに、ただ感謝しかなくて、それでまた泣けた

ひとしきり泣いて、それでフーッと軽くなって、自然に『祈り』という歌が口をついてでてきた
ワンフレーズ歌っていると、ひのはさんからワーク終わりの合図
きっかり15分間だったのに、その倍以上に感じる濃いワークだった

【後日いただいたメールより】

おかげさまで喉の調子がよくなって、こないだのレッスンでは2オクターブ上のドも綺麗に出て、先生に褒められちゃった♪
で、ひのはさんに調整してもらった後、その感覚を体が覚えちゃてるのか、自分なりに微調整してるみたい。

*Sさんは歌を歌われる方ですが、2オクターブ上のドというのは、High Cと言われる音のことだと思います。
  High Cが綺麗に出るということはすばらしいことだというのは、私(ぴあの)も声楽を7年間習っていたのでわかります。


【ぴあののビジョン(リーディング)を読んでの感想】

私のビジョンを素敵に再現して下さって本当にありがとう(ハァト)
私自身がワーク中に感じた色は深い青だったので、感じ方が違ってたんだなぁと思ったけれど。。。ま、いいよね?

実は2年ほど前から紫色がとても気になって仕方なくて、だけど好きな色と似合う色はピンクなので、少し前までのツイッターアイコンやベッドリネン、小物なんかに紫を使ってるの。

あとね、3年前から決心して、高いお山に登るために10階以上の建物も階段で上がるようにしてて、その時にイメージしてるのが、ぴあのさんの見てくれた連なる山々を臨む高山のお花畑なの。
もうずっと心は空に向かってて、お山に登るだけじゃなく、空に還ることをいつもイメージしてるから、それがしっかりと天に届いてるんだなぁって思えて、すごく嬉しい♪

私ね、だんだんに執着が外れてくたび、子どもに還ってるんだよね(とっくにご存じと思うけど・笑)
だから、5才の私が『今』なんだって、めっちゃ納得。
記憶にあるのは、その頃からとても童話やおとぎ話が好きで、しょっちゅう本の中に入り込んで、そのお話の世界で過ごしてたの。

特にヨーロッパの古いおとぎ話が大好きで、天女とゆうか、女神さまに御守りのベールや宝石を授けてもらうとことか、主人公になりきって本気で信じてたの。
そのベールや宝石が意味するのは、人の心の美しさや気高さ、優しさや思いやりや勇気。。。そうゆうものだったの。
それらを決して手放さないようにって、ぴあのさんに天女さんが伝えてくれたように思うよ。

で、私を守護してくれてる天界の人が超厳しくてハリーポッターに出てくるマクゴナガル先生みたいで、まぢ吹き出しちゃったw
けどね、当たってるの。
だって、現つの私にも同じとこがあるから、すごく頷けるよ。
私のどっかにあるスイッチが入ると、我ながら近づきがたいキビシーイ人になっちゃうの。

以前はそゆ自分が大嫌いだったんだけど、今はわかるの。それも深い愛なんだってこと。
だから、自分を100%愛せるし、天界の私にとても感謝できるよ。

見守ってくれてることは2年前くらいから感じてたの。
時々、ハイタッチしたりしてる(笑)

少し前から。。。
天界の私との繋がりが強まったのかもしれないとも思うの。
もうハートの痛いとこはなくなってて、いつも温かなエネルギーに満たされてるから。

温かなエネルギーは誰かからもらうものじゃなくて、自分の中から溢れてくるんだってゆう実感が、やっと得られたよ。
これはひとえに、ひのはさん、ぴあのさんのサポートのおかげなの。

本当に本当にありがとう(*^_^*)

そして、素晴らしいエネルギーワークもありがとう(*^_^*)
これからも美しく輝いて、みんなを天に架かる虹の橋へと導いてね☆彡



⇒ Sさんに送ったエネルギーとリーディング内容はこちらです

⇒ 光とビジョンのエネルギーワークの詳細はこちらです






Sさんへどのようにエネルギーを送ったか、ひのはのSさんへのメールと、ぴあのが見たSさんのビジョン(リーディング)のSさんへのメール。

   *   *   *   *   *

【ひのは : Sさんへのエネルギーワーク】

Sさん、詳しいレポートをありがとう(*^_^*)
レポートを読んでみると、僕が送ったエネルギーとちゃんとリンクしているね。
僕の場合はまだエネルギーワークの手順が決まってなくて、その時々で送り方が違うから、後からどのように感じたかを教えてもらうと、なるほどなーとなっちゃうんだよね。
不思議っていうよりも、すとんと腑に落ちるような感覚かな。
一応僕からはどのように送ったか伝えておくね。

まず最初は、Sさんの体全体を光のエネルギーで包みました。
それからSさんの背骨に沿って光のパイプを感じて、第一チャクラから第七チャクラまで順番にチャクラのバランスが整うように光の玉を送りました。
僕らしき声が聞こえたり、下から上へ感じたエネルギーは、きっとこの時だったんだろうね。

光の玉はそれほど大きくはないんだけど、真っ白の光を放ち虹色の煌めくオーラをまとっている玉だよ。
そして、ハートのチャクラまではすんなりと昇って行けたんだけど、喉のチャクラまで来ると詰まりのようなものを感じたのて、入念にクリーニングしました。

その時に『心の声』とそして『歌声』っていうキーワードが頭の中に浮かんできて、ああ、そうか、Sさんにとって歌はとても大切なもの、そして喜びそのものなんだなって、心の深いところからそう確信しました。
喉が締め付けられるように苦しかったのは、きっとその時なんだろうね。

