2017 / 11
<< 2017 / 10 - - - 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 - - 2017 / 12 >>

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

月曜、おなもみが学校をお休みしたので、担任の先生が心配して
夕方家に寄ってくださいました。

”お腹が痛い” というのが、精神的なものではないか と懸念されたようです。
おなもみは、時々、”月曜” にお腹が痛くなり、学校を休むことがあります。
と言っても、しょっちゅうではなく、三ヶ月に一度程度なのですが、
たまに、『学校に行きたくない』 と言ったりもするので、そのことは毎年担任の先生が
家庭訪問にいらしたときに伝えます。

数年前には、6年生の男の子が、自らの命を絶ってしまったこともあった
おなもみの小学校。
その後も、ある学年は荒れに荒れて授業にならず、何度も父兄と先生の緊急会議が
開かれたり・・・
こんな田舎の学校でも、そういう時代の流れにはしっかり乗ってしまっているようです。
ですので、先生も、生徒達が心地よく、明るい学校生活をおくることができるよう、
その心配りはきっと想像以上のものなのだと思います。
わざわざ家まで様子を見に来てくださった先生に、感謝の気持でいっぱいです。


そんなおなもみが通う学校、先週の金曜に6年生達の 『お箏体験』 というイベントが
あったそうで、お箏を習っているおなもみや、おなもみのお友達二人、6年生の前で
ソロを演奏させていただく といういい経験をさせていただきました。

おなもみはその箏で、今年 こちらの県を挙げて行われる大きな催し物のひとつに
出演させていただけるよう、今、練習中です。
きっと華やかな舞台になるでしょうから、出していただけるととても記念になります。

まずは、このお正月に、そのプロジェクトの一貫としての舞台に出演させていただきました。

お正月早々倒れていた私、この日は最悪のコンディションの中、薬に頼りなんとか起きて
会場に行きました。
よく、薬が効いてくれたものだ と今でも感謝しています。(>_<)
とても起きられるような体調ではなかったですから・・・

本番までのちょっとした空き時間、おなもみに 「ねえ、写真撮って」 と言ったら、
「今日はオーラの色がすごく悪いからやめとき。こんな日に撮ることないよ」 と言われました。

私 「え?オーラの色、そんなに悪い?」

おなもみ 「うん。」

私 「何色?」 …((((o(>_<)o))) ドキドキ

おなもみ 「茶色とか・・・」


 (゜◇゜)~ ガーン


おなもみ 「灰色とか・・・」


 (゜◇゜)~ ガーン


おなもみ 「黒とか。」


 (゜◇゜)~ ガーン


私、頭の中で ”茶色、灰色、黒” 色がぐるぐる回り、症状が悪化しそうな気分に
なりながらもなんとかこの日のイベントを無事終えて家に帰ることができました。
(その後、また倒れる・・・☆ヽ(o _ _ )o~† パタッ)
私のオーラはいつもピンクらしく、おなもみは 
「おかあさんはピンクの服を着てて。ピンクが一番似合うから」 と言います。
調子が悪いときは、よく 「うす茶色」 「グレー」 と言われますが、「黒」 と言われることは
滅多にありません。
よっぽど体調が悪かったのでしょうね・・・o( _ _ )oショボーン

そんな私でよければ、そのイベントを紹介したページがネット上に存在していて・・・
出演者の子供達と母達の集合写真の左端に立っているぴあのをご覧いただけます。(^^)v
(ただし、オーラ、悪し? 爆。)
私のすぐ右に立っているのがおなもみです。

さて、そのページは・・・・・・ 
この日記内のどこかにリンクが張られています。<ヒントなし。(ヾ(--;)ぉぃぉぃ)
お暇な方は、探してみてください~~~☆ (* ̄ー ̄)v 



いのちの島=屋久島は、>>こちらから☆


>>こちら、見ますか?
関連記事

この記事へコメント:する















ぴあのサファイア

Author:ぴあのサファイア

水晶、女神、天使と交流します。すべてのいのちとの調和を望みます。天の光と、私たちに内在する光の意識が呼応し、響きあい、この地上が光の世界となりますように。


10 | 2017/11 | 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -
左上の青いボタンクリックで再生します

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。