2017 / 06
<< 2017 / 05 - - - - 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 - 2017 / 07 >>

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

昨日書きましたおなもみの藍染阿修羅さまは・・・

どんな作品に仕上がって帰ってまいりましたか というと、
フイルムケースと洗濯バサミを使った模様付けの技法で、
藍色に染まったハンカチに木霊ちゃんが浮かんでいるような作品に
仕上がって帰ってまいりました・・・
阿修羅さまは・・・どこなの??? ですが、・・・まあ、いいか♪
(ロウケツ染めはさせてもらえなかったみたいです)

お土産?に 「おかあさん、サンボっていうお砂糖のお菓子もらってきたよ☆」
と、うれしそうに言うおなもみ。
「サンボ??」 
そんなお砂糖があるのねえ・・・ と、おなもみがポケットから出した小さな袋を見たら
”和三盆” でした。バッターン!。。☆ヽ(o_ _)oゴン☆
私と主人に一つずつくれました。
甘くておいしかったです~~・:*:・(*´ー`*)・:*:・


時間もないのに最近読書ずいている私、
今日読んでいて、とても心に響いた一節を載せてみます。
同じ本を繰り返し読んでいても、その時その時によって魂にぐっと入ってくる
言葉は違いますね。

二冊の本から載せてみますが、この二冊は全く異なったエネルギーの本です。
全く異なったエネルギーの本から、全く異なったエネルギーの言葉に
同時に惹かれました。
私は今 自分自身の中の分離を統合しようとしているように思います。


 先日私が抱いて寝た本より 

 『あなたは、「愛」 というただ一つの言葉によってのみ生きるべきです』
 『慈悲に満たされた心は神の寺院です』
 『太古の智恵においては、身体は神の寺院であると考えられました。あなたの本当の
 神聖な姿は、その寺院の中に住んでいる神であるのです』


 クリシュナムルティより

 『もし思考が真理について考えることができるならば、その時、それは真理では
 ないことだろう。
 真理とは、いわゆる思考活動が止んでしまった存在の状態である。
 考えることは ― 私たちが知っているように ― 時間や過去の自己拡張的過程の
 結果である。それは既知から既知への運動の結果である。原因の結果である思考は、
 原因なきものを明確にすることは決してできない。
 それは既知のものについて考えることができるだけである。
 というのは、それは既知の産物だからである。』

 『あなたが思考である過去を完全に否定する時、あなたがそれを自分の生活の中で
 日々否定することによって蓄積の瞬間が全くない時 ― その時にのみ、あなたは
 自分自身で至福の次元、時間ではない次元、人間の思考を超えたものの次元を
 見出すことだろう。』


クリシュナムルティは、別のところでこう語っています。
『真理は、あなたの心(マインド) とハートが単純でシンプルで、あなたのハートが愛に
満たされているときにのみ、あなたのところへ訪れることができる。
もしあなたのハートが心(マインド) の物事で一杯であれば、そうはならない。』 



いのちの島=屋久島 自我を超えて真理への道へ・・・ >>こちらです

関連記事

この記事へコメント:する















ぴあのサファイア

Author:ぴあのサファイア

水晶、女神、天使と交流します。すべてのいのちとの調和を望みます。天の光と、私たちに内在する光の意識が呼応し、響きあい、この地上が光の世界となりますように。


05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
左上の青いボタンクリックで再生します

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。