喉のチャクラのクリーニングを終えて、残りの眉間と頭頂のチャクラのクリーニングを済ませた後、頭頂から光の玉を取り出して、その玉をきらきらと輝く光の粒子に変えて天に向かって返しました。

その後、光のパイプに沿って頭頂部(第七チャクラ)から、光のエネルギーを第一チャクラに貫通するように流しました。
そしてSさんの背中からハートに向かって、今度は虹色のオーラをまとったハートの光をそっと入れました。
最初は押し戻されて少し入りづらいかなと思ったんだけど、三回ほど押してやるとすぅーっと染み込むように入っていきました。

それから僕の背中側のハートの扉を開いて天の風を目いっぱい取り込み、Sさんのハートに入っていった虹の光のハートに向かって吹き込みました。
さらさらとしたあたたかで心地よい天の風が、Sさんのハートに向かってたくさん入っていきました。

エネルギーの弱いところはないかな?と思い、改めてSさんのエネルギーを感じてみると、何となく頭の後ろから耳の後ろ付近にかけて弱いように感じたから、光をたくさん入れて、それから思考のクリーニングをしておきました。
今日のワークの流れはこんな感じです。
喉以外はわりと順調に光が入っていったから、エネルギー的にはきっと通っている方だと思うよ。


【ぴあの : Sさんのビジョン(リーディング)】

ワークが始まりSさんに意識を合わせると、すみれ色をしたエネルギーの円が見えてきました。
直径二メートルくらいの円で、縁はぼんやりと霞んでいました。

その円の真ん中から、カーテンのように紫のエネルギーが開いていきました。
エネルギーのカーテンの向こうに、すみれがたくさん咲いているお花畑が見えてきました。
そこはとても高い所で、向こうの方に山々が連なっていました。(ハイジの世界のような感じ)
遙か下の方に、下界が見えます。
私はエネルギー体でそこにいますが、風がとても気持ちがいいです。

シーンが変わり、透明なコップにすみれが二本挿さっているビジョンが見えてきました。
ヨーロッパの片田舎のような家です。
コップの置かれた出窓から、たくさんの緑の植物が生えた庭が見えます。

5歳くらいの女の子が、庭にいました。
女の子は大きな籐のかごを抱えています。
かごの中には、仔猫がいました。
白い猫が2匹、黒い猫が3匹。
女の子は、かごから一匹ずつ猫を庭に下ろしました。
女の子は、Sさんです。

私は、Sさんに話しかけました。
水月さんは、ずっと前に天女にもらったベールの話をしてくれました。
天女から、大切にいつも被っているように、と言われたそうです。
同時に、そのベールを被っている水月さんのビジョンが見えてきました。
(ベールを被ったSさんは、大人の姿でした)

ベールはとても薄く軽い生地で、やさしいラベンダー色をしていて、向こうが透けて見えました。
この世的な質感ではなく、天女の羽衣のような感じです。
Sさんは、このベールをずっと被っているようにと言われたので、とったことがない、と言いました。
私が、ちょっととってみる?と言うと、Sさんは躊躇せず、すっとベールをとりました。

その瞬間、Sさんが、はじめに見たすみれのお花畑に立っていました。
向こうの山々の方に向いて立ち、心地よい風に髪をなびかせていました。
そして、Sさんの周りに、庭にいた仔猫たちがいました。
それから仔猫たちは次々と光の玉になり、それからすーっと上へ昇りながら消えました。

ベールが、紫の石になって、ペンダントに変わっていました。
銀の細工がとてもきれいな大きなペンダントです。
その石をハートにしまってくださいとメッセージが降りてきました。
ハートにしまったら、あなたはどこへでも飛んでいくことができますよ、と伝えてきました。

私はSさんに、どこか飛んで行きたい所はある?と聞きながら、草原から山々の下に見える下界に目をやりました。
下界を眺めながらどこにでも行けるよ、Sさん、どこに行きたい?と聞くと、Sさんは、もう下はいいから上に行きたい、
と言いました。
そして、すーっと天へ昇っていきました。

天界のような所が見えてきました。
白い雲のようなドアがあり、先ほどの石が鍵になっていて、ドアのくぼみに石を合わせ、Sさんはすっと向こうの世界に入っていきました。
向こうの世界では、天界のSさんが待っていました。

私は、Sさんを守護する存在につながってみました。
Sさんの守護霊さん?は、とても厳しそうな、賢者のような風情の方でした。
あまり手とり足とりサポートしてくれるような方ではなさそう・・・ちょっと話しかけるの怖いな(笑)なんて思いながら、
「何かSさんに伝えたいことはありますか?」と聞いてみました。

その方は、Sさんは自分で全部やってくると言っているので、最小限のサポートしかしない、と言いました。
「絶対にやってくると言っているので任せている、見守っている」
「強い意志を持ってやってきている、誓いは深く大きい、だからやれる」と、そう言いました。
確かに、生半可な手はださない、という感じの厳しそうな方です。
けれども、最大限の見守りをしてくださっている方(守護霊さんは皆そうでしょうけれど)、深い深い大きなエネルギーで
包んでくださっている方だということが厳しさの向こうから伝わってきます。

紫に関してのメッセージは何かありますか、と聞くと、
「紫色のものに意識を向けて、気をつけて、注意して過ごすように」
(気をつけて注意してというのは、危ないという意味のことではなく、何かの気づきやヒントがあるかもしれないということ)
Sさんは霊性の深い方なので、そうすることで霊的にもっと深まる、というエネルギーが、メッセージに載ってきました。

Sさんの身の周りに紫色のものはあるでしょうか。
見つけたら、意識を向けてみてください。
紫のお花を飾るのもいいと思います。
身近に紫を置いておくと何か感じるものがあるかもしれません。

