2017 / 06
<< 2017 / 05 - - - - 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 - 2017 / 07 >>

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

一昨日、妹のベビーの1ヵ月健診に付き添いで行ってきました☆

大学病院なので、健診に来ている赤ちゃんも、多い多い・・・
一週間おきに行われる健診ベビー最大枠が、15人らしく、先日は15人、フルベビー。
赤ちゃん、赤ちゃん、赤ちゃん・・・
みんなかわいい~~~~o(≧∇≦)o
赤ちゃんを抱いて、幸せいっぱいのお母さん、そしてその家族の中にいるだけで、こちらまで
幸せ幸せ♪


妹が産後健診のため診察室へ行こうとすると、妹ベビーのまいちゃん、今までぐっすり寝ていた
のに、突然、ほぎゃー!と泣き出しました。
ママが離れるのがわかるのでしょうか・・・(おなもみもそうだったなあ~~ 遠い目)

実は、このまいちゃん、一旦泣き出したら誰が抱いてもダメ。
妹が抱っこしなければ泣き止まない という強者(つわもの)。

私は、クーファンに寝かせていたまいちゃんを抱っこして、
『おなかすいてるのかな~オムツかな~~・・・』 

長い廊下に赤ちゃんいっぱい。
泣いているのはまいちゃんだけ・・・

「まいちゃ~ん まいちゃんだけでちゅよ泣いてるの。恥ずかしいでちゅね~(どうして赤ちゃんに
語りかけるのってこういう言葉になっちゃうのかしら) 泣き止みまちょ~ね~~♪」

まいちゃん、 「ほぎゃー!(火がついたように泣いている・・・汗)」

ここで、9年前の記憶が自然と呼び覚まされた私。
まいちゃんに、語りかけ始めました。
おなもみは、いつもこの言葉を子守唄にして寝ていました。
これは、効くのです。

「まいちゃん、まいちゃんはとってもとってもいい子です。
素直な素直ないい子です。
我がままや強情は言いません。
お返事はいつも、はい って言いますよ~~。

まいちゃん、ありがとう。
生まれてきてくれて、ありがとう。
まいちゃんが生まれてきてくれたから、み~んなが幸せになったよ。
まいちゃんが生まれてきてくれるのを、み~んなが待ってたのよ。
おかあさんも、おとうさんも、京介おにいちゃんも、おなもみおにいちゃんも、
おねえちゃん(<私。ちなみに、甥の京介にも私のことをおねえちゃん って呼ばせてマス) も、
み~~んなが、まいちゃんのこと、待ってたのよ。
まいちゃん、ありがとう。生まれてきてくれて ありがとう。本当にありがとう。

まいちゃんはね~ これから楽しいことがい~~っぱいあるのよ。
たくさん たくさん、楽しいことが待ってるのよ。
良かったね~~まいちゃん。
生まれてきて、良かったね。

さ~ お目目を瞑ってねんねしましょうね~
楽しい~夢を見ましょうね~~
京介おにいちゃんや、おなもみおにいちゃんと、楽し~く遊んでいる夢が
見られますよ~~」

ベビーおなもみにも、一日何度、この言葉をかけたでしょうか。
抱っこして、そっと柔らかく優しい~声で、歌うように語りかけてやります。

赤ちゃんは右脳全開。
言葉は ”光と波動でキャッチ” します。
そのままストレートにキャッチするので、心からの語りかけは、赤ちゃんは超高感度で感じ取り
ます。


あんなに泣いていたまいちゃん、私が語りかけはじめると、ふっと目を開けて私の声を聴き始め
ました。
本当に、聴いているのですよ。
それが、よ~くわかります。おなもみも、そうでした。

そうして、気持よくなるのか、うつらうつら・・・し始めるのです。
そして、す~ っと、寝てしまいます。
愛と光の波動を敏感に感じるのでしょうね。
(健診から帰ってきた妹が、この子を寝かせられるなんてすごい!とびっくりしていました。(^^)v)

この言葉かけは、ただ、寝かしつけるためだけのものではありません。
その子がこれから生きていく上での、人生を左右する言葉かけかもしれません。

我がままや強情を言って、素直でない子供のなんと多いことでしょうか・・・
自分の存在を否定されて、心閉ざしてしまう子供のなんと多いことでしょうか・・・
いつの間にか、人生はつらく苦しいもの と、大人や周りから刷り込みをされて、つらく苦しく生き
ていく子供の、なんと多いことでしょうか・・・
(おなもみは、本当に我がままや強情を言ったことがなく、いつも はい とお返事するのです)
(そうして、毎日、ニコニコ笑っていて、穏やかです。そんなおなもみを見て、私も幸せです)
(す、すみません。親ばかで・・・)


生まれてくることは、素晴らしいこと。
宇宙は愛に満ちていて、私たちは、宇宙から素晴らしいギフトを常に受け取る権利があること。
そういう宇宙の法則を、全く忘れてしまっている大人たちのなんと多いこと・・・

そんな大人にならないために、愛と光でいっぱいの人生を生きられるよう、
生まれたときから(本当は、胎児の頃から)

『あなたは愛されて愛されて、望まれて生まれてきた』 こと。
『生きていくことは、楽しいこと。(つらく苦しく生きるために生まれてきたのではない)』 こと。
『いつもいつも、大きな愛に包まれて、守られているから 安心していていい』 こと。

を、伝えてやることが、私たち親や大人のできる子供への最大のギフトかな・・・と思います。
そして、それは、自分を癒すことへも繋がります。

親の愛を十分に得られなかった、人生は努力して、苦労して、頑張って生きていくものだ と
刷り込みされて その結果心を固くしてハートが開かなくなってしまった自分。(これは私の体験
なのですが・・・) 
そして、宇宙を信頼できずに、愛から分離してしまった自分への語りかけでもあります。
この言葉かけをしていると、いつも涙が出てきてしまう私です。
子供を癒していると同時に、自分も同時に癒しているのですね。

今でも、おなもみが寝るときには、いつも 
『生まれてきてくれて ありがとう。大好きだよ。おなもみはお母さんの宝物だよ』 
と、髪をなでながら言ってやります。

おなもみ、ありがとう。お母さんを癒してくれて、ありがとうね。

そして、まいちゃん、生まれてきてくれて ありがとう。
あなたの存在が、どれだけ回りを癒していることか・・・

そして、こんな素晴らしい人生を体験させてくれる宇宙に、ありがとう。
心からの感謝を・・・☆ (*^▽^*)

写真は、健診の日のまいちゃんです。(^^)




    まいちゃんー1202




いのちの島=屋久島へも ぜひどうぞ☆ >>こちらから

関連記事

この記事へコメント:する















ぴあのサファイア

Author:ぴあのサファイア

水晶、女神、天使と交流します。すべてのいのちとの調和を望みます。天の光と、私たちに内在する光の意識が呼応し、響きあい、この地上が光の世界となりますように。


05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
左上の青いボタンクリックで再生します

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。