2017 / 11
<< 2017 / 10 - - - 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 - - 2017 / 12 >>

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

日曜の朝は、日ごろの睡眠不足を解消しようといつもゆったりと寝ていることが
多いのですが、今日は早起きしました。

朝、ピアノを弾きました。
なかなかゆっくりピアノの前に座ることができないので、一日何もない日は、
とてもリラックスしてピアノが弾ける というのが、自分なりの最高の癒しになっています。

少し前に、大好きなドラマの中のワンシーンで、ベートーヴェンのピアノソナタ17番
『テンペスト』 の第三楽章が流れていて、とてもとてもとっても弾きたくなりました。
この曲は、とても有名な曲なのですが、あまりに有名すぎて閉口気味になり、
実は弾きたいくせに、なぜかわざと無視してきた曲でした。←その反動かしら・・・
(でも、楽譜を開くと、ちゃんとレッスンを受けている跡があるのですよ・・・←記憶なし。)

高校時代音楽学部だったのですが、その頃流行っていたドラマで音大ものがあって、
クラスメイトたちはもちろん、先輩方々も みんなそのドラマにハマっていました。
そのドラマのコンクール本選で、このテンペストの三楽章を主人公が弾くのですが、
その放映があった後、音楽館内の練習室のあちらこちらからテンペストが・・・(~_~;)

あまりにみんながテンペストを弾くものだから、私は嫌気がさして、「テンペストなんか
弾くもんかーー」 という頑なな意識が芽生えてしまい、以後、ずっと弾こうとしなかった
のです。 ← でもでも、レッスン受けている跡があるものね。忘却の彼方・・・

ベートーヴェンは時々、「え?ベートーヴェン先生、どうしたのですか?」 というような、
とてもメロディアスなメランコリックな、美しい旋律の曲を書くのですよね。
月光の一楽章とか、あまりにも有名なエリーゼのために とか・・・

この曲もそうで、とても美しいメロディーです。
最初から最後まで16分音符の同じリズムが絶え間なく流れていくオスティナートの王道?
のような曲なのですが、この曲がドラマのようにコンクールの本選の課題曲になるという
のは、ちょっと考えられないです。
(まあ、コンクールでしたら三楽章通しでしょうけれど この曲のみというのは・・・)
でも、逆に、コンクール本選に残った人達全員で、この曲で競ってもらえたら、
こんなおもしろそうなコンクールもないような気がします。
きっと、様々な色のテンペストが聴けることでしょうね。(*^_^*)

さて、私はどんな色のテンペストに仕上げようかな。

どんな曲か というのは、>>こちらから
別ウインドウで開きます。当然音が鳴りますので音量にご注意くださいね☆
実際の曲は演奏テンポによりますが、6分くらいかかる・・・かな?
上のページは、かなりなショートバージョンです。
全曲通しで聴いてみたい方は、ぴあの宅までいらしてください。
おいしいコーヒーつきで生演奏プレゼントいたしますよ。゚。(*^▽^*)ゞ


いのちの島=屋久島は >>こちらからです☆

関連記事

この記事へコメント:する















ぴあのサファイア

Author:ぴあのサファイア

水晶、女神、天使と交流します。すべてのいのちとの調和を望みます。天の光と、私たちに内在する光の意識が呼応し、響きあい、この地上が光の世界となりますように。


10 | 2017/11 | 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -
左上の青いボタンクリックで再生します

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。