ビジョンに出て来たすみれは濃い紫でしたが、伝わってくるエネルギーはラベンダーアメジスト、
そして、透明感のある明るい紫です。
ベールも、ペンダントも、透明感が美しい明るい紫でした。

ビジョンは以上です。
何か感じるものがあればいいのですが。


⇒ Sさんからいただいたエネルギーワークの感想はこちらです





美しいガネーシュヒマール産 DT・スモーキー ソウルメイトツイン。

  スモーキーツイン


ぴあののビジョン(リーディング)と、ひのはさんによる石の説明をショップより転載
します。

   *   *   *   *   *
   
- 石が伝えてきたビジョン - 

この水晶に意識を合わせると、私のビジョンのスクリーンいっぱいに広がる水の波紋が
見えてきました。
落ち着いた黄金色をした波紋は、どこまで広がっていくのか際限なく、ゆっくりと中心
から外へと広がり続けていました。

シーンが変わり、森の中の泉で若い娘が木をくり抜いた器に水を溜めているビジョンが
見えてきました。
岩の間から流れてくるその湧き水は、やはり落ち着いた黄金色をしていて、先ほど見た
ビジョンの次元と同じ水だということがわかります。
それははっきりとエネルギーでも伝わってきました。

若い娘は、汲んだ水を大事に神殿まで運びます。
神殿のなかの祭壇の上に器を置くと、その瞬間、天から器に光が射してきました。
器のなかの水が、きらきらと光を散りばめるように輝きます。

ビジョンの冒頭に見た水の波紋の映像が、祭壇の器のなかで再現されます。
きらきらと輝く黄金色の水が波紋となり、器の中央から縁へと広がり続けます。
その波紋は、だんだん渦を巻くエネルギーのラインへと変わっていきました。

黄金色のエネルギーのラインは、私の頭から足の先まで、体を包みながらゆっくりと降り
ていきます。
そしてまた、足先から頭の上へとエネルギーが昇っていきます。
どうやら、光のエネルギーで心身の調整をしているようです。

木の器に湧き水を汲むビジョンを見た時、「アムリタ」というメッセージがエネルギーで
降りてきました。
アムリタとは飲む者に不死を与えると言われる、インド神話に登場する神秘的な飲み物。
このビジョンで伝わってきたアムリタ(不死)というエネルギーは、物質としての肉体の
ことではなく、スピリットとしての永遠性のことです。

あなたの心身は天から創造されたもの。
あなたは天の呼吸のなかで生きています。
この水晶は、永遠の波紋として広がり続ける天のスピリット(呼吸)をあなたに届けてく
れるのでしょう。

この石からのメッセージです。

 あなたの内にある湧き水は、愛の泉から湧き出ます。
 それは宇宙のアムリタ。
 清らかな水は黄金の秘薬となり、あなたにかけられた魔法を解くでしょう。
 そうしてあなたは永遠に広がる波紋とひとつとなり、宇宙の営みを生きるのです。
 天の呼吸を生きるのです。
 私に意識を合わせてください。
 永遠の波紋のひとしずくを、あなたに授けます。


---石の説明---

ガネーシュヒマール産の DT・スモーキー ソウルメイトツインのご紹介です。
色はガネーシュヒマールでは珍しい濃いめスモーキーで、全体的に茶味を帯びています。
光の加減でゴールドっぽくも見え、その時々で様々な表情を見せてくれます。
煌めくような照り艶があり、そして透明度も良いものなのですが、裏側の柱面は細かく深
い条線が多いために結晶の向こう側まではあまり透けては見えません。
しかし、表側は比較的なだらかなので、内部ははっきりと見ていただけますよ。

このクリスタルはDT(ダブルターミネイテッド)と呼ばれる両錐にトップが現れている
タイプものです。
そして、その両錐がソウルメイトツインになった非常に珍しい形状をしています。
片側だけがソウルメイトツインになったDTでさえ希少なものなので、このように両錐が
ソウルメイトツインになったクリスタルにはそうそう出会えるものではありません。
もうレアという言葉さえも超えていますね。

エネルギーは手に持つとじんわりと感じます。
ビリビリするような強さは感じませんが、手から体全体へとこの石の持つエネルギーがゆ
っくりと浸透していく感じがします。
まるで疲れた体を労わってくれているような、とてもやさしい石です。
また、雄大な大地を思わせるような懐の深さをも併せ持っており、グランディングの連れ
添いの石としては最適ですよ。

裏側のトップ付近に小さな結晶がひとつついていますが、逆さにして表から見るとここに
小さな虹が現れます。
虹は天からの贈り物ですね。
このクリスタルも天から祝福された特別な水晶ですよ。

卸業者さまのご厚意により分けていただいた大切なピースですが、この石と深いご縁のあ
る方のお手元へ。



  天然石ショップ~ツインハート~ http://twinheart.net/


 *ツインハートは、クレジットカードに対応しました。
  VISA、ダイナーズ、マスターカードでのお支払いができるようになりました。







【ひのはのエネルギーを受けての感想】

まず、リラックスして目をつぶり、膝の上に手のひらを上に向けて起き、座っておりました。
無になろうと、呼吸に意識を向けました。
5分も経たない時に、身体の下の方から上へ、ゾワワ~~と何かが走ったと思った瞬間、泣きそうになりました。
びっくりしたので、涙は引っ込んでしまったのですが、落ち着くために呼吸を数えました。
それから更に数分後、また湧き上がるものがあり、泣きそうになりました。
じんわり涙が浮かびました。
そのままでいると、スッと落ち着き、本当に無の状態の時が何度もありました。
脳裏にスモーキークリスタルの破片のような物がずっと見えていた時もありました。

