2017 / 10
<< 2017 / 09 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 - - - - 2017 / 11 >>

おなもみと演る!と決めたピアノデュオ♪
昨日、買ってまいりましたあ~~☆ 楽譜☆☆
の○めカンタービレに触発された、『モーツァルト、2台のピアノのためのソナタ ニ長調』




   モーツァルトー1126




今から心ワクワク躍らせています。o(^-^o)(o^-^)o
レッスンに来ている、恋愛相談Mちゃんとも演ろう!って言っています。o(≧∇≦)o




   ソナター1126




ピアノ協奏曲を除いて、今まで二度、ピアノデュオを演奏したことがあります。
その二度ともが、ちょっと心残りな仕上がりでした・・・o( _ _ )oショボーン

リスト編曲のラコッツィマーチ。
こちらは卒業してからですが、第一ピアノを同じ門下の先輩が、私が第二ピアノでした。




   リストー1126




フレーズの取り方が、先輩と私で違う箇所があって・・・
先輩に、「ここは、こう切るんじゃないですか?」 と言ったら、「それは違うでしょう。ここで切るのよ」 
と、自信たっぷりに言われて・・・
そ・・・そうかなあ~~ 違うと思うけどなあ~~ と思いながら、気弱な私は(?)、それ以上、
「いえ、こうだと思います~~」 って言えなかったのです。o( _ _ )oショボーン  o( _ _ )oショボーン

知っている方は知っていらっしゃると思いますが、か~な~り~ハデな曲です。
カッコいいです☆
楽譜を見ても、ガンガン、ハデそうでしょ?(笑)




   ラコッツィー1126




もうひとつは、サン・サーンスのバリエーション。
こちらは大学時代、先輩の私が第一ピアノ、後輩が第二ピアノを・・・
サン・サーンスらしい、遊び心が垣間見えるような、軽やかできれいな曲。




   サン・サーンス-1126




この曲の最後のバリエーションが四分の三拍子で、初めから最後まで タタタ、タタタ、タタタ・・・
第一ピアノと第二ピアノが掛け合いで進んでいくフレーズがあって、ここは二人の息が相当合って
いないと、きれいによどみなく流れていかないのです。
ここが、どうしてもうまく合わせられなくて、レッスン中、先生がキレちゃって・・・


「あなたたち!バカじゃないの!!」
(怒MAX)



と、やおらお叫びになられたかと思うと、レッスン室のドアをバッターン!と閉めて・・・
帰っちゃいました・・・

ドアが閉められた後 私と後輩、ゆ~~っくりとお互い顔を見合わせ、しばし、し~~~~ん・・・
そのまま時間が止まる・・・(; ̄ー ̄ )無言・・・

下の写真は、その、「バカじゃないの!」 部分。




   バリエーションー1126





結局、いつもこのフレーズが不安定なまま終わってしまい・・・消化不良でした・・・(-"-)

おなもみが大きくなったら、いつかいつかこの二曲、親子で息の合った演奏をしてみたい! と
夢見ています♪

ドラマ、の○めカンタービレ、おもしろいです☆
月曜9時からです♪

私は、高校時代から音楽科で学んでいたので、七年間音楽浸けの学生生活を送りました。
今の私の、音楽だけではない、いろんな意味でのベースとなった七年間でした。
のだめを見ていると、なんだかその頃を思い出して、なつかしくって~~(゚ー゚*)。oO○
ハマりきっちゃっています。゚。(*^▽^*)ゞ >>の○め公式HP

ああ、青春時代・・・遠い目・・・(゚-゚;)ヾ(-_-;) オイオイ...



いのちの島=屋久島へもよろしければぜひどうぞ☆ >>こちらから

関連記事

この記事へコメント:する















ぴあのサファイア

Author:ぴあのサファイア

水晶、女神、天使と交流します。すべてのいのちとの調和を望みます。天の光と、私たちに内在する光の意識が呼応し、響きあい、この地上が光の世界となりますように。


09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
左上の青いボタンクリックで再生します