2017 / 09
<< 2017 / 08 - - - - - 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 2017 / 10 >>

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


『あとり in 徳島-3』 の続きです。

前回までの『あとり in 徳島』の記事はカテゴリーからまとめて読めます。 ⇒こちらから

あとりちゃんとの出会いは、10年前、当時私が秘書をしていた”kimiさん”のサイトの掲示板でした。 >kimiさんtwitter
それからあとりちゃんは、kimiさんのブログのコメント欄の常連になり、また、私たち個人のブログを通してネット上で親しくなっていきました。
彼女は、その頃から体がとても悪い状態でした。

彼女は、小さな頃から自分に「自滅プログラミング」をかけていました。
そのことであとりちゃんがkimiさんに相談をしたメール文があるので、ここに一部抜粋して紹介させていただきます。
(紹介することは、あとりちゃんの了承を得ています)

  *  *  *  *  *

私の体の中のあちらこちらに、「自滅プログラミング」がかかっています。
うまくいえませんが、まだ、死もわからない小さい頃から、ありったけの力をこめて、「体が消えてしまうように、明日になったら、あさってになったら、来年までには体がすべて消えてしま

うように」と訓練や祈りを真剣に毎日、何年もあげていました。
その癖は病気になるまで日常になり、続いた気がします。

しょーもない癖ですし、この癖が関係しているかもわかりませんが、体に鎖のように頑丈なものがかかっていてとれません。
少し状態がよくなると、ものすごい強さで前よりも強く引き戻す感じで、それは精神には現れなくて、肉体に目に見える形で現れます。
その繰り返しを6年してきました。
最近の体の状態も強烈にそんな感じです。
特に、口や排泄器官、生殖器官系が、膿む、痛むで歯が抜けそうになるなど、実際、食事や排泄が困難になる形で現れます。
原因はわからないのです。
免疫系はとても弱いのですが、ここまでなる人はあまりいないそうです。

  *  *  *  *  *

これは10年前に彼女が書いたものですが、その後10年間、彼女はなんとか良くなりたいと必死で頑張ってきました。

けれども、どんなに前を向いてもどんなに自分を奮い立たせても、あらゆる手段を試してみても、自滅プログラムは解けず、精神状態を保つこともままならないほど状態は悪化し、限界にきてしまいました。

彼女が私たちにワークを申し込んできたのは、そんな時でした。
まさに、自滅寸前というところだったかもしれません。

数十年かけ続けてきたこの自滅プログラミングを解くのは容易なことではありませんでした。
一体どれほどの強い意志をもって、こんなプログラミングをかけてしまったのでしょうか。
それは、彼女の過去世から端を発していました。

今生では、身心の状態がひどくなってからは特に、「おまえは死ななければならない、おまえのような汚いものは生きていてはいけない」という声が常に聞こえてきて、その通りにしようと動いてしまっていました。

けれども、『あとり in 徳島-1』で書いたように、彼女はもう大丈夫だと神さまからお墨付きの言葉をいただきました。

人は、魂はほんとうはどうしたいのか日々ハートに問いかけ、真摯に生き、天(神)に繋がり生きていけば、自らの内の振動はおのずと天の旋律に共振していきます。
そうなっていけば、すべてが調和のプログラムのなかに入っていきます。人は本来、そのように生きるために生まれてきているのですから。

けれども、様々な闇のような過去の経験やカルマが、魂のほんとうの望みを忘却の彼方に追いやってしまいます。
ですが、人は天の調和の内にすべてを入れ、天(大いなるもの、または神)を信じ任せきることができれば、解けない負や闇のプログラムはないのです。
そして、天を信じきるということは、天より生まれでた自分自身を信じきるということでもあります。

また、彼女ほどの大きな負のプログラムではなくとも、日常誰もが陥る負のエネルギーや連鎖に対しても然りです。

『あとり in 徳島』、まだ続きます。


「自滅プログラム」当時(2006年)のあとりちゃんのメール文とkimiさんの返信文です。 ご参考までに。

 ⇒ 自滅プログラム[1]
 ⇒ 自滅プログラム[2]



 

関連記事

この記事へコメント:する















ぴあのサファイア

Author:ぴあのサファイア

水晶、女神、天使と交流します。すべてのいのちとの調和を望みます。天の光と、私たちに内在する光の意識が呼応し、響きあい、この地上が光の世界となりますように。


08 | 2017/09 | 10
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
左上の青いボタンクリックで再生します

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。