最後の方で、手のひらがピリピリしたり、ブルブルしたりしました。
終わる頃には穏やかな気持ちでおりましたところ、
ぴあのさんからの終了のメールが届きました。

【ひのはがどのようなエネルギーを送ったかをメールした後の返信】

ゾワゾワ~は、エネルギーが流れたことだったのですね☆
泣きそうになったのは、それが愛の波動だったからだと思います^^
ぴあのさんからのメールでもそうなのですが、ひのはさんの、このメールを拝見していても涙が溢れてきました(〃ω〃)

私は毎朝のように、イメージをすることがあるのですが、その内容は、
大地から青い光の柱を天までググッと上げ、届けると、今度は天から虹色の光の柱が降りて来て、
それを身体中に溜め込んで、足下の地上へ金色の光を下ろして、その光が地球全部を覆ってゆき、人々の笑顔が溢れる。
というものです。
地球の平和を願っての事なのですが、イメージするだけでも何か変わるなら、と思って毎日の日課になっています。

なので、ひのはさんが、虹色オーラの玉やハートを私に入れて下さったことが、シンクロしているようで、とても不思議で嬉しく思いました。
ひのはさんから渡して頂いたエネルギーは天からのエネルギーなのですね☆
エネルギーワークはとても壮大なものなのですね!
そして、それでますます納得です^^。
ほんとうに凄い、数々のシンクロです☆
私が様々感じた状態が、ひのはさんのなさっていた事とタイムリーでとても驚きました☆


【ぴあののビジョン(リーディング)を読んでの感想】

*数通に渡り、長文の感想をいただきました。
  全文掲載できないのが残念ですが、抜粋で転載させていただきます。

・・・そして、赤ちゃんのビジョン。
つい先日、愛のオーラと青のオーラの存在を知り、私が毎日のように 光の柱をイメージする時は青い光なので、
へぇ?本当にあるんだなぁ、なんて思っていて、
では、愛のオーラはどんなだろう、とイメージしたところ、紫がかったピンクのオーラでした。
ぴあのさんのビジョンのピンクがかった紫のオーラに近いのではないかと驚きました。
そして、このビジョンでは、女神と赤ちゃん、両方が私のようですが、今の私には、赤ちゃんが上の娘のようにも思えました。

ハーブティーのビジョンは、ほんと不思議にシンクロしていて驚きました☆
(*ビジョンのなかで、ハーブティーが出てことについて。Aさんは、セッション前にハーブティーを飲んでいらっしゃいました)
私は頭痛がする時など、ハーブティーをよく飲みますし、風邪を引いた時なども、ハーブを蒸留したものなどで治します。
それも関係しているのでしょうか^^

癒す、というキーワード
やはりクォンタムタッチなど、そういう方向に、一歩踏み込んでも良いのかも?と思ったり。。。
(*この方を守護する存在から、Aさんは癒しを人に与えることをするといいと伝えてきたことについて)

ガーディアンさんの容姿やお静かな佇まいも、納得です^^
無鉄砲に矢を放ちがちな私を いつも辛抱強く見守ってくださっていることでしょう。
水を汲んでいる時の声もガーディアンさんでしょうか?
そんな気がいたします^^

いま必要な事を教えてくださるために、ぴあのさんにお願いされたのですね。
(*ぴあのに、この方を守護する人からメッセージが降りて来て伝えたことについて)
フォルマッツァさん(*ツインハートからこの方のところへ行った水晶)と繋がれるよう、自分ともフォルマッツァさんとも向き合おうと思います。
ガーディアンさんとも繋がれるよう、これからは意識して声をかけようと思います。

ぴあのさんのお言葉からは、いつも学ばせて頂いております。
きっと このワークも多くの方を導いてくださるのだと思います。

先日、ワークを受けさせて頂き、ひのはさんと ぴあのさんから、それぞれ施しの方法やビジョンを頂きましたが、
このメールで、ビジョンを受け取った感覚が更に、納得したり腑に落ちるものとなりました。

この度は、こんなにも沢山のビジョンを観ていただきまして、本当にありがとうございました☆
とてもお疲れだったと存じます。
このビジョンは、私の宝物として大切にさせていただきますね☆


⇒ Aさんに送ったエネルギーとリーディング内容はこちらです

⇒ 光とビジョンのエネルギーワークの詳細はこちらです







Aさんへどのようにエネルギーを送ったか、ひのはのAさんへのメールと、ぴあのが見たAさんのビジョン(リーディング)のAさんへのメール。

   *   *   *   *   *

【ひのは : Aさんへのエネルギーワーク】

昨日は僕たちのエネルギーのワークを受けていただき、本当にありがとうございました。

Aさんには思った以上にエネルギーを送ることが出来ました。
受け取り手がよく受け取ってくれるひとだと、僕の体中からたくさんのエネルギーが流れていきます。
言葉で説明するととても細かく振動するバイブレーションのようなものなのですが、ご神気によく似たものと思ってくださいね。
反対にあまり受け取れないひとだと、僕の体からはエネルギーがそれほど流れて行きません。
手のひらがビリビリしたり、ブルブルしたように感じたのは、僕からのエネルギーを体感していたからでしょうね。

話は後先になりますが、最初はAさんの体全体を光のエネルギーで包みました。
そしてAさんの背骨に沿って光のパイプを通し、虹色のオーラをまとった光の玉を送りました。
身体の下の方から上へ、ゾワワ~~と何かが走ったように感じたのは、ちょうどその時だと思います。
第一チャクラから第七チャクラまで順番に通し浄化しましたので、感じられた通りに下から上への順番になりますね。
感性が鋭くて、とってもやり甲斐がありますよ。

