2017 / 10
<< 2017 / 09 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 - - - - 2017 / 11 >>

昨日はおなもみにとてもひどいことをしてしまいました。
たま~に、やってしまうのです・・・
自分で自分が制御できなくなって おなもみに当たってしまうのです。

制御できなくなる要素は、いつもパターンが決まっているのです。
自分でも 何が原因かはよくわかっているのですね。
めったにはないことなのですが(ここは声を大にして言っておこうっと)
たまに、その要素にどっぷりとはまってしまうことがあります。
原因がわかっているにもかかわらず・・・
そうすると、どこから湧いてくるのか、とにかく怒りの感情に思考が支配されてしまいます。

はまらない時は全くはまりませんが、だいたいがエネルギーが下がっている時に
こういう自分になるのだ ということが最近わかってきました。

昨日、エネルギーが下がった原因は察しがつきます。
お世話になっているkimikimiさんが、無食になられるための実験を(食事を全くとらず、光で生きる)
新年からスタートされて、そのエネルギーがこちらにどんどん来るようになりました。
もともと、kimikimiさんにずっとエネルギー的に影響されている私は、そのことによって
自分の食生活が全く変わってしまいました。

まず、お肉が全く欲しくなくなり、お肉を食べたい と一切思わなくなりました。
うちは、お料理するのは、主人のタリバンですが、タリバンにもその影響が出ているのか
作ってくれるものは、野菜料理が主になってきました。
とにかく、ここのところ、ずっと粗食でそれでも物足りなく思うこともなく、心身も健康で
何の問題もなくきていました。
そして、クリアーとはこのことかな と気づき始めていた頃でした。

ところが、昨日、久しぶりに会った友人とランチを食べに行ったのです。
外に出たら、やっぱり何でもおいしく食べることのできる自分がいるのですね。
あたりまえですね。今までずっとそうして食べてきたのですから・・・
でも、『食べるとエネルギーが下がる』というkimikimiさんのおっしゃることが
昨日はよ~くわかりました。

で・・・やはり、『エネルギーが下がっている時に、はまってしまう』の私の法則のとおり
昨日の私はひどかったのです・・・全く私じゃなかったのでした・・・
いつもならなんなくクリアーできることなのに
どっぷりとイラつく原因に浸りこんでしまいました・・・

おなもみはと言うと、とにかくイライラしている私を自分のせいだと思い、
どうにか私に早く元にもどってほしいと、健気なほどに私に気を使っていました。

私の愛を確かめたくて「おかあさん、好き好きしよう」と、言うおなもみ。
”好き好き”とは一日も欠かしたことのない日課(?)逆コアラ抱っこでぎゅっと抱き合うこと。
日に一度は必ず。多い時は何度も。

でも、その”好き好き”すらそのときの私にはできず、おなもみは涙ぐんでいました・・・
やっと、私の気持が一段落ついて、おなもみに「好き好きする?」という私。(なんて勝手!)
私のひざの上に乗ってくるおなもみをぎゅっと抱き締めて「ごめんね」、と何度もあやまる
私なのでした。
私がどうしてこうなったのかを 詳しくおなもみに説明していく私に、腕の中のおなもみは
「いいよ。許してあげるよ。いいよ。」を何度も繰り返して 私を慰めてくれました。
(私がこうなった時はいつもこのパターンなのです。情けない~・・・滅)

そして、いつもの私に戻ったのを見て安心したおなもみは、よほど自分の心も
落ち着いたのでしょう。仏様の絵を描き始めました。
「おかあさんに、描いてあげるね」って・・・
「今日は特別なのを描いてあげるね」
と言って、豪華なオーラに包まれた仏様を描いてくれました。(下の絵です)

仏2


この仏様を見て、心が洗われ 癒されました。
ありがとう。なんて優しいんだろう・・・
それに引き換え、私は、もう、おなもみに申し訳なく、
こんな母のところに生まれてきてくれたことに、また感謝で心がいっぱいになりました。

そして、おなもみが眠りについてしばらくして、kimikimiさんからメールが届きました。
「おなもみ君は百千万劫難遭遇なんだよ」
今日のとどめの涙となりました・・・

おなもみ、ありがとう。
kimikimiさん、ありがとうございました。
関連記事

この記事へコメント:する















ぴあのサファイア

Author:ぴあのサファイア

水晶、女神、天使と交流します。すべてのいのちとの調和を望みます。天の光と、私たちに内在する光の意識が呼応し、響きあい、この地上が光の世界となりますように。


09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
左上の青いボタンクリックで再生します