2018 / 06
<< 2018 / 05 - - - - - 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 2018 / 07 >>

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

今日おなもみは、もうすぐお引越ししてしまう一番仲良しのお友達と一緒に 先日行った史跡公園
に行ってきました。
この前ここを訪れた時、そのお友達と一緒にここに来たい!と、突然思い、「日曜に行こうね」と
お約束して、この日を心待ちにしていました。
そのお友達は、たろうくんちの三姉妹の中姫ちゃん、下姫ちゃんです。
中姫ちゃんとは、おなもみが幼稚園入園してすぐ一番のお友達になりました。
4年間、大親友でした。

お互いを見ていて、魂レベルで触れ合っている ということが本当にわかりました。
二人を見ていると 小さな子供も、魂の触れ合える友どうし というのは、こんなにクリアーな
波動をストレートに発しているのだ ということを感じました。
おなもみにとって、こんな小さなうちから魂レベルで触れ合える友がいた というのは、とても貴重な
4年間であったと思います。
私が思い返すだけでも 二人の心温まるエピソードはたくさんあります。
それを考えると 本人達には、親が知らないどれだけたくさんの思い出があることでしょうか・・・

昨日おなもみが灯籠作りをしていたのは その中姫ちゃんにプレゼントするためでした。
「☆☆ちゃんち、灯籠がないから」と、天からの使命に燃える(?)という感じのおなもみでした。
灯籠をつくった後、使用説明書まで書いていました。

下に写真をアップしましたが、だてに毎日灯籠を分解していたのではない と感心しするほど
灯籠を作る時間の早かったこと!
私なんか、「灯籠を作る」とおなもみが言ったとき、灯籠全体を粘土で作り上げるような感覚でいた
のだけれど、おなもみは 灯籠のパーツ、ひとつひとつの大きさ、バランスをきっちりと把握していて、「足の部分は三本足ね。おなもみのうちと違うのにするの」などと言いながら、胴体の部分、
それから足と胴体の間にはさむパーツ(そんなのあるんだ)屋根の上にまた小さな屋根、と合計
五つのパーツを あ っという間に次々と考え込むこともなく作り上げていき、最後に組み立てて
「できた!」 横で見ていた私は、「は~・・・」と感心を・・・
「あとは色をぬるの」と言って 足の部分に「苔」だ と言って絵の具で色をぬっていました。

なにしろ8歳の子供があっという間に作り上げてしまった紙粘土の灯籠。
できばえはお世辞にもすばらしい!といえるようなものではありませんが、中姫ちゃんを想いながら
作った おなもみの気持が込められた 母としてもとても暖かいエネルギーを感じる灯籠でした。

「プレゼントだから箱に入れてリボンかけなきゃ」と、主人と夕方 箱とリボンを買いに行きました。
「明日、史跡公園に行くときに渡すの」と、それこそおなもみにとって公園に行くこととプレゼントを
渡すことは一大イベントの様子でした。

史跡公園に行く車の中でプレゼントを渡すおなもみ。
たろうくんちの中姫ちゃんと下姫ちゃん、それはそれは喜んでくれて、‘こんなにまで喜んでくれて・・・’と、私は感動!
そして、子供たちの会話を聞いていて、これが8歳、7歳の子供たちの会話か と思うほどのやりとりを耳にして心から感動しました。
お互いを思いやる気持に溢れた会話を聞いていて、この子たちはいつもこんなふうに会話しながら
遊んでいたのだ と思うと、私の目には涙が浮かんできました。
それはそれは、暖かい、愛の波動でいっぱいの、そばにいるこちらまで浄化されてしまうような
三人のやりとりでした。

この子たちの世界は、いつもこのような澄んだエネルギーで包まれていたのだ ということを知ること
ができたこと、そのことが私にはとてもうれしかった。本当に、心から。

この子たちの関係はきっとこの4年間だけじゃない。
そのことも確信できた今日の一日でした。

朝、史跡公園でたっぷり遊んだ後、午後からも夕方遅くまで遊びました。
お引越しまであと10日。
もうきっと今日のように遊べる日はないでしょうけど、魂の触れ合える友は離れ離れになっても
きっと寂しくはないことでしょう。
深い深い意識の部分でお互いが繋がっているから。

 
…………………………………………………………



おなもみがプレゼントした灯籠&史跡公園にて


史跡2  直樹灯篭  史跡1

史跡4  しせき5


ひろ~い原っぱでおもわず寝転んでしまう三人。
気持わかるなあ・・・
この上におなもみお薦めの埴輪があり、子供たち大喜び。

史跡3



二年生二人、一年生の下姫ちゃんのマイペースな足を待てず先先と・・・

しせき6
関連記事

この記事へコメント:する















ぴあのサファイア

Author:ぴあのサファイア

水晶、女神、天使と交流します。すべてのいのちとの調和を望みます。天の光と、私たちに内在する光の意識が呼応し、響きあい、この地上が光の世界となりますように。


05 | 2018/06 | 07
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
左上の青いボタンクリックで再生します

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。