その後、光のパイプに沿って頭頂部(第七チャクラ)から、光のエネルギーを第一チャクラに貫通するように流しました。
そしてAさんの背中からハートに向かって、今度は虹色のオーラをまとったハートの形をした光をポンと入れました。
本当にポンって感じで何の抵抗もなくすっと入っていったんですよ。
タイミング的にはもう一度湧き上がるものを感じた時ぐらいでしょうか。

それから僕の背中側のハートの扉を開いて天の風を目いっぱい取り込み、Aさんのハートに入っていった光のハートに向かって吹き込みました。
さらさらとしたあたたかで心地よい天の風が、たくさん入っていきましたよ。
ワークが終わると背中が痛くなったり、ちょっと疲れたりするんですが、今日は全然疲れずに逆に元気になりました。
おかげさまでいつまでも気持ちの良いエネルギーに包まれて、とても幸せな気分でしたよ。

ちょっとびっくりさせてしまったかも知れませんけど、予備知識はない方が純粋に感じていただけるかと思って、事前にはあえて詳しくはお伝えしませんでした。
丁寧なご感想もお送りいただき、確かな手ごたえを感じました。
本当にありがとうございます(*^_^*)


【ぴあの : Aさんのビジョン(リーディング)】

Aさんにつながると瞬時に漆黒の宇宙空間に、眩い黄金色をした人形(ひとがた)が見えてきました。
ちょっと例えがオカルトちっくですが、見えたとおりに書くと、黄金の包帯を巻いたミイラという感じです。
その人形(ひとがた)は強烈な金の光を放っていました。

人形が見えて数秒後、身体を覆っていた金の包帯(?)が、一瞬で緩み弾け、なかから美しい女神が現れました。
(女神は、Aさんです)
女神は、頭に大きな赤い石のついた冠を載せていました。(頭上に載せるのではなく額にかかる冠です)
女神は大きな弓と矢を持っていました。

その弓と矢は正義の象徴、女神は正さなければならない標的を見つけると番えた矢を宇宙空間に放ちます。
女神の内には燃える炎のようなエネルギーがありますが、意識はとても静かです。
静かですが、絶えず規律を正そうとする正義のエネルギーが伝わってきます。

次に、女神の冠のエネルギーがビジョンを見せ始めました。
冠の輪のなかに、きらきらした光や水晶が、たくさん詰まっていました。
まるでぎゅうぎゅうと詰め込まれた宝箱のようです。
無造作に詰め込まれた宝で、冠の内部は窮屈です。

そのビジョンを見ているとき、私の頭が孫悟空の輪のように締め付けられるのを感じました。
頭の周りを、ぎゅーっと締め付けてくるエネルギー。
強い頭の締め付けを感じていると、ビジョンのなかの冠の一部が、たがが外れるように開きました。
すると、中の光や水晶たちが一斉に宇宙空間に放たれ、光りながら散っていきました。
同時に、女神が持っていた弓と矢がすっと消えました。

すると、女神がだんだん小さくなっていき、赤ちゃん(女の子)になりました。
そうすると、また一人女神が現れ(説明しずらいですが、先ほどまで見ていた女神と同じ女神です)
その赤ちゃんを抱き上げました。
ここまでは宇宙空間のビジョンです。

シーンが変わり、穏やかなアトランティス時代のような次元の世界が見えてきました。
緑潤う森のなかで、先ほどの女神が赤ちゃんを揺りかごに入れ、赤ちゃんに顔を寄せ、手を添えて微笑んでいました。
その微笑みは穏やかで、安らぎに満ち、至福のまどろみのなかにありました。
弓矢を手放した女神は、女神本来の愛の安らぎのなかに戻ったかのよう、そう私には見えました。

女神は近くの泉に水を汲みにいきます。
泉に立ち、赤ちゃんのことが気になります。
誰かに連れ去られないか、置いて来てしまったことを後悔しています。
ふっと女神の手に、幻影のように、消えたはずの弓矢が戻り始めます。
そのとき、どこからか声がしてきました。

「だいじょうぶです。あなたが安心のなかにいれば、赤ちゃんは聖なるオーラに守られています。
誰も赤ちゃんを連れ去ることはできません。
あなたが一度でも弓矢に手をかければ、一瞬で赤ちゃんを守るオーラに傷がつきます。」

ピンクがかった紫色のオーラに守られた赤ちゃんのビジョンが見えてきます。
大切に守るそのオーラのなかで、赤ちゃんはすやすやと眠っています。
女神は、怖れを手放し、オーラを信頼し、とろうとした弓矢のエネルギーを離しました。
女神はゆったりとした安心のなかで水を汲み、帰ります。

祭壇に水を祀るビジョンが見えてきました。
赤ちゃんは大きくなっていました。(7歳くらいの感じでしょうか)
祭壇に祀った水は、聖水となります。
聖水を器に入れ、女神と女の子が向き合って手の指を組み合わせ、さらに聖水にエネルギーを入れます。
エネルギー水をつくっているようです。

そのエネルギー水で、ハーブティをつくります。
(家の周りにハーブがたくさん植えてあって、摘んできて作ります)
二人がつくるハーブティは、癒しの飲み物。
とてもエネルギーの高いハーブティで、癒しを求めて二人の家を訪れる人々を、そのハーブティで癒します。

(*ワークが終わったあとでツイッターを見ていて、Aさんがワークの前にハーブティを飲んでいるツイートを見つけました。
Aさんの飲んだハーブティがエネルギーで残っていて見えたビジョンなのか、それともこういうビジョンが見えることが、
Aさんの内奥と繫がっていたから見えたことなのか、わからないのですがシンクロでおもしろいです)

どこからか声がして、Aさんには人を癒す力があるので、たくさんの人にAさんのつくったハーブティを振舞うように、と言いました。
ハーブティは、癒しというキーワードが物質としてエネルギー変換されて見えたものかもしれません。

それから私は、Aさんを守護する存在につながってみました。
穏やかで静かなお顔をした女の人(人じゃないですけどね)でした。
尼僧のような雰囲気のある方でした。(恰好も、そういう恰好をされていました。ベールを被っていました)

Aさんに伝えることはありますかと聞くと、
きれいな水で身体を清めることを伝えてください、と一番におっしゃいました。
清めの水をとること。そして心身をいつも澄んだ状態にすること。

それから、光の杖を持っているので、それを思い出してくださいと言いました。
光の杖と伝えれば何かわかるのですか?と尋ねると、そういう水晶を持っているはずだから、その水晶に繋がれば何か思い出す
・・・と、言いました。

次に、白い布を渡されました。(見せられたというか)
この布は、揺りかごの赤ちゃんをくるんでいた布でもあり、あらゆるものを拭いて清める布でもある。
安らぎに還ることのできる布なので、この布をいつも大切にして使うように、と言いました。

最後に、この子(Aさん)は、このビジョンを伝えれば、自分の奥深いところをきちんと思い出せるからよろしくお願いします、と言われました。
(頼まれちゃいましたよ(*^▽^*))


⇒ Aさんからいただいたエネルギーワークの感想はこちらです





【ひのはのエネルギーを受けての感想】

身体全体にじんじーん、ピリピリみたいな感覚がありじわじわじわみたいななんとも言えない感じです。
特に両腕はピリピリ感が強く感じました。身体が軽く円を描く様な感じで揺れる感覚もありました。
なんというか、エネルギーに包まれてるというのか、自分の周りを何かに包み込まれている様な感覚でした。

今回は、体感がつよく私的にはあまり直感的なイメージをみなかったんですが、頭からぐるぐると螺旋の様な光かな?が入ってきてるのと、身体の細胞ひとつ、ひとつが浄化され変容している様なイメージを感じました。
で、感じているとそれまで頭の方にいた意識が、ぐるぐるぐるーと小さくなり、それこそハートの中に意識が入って行く様な感覚がありました。
そして、そのまま寝てしまいました。
ひのはさんからのメールが来て、終わったよっていわれましたがその後もエネルギーは来続けていました。
寝てしまったけど、寝ながらもエネルギー感じてたと思います。

そして何よりぐっすり眠れました!
そして、とっても安心する感じと、受け入れることの心地よさみたいなものを感じました。


【ぴあののビジョン(リーディング)を読んでの感想】

ぴあのさん、ありがとうございました^ ^
ぴあのさんのビジョンの感想を読んで、涙がポロポロ溢れて来ました。

私のなかに小さな女の子が待っているのは何と無くは気づいていました。
必ず迎えにいくからねっていつかのアチューメントで思ったことがあります。

私はいつの頃から淋しいと言う感情を感じなくなっている様な気がします。
ぴあのさんのビジョンをみて、淋しいってどんなかんじだっけと、考えてしまいました。

物心ついた頃から我慢や自分の感情を押し殺す癖がありました。
いつのころから心の中で、誰も守ってくれない。
自分で自分を守らなきゃと思っていました。
そして、その様な経験を沢山して来ました。
今は、だいぶその頃の自分を受け入れいやせて来ていますが、淋しいと言う感情を忘れていた様な気がします。
私は、淋しいと言う感情を自分でも探せない位の心の奥底にしまいこんでいるんでしょうね。
今は、その淋しいと言う感情を早く癒してあげたいと心から思っています。
受け入れる準備ができました。

ひのはさんが、またヒーリングで私のためにその感情を探ってくれると言ってくださっています。
本当にありがたいです。
私が、自分自身と向き合うきっかけになったのは、
私は誰なんだろう。私はなんで生まれて来たんだろう。私は、何がしたいんだろう。
の全てがわからないって事がきっかけでした。
なんにも本当にわからないんです。

小さな頃から自分の外側をみていきて来ました。
自分の気持ちや感情に蓋をして、大人や好きな人や、いいといわれていことに自分を明け渡していました。
疲れてしまって、楽になりたいって、ただただそう思ったのも自分を見つめるきっかけでした。
今は、かなり自分を生きれる様になりました。素直に正直に^ ^
そしたら、感謝という感情を感じ、人が好きになり、幸せになり、楽しくなりました。

でも、まだ自分がなにをしたいのか、探し続けています。
毎日、毎日を真剣に楽しく生きています。
それが出来る様になったから、淋しいと言う感情を癒す時がきたのかと思います。

木は大好きです。(*ビジョンに木が出てきたことについて)
私の家の裏にある少し山の小高いところにある神社の大きなケヤキの木が大好きでよく抱きつきに行っています。
ただそれだけで、今の私にはまだなにもわかりませんが、時間を作って最近行ってないので会いに行こうと思いました。
ぴあのさん、本当に素敵なビジョンを教えてくださり、ありがとうございました。


⇒ Yさんに送ったエネルギーとリーディング内容はこちらです

⇒ 光とビジョンのエネルギーワークの詳細はこちらです






Yさんへどのようにエネルギーを送ったか、ひのはのYさんへのメールと、ぴあのが見たYさんのビジョン(リーディング)のYさんへのメール。

   *   *   *   *   *

【ひのは : Yさんへのエネルギーワーク】

まず、最初はYさんの頭から体全体をエネルギーで包むようにして送ったんだけど、エネルギーを送り始めたときには僕の体からたくさんのエネルギーがYさんに向かって流れて行ったよ。
でも、少しするとエネルギーの流れをあまり感じなくなってしまったから、今度は後頭部から直接Yさんの中に入るようにエネルギーを送りました。
するとエネルギーは再度流れ始めたんだけど、少しするとまた流れが弱くなってしまったから、今度は背中からハートに向けてエネルギーを流してみました。

ビジョンの中で一瞬背中の扉が少しだけ開いて、白くて美しい光の玉が見えました。
その時僕はそれがYさんの魂だと直感しました。
エネルギーを送っている最中にビジョンで魂を見たのはこれで二回目だけど、それは言葉では言い表せないほどに美しい光の玉なんだよね。
僕はその光の玉に向かってエネルギーを送り続けてみました。
するとその光の玉は輝きを増して、とても喜んでいるように見えたんだけど、そう長くは続かなくて背中の扉が閉じてしまいました。

そのあとはエネルギーを送る場所を色々変えてみたりしたんだけど、思っていたよりも流れていかなくて。
でも時々細やかなバイブレーションがさーっと流れていったから、入っていっているのはちゃんと感じてたよ。
そしてYさんの体の周りには、直接入っていかなかったエネルギーが残っていたと思うから、僕が遠隔をやめてもしばらくは感じることが出来たんだろうね。

今回はYさんに必要な分だけ届いたと思うし、必要な時期だったのかも知れないね。
そして、このエネルギーは特定のひとだけが特別に使えるのではなくて、本当は誰でも使えるエネルギーだと思うの。
天と地にしっかりと自分の意識をつないで、その間の架け橋となる光の柱になればいいだけだから。
それは虹色に煌めくオーラのような光をまとう光の柱だよ。

それが出来るようになるまでは、必要を感じる時に僕のエネルギーを受け取ってくれればいいと思うけど、いつかは自分自身の中に揺るぎない光の柱を建てて、それを使えるようにならないとね。
誰でも自由に使えるのに、利用しないのはもったいないでしょ(笑)
みんながそうなっていってくれるといいな。


【ぴあの : Yさんのビジョン(リーディング)】

Yさんにつながると、小さな天使の羽が見えてきました。
何枚も何枚もの羽が、空間に生まれてきます。
その羽の映像をしばらく見ていると、私の胸に大きな感情の嵐が入り込んできました。
呼吸が苦しくなるくらいのエネルギーで、しばらくその感情のエネルギーを感じていると、感極まって泣きそうになってきました。

そのまま泣いてしまって冷静にビジョンが見えなくなくなると困るので、私は泣きそうな感情を静止しました。
その感情は、Yさんのものです。
これから書くビジョンに女の子が出てきますが、その女の子はYさんです。

小さな女の子が、宇宙に浮かぶ小さな青い星に腰かけています。
女の子は、頬づえをついて、少し淋しそうです。
目は下の方を見ながら、左手で頬杖をついています。
右の手から、星のかけらを一粒一粒落としているのが見えます。
星のかけらは、宇宙空間をきらきらと煌めきながら落ちていきます。

女の子は立ち上がり、歩き始めました。
ビジョンは、延々と白い道が続く光景に切り替わりました。

女の子は、やはり淋しそうに一人でゆっくりと歩いていきます。
私(ぴあの)が、いつの間にかその道に立っていました。
私は女の子に声をかけました。
「どこへ行くの?」
女の子 「わからないの」
「そう、わからないの」
と言いながら、その女の子とお話をしました。

女の子が、どこへ行ったらいいかわからないけど、ずっと歩き続けてると言うので、私は、
「ねえ、絵を描いてみない?何でもいいから書いてみたら行きたいところを思い出すかもよ?」と言ってその子にクレヨンと画用紙を渡しました。

女の子は、画用紙の後方に緑の山と、前方にミルク色の大きな湖を描きました。
そして、山と湖の間に木を描きながら、「そうだ、私、この木のところに行くんだった!」と言いました。
木と大事な約束をしていること、木に、大切なものを預けてあること、木が待ってくれていること、女の子はそんなことを語りはじめました。

そんな話をしていると、白い湖がビジョンいっぱいに広がり、ビジョンは白い世界になりました。
その白い世界に、緑色の木の葉が、桜吹雪が舞うように、葉っぱの吹雪になって舞い始めました。

またビジョンが変わります。
Yさんのシルエットが見えます。(先ほどまでの子供ではなく、今現在のYさんです)
Yさんの額から、複数の青い色のラインが、螺旋状になって前方に放たれています。
様々な青のグラデーションのラインは、やがて宇宙空間で波のように漂いはじめました。

しばらくその光景を見ていると、天から光のしずくがすーっと彗星のように降りて来て、羽衣のように漂っている青のグラデーションの真ん中を突き抜けていきました。
青い羽衣は、そのしずくによってふたつに分かれました。
しずくが通り抜けた光の道はスパークするように光り、その光が青いグラデーションのエネルギーを包み込みました。
そして、辺りは白い光の世界になりました。

ビジョンから感じたことは、一貫して淋しさ、一人で何かを探し続けているYさんでした。
ビジョンの色はとてもきれいで、やわらかなパステルカラーが基調です。
重い色は全く見えませんでした。
ですが、寒色系で、その色合いからやはり淋しさを感じます。

最後に降りて来た光のしずくは、神々しく光り輝いていて、とてもきれいでしたよ。
星に腰かけて星のかけらを落としている光景も、ほんとうにきれいでした。
白い道と、絵に描いた白い湖は、同じ色で、同じエネルギーでした。

木のメッセージは何でしょうね。
舞い散る木の葉は、何かとても大切なことを伝えようとしているように思います。
少し心にとめて、感じるところがあれば、意識を向けてみてください。


⇒ Yさんのエネルギーワークの感想はこちらです





ツインハートに新しくアップしましたマニカラン・パールバティ産 『虹のローブ』 の
紹介です。
ぴあののビジョン(リーディング)と、ひのはさんの石の説明をこちらに転載しますね。

   *   *   *   *   *

- 石が伝えてきたビジョン -

このマニカランに意識を繋ぐと、宇宙空間に大きなクリスタルの階段が現れました。
左右にいったいどのくらい伸びているのかわからない広く大きな階段です。

私はゆっくり階段を昇っていきます。
すると、階段の上にどこからともなくカラフルな色の光の玉が現れてきます。
一段に、ひとつずつ、階段をひとつ昇るたびにひとつ、光の玉が現れます。
青い玉、赤い玉、緑の玉・・・玉の色は、虹の色でした。

それぞれの玉は光を帯びて光っていました。
そして、無邪気な妖精のようなエネルギーを伝えてきました。
歓びに満ちあふれた親愛のエネルギーを私に向けてきます。
私は、光の玉とテレパシーで話をしました。
虹の各色の玉それぞれが、その玉が持っている光の情報を伝えてきます。

一段一段階段を昇りながら光の玉と色々な話をしていると、同時に自分の意識も一段一段
上昇していくのが分かります。
そして、いつしか私は調和に満ちた愛の次元の世界にいました。
そこは、緑あふれるこの地球の地上と変わりない光景でしたが、その世界には愛しか存在
せず、安らぎしか存在せず、そこに暮らす人々は穏やかで調和に満ちていました。

さっきまで私が話をしていた光の玉たちが、その世界でいつの間にか蛍のように舞ってい
ました。
そして、呼吸を合わせたかのように、玉たちが一斉に透明になりました。
消えてなくなったのではなく、その世界での空間に満ちるエネルギーになったのです。

そのエネルギーは透明で、清らかで、すべてを光に透過して浄めます。
清浄そのものの空間のなかで、全てのいのちは愛のみを発します。
その世界の集合意識は、完全な和で融合し、澄み切り、慈しみ、繋がりあっています。

小高い丘の上に、この世界のエネルギーを物質化するエネルギー場がありました。
そこで、必要に応じて様々な光のエネルギーの物質化が行われています。
このマニカラン水晶も、そこで創られました。
物質化されたエネルギーが、地球に降りて行きます。
このマニカラン水晶は、この澄んだ慈しみの次元のエネルギーを、この世に伝えます。

この石からのメッセージです。

  あなたの内の虹の色といつも話をしてください。
  あなたは今何を必要とし、何を求めているのか、
  意識を済ませば、心が静かにそれを教えてくれるでしょう。

  それはビジョンかもしれないし、心に響く言葉かもしれません。
  音楽かもしれないし、目にする風景かもしれません。
  そして、それぞれの虹の色がそのときに必要な答えを伝えてくれるでしょう。

  ですが、それはあなたの内にある答えです。
  ですから、あなたは自分の内を揺るぎなく信頼してください。
  あなたが自分を揺るぎなく信頼したとき、最善の答えが得られます。
 
  虹の七色は、あなたの内宇宙にある、すべてを統合するエネルギーです。
  虹は光がなければ現れることはできません。
  光のローブを纏い、時にひらめかせ、時に静かに光を受け、様々な虹の光を
  あなたの内に創り出してください。
  そして、細やかで豊かな愛の次元に意識を住まわせてください。
  私を見て、私につながり、あなたの内にある愛の深さと虹の光を思い出してください。


---石の説明---

ヒマラヤ・マニカラン産の美しいクリスタル、『虹のローブ』のご紹介です。

この水晶は潤い感のある艶やかな光沢に恵まれ、とても強い光を反射します。
そこに瑞々しいほどの透明感をあわせ持ち、全体的なエネルギーは大変軽やかな印象です。
トップに手をかざすと繊細でやわらかなエネルギーの押圧を感じます。
眺めているだけで心が洗われていくような、そんなやさしさに包まれた水晶ですよ。

メインのポイントのトップ付近には細やかな虹があふれています。
テーブルの上などに置いて水平方向に回せば、どの方向から見ても虹を見ることが出来ます。
また基部付近と、もうひとつのポイントにもきれいな虹が見られます。
虹は天からの祝福と言われますが、こんなにも現れている水晶は大変貴重なものですよ。

基部付近にはセレスティアルローブが雲海のように現れています。
セレスティアルローブは天使(天女)の羽衣とも言われ、天使のエネルギーを宿している
ハイオクターブなものがとても多いように感じます。
この水晶もまた天使のエネルギーを持っており、明るくて純粋なエネルギーは心をふっと
軽くしてくれます。
光の射しこむ角度が合えば、ここにも虹を見ることが出来ますよ。
また、母岩はなく、すべてが水晶質です。

たくさんの虹と美しいセレスティアルローブを内包する、マニカランの光の結晶です。


  マニカラン・パールバティ産 『虹のローブ』
  マニカラン・パールバティ産 虹のローブ


  天然石ショップ~ツインハート~ http://twinheart.net/


 *ツインハートは、クレジットカードに対応しました。
  VISA、ダイナーズ、マスターカードでのお支払いができるようになりました




ぴあのサファイア

Author:ぴあのサファイア

水晶、女神、天使と交流します。すべてのいのちとの調和を望みます。天の光と、私たちに内在する光の意識が呼応し、響きあい、この地上が光の世界となりますように。


05 | 2014/06 | 07
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 - - - - -
左上の青いボタンクリックで再生します