2017 / 09
<< 2017 / 08 - - - - - 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 2017 / 10 >>

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

あたたか~い☆
風もあり、冬の日差しですが、真冬とは思えない暖かな過ごしやすさ。

最近の私は、お正月に見た ”のだ○カンタービレ” のスペシャルで、
「やっぱりピアノっていいなあ 音楽って クラシックって、最高だわああ~~♪」
と、生徒達への影響大よりも、自分への影響がたぶんその何十倍にもなって
いる日常を過ごしています。
ドラマを放映していたときもそうだったのですが・・・
音楽って、言葉を越えて訴えかけてくるものがありますよね。

のだめの人気の秘訣は、コミカルな面白さや軽さが大きな要素としてあると思う
のですが、私にはそれ以上に、あのドラマの持つ音楽と音楽を通しての精神性
が心に響き、感動しています。

音楽を学んできた自分として、学ぶ過程で湧き上がってくる悩みや、それを
乗り越えていく主人公たちの心情に、とても共感します。

それと、今回、あわや涙まで出そうになるほどじ~んとなったシーンが・・・

千秋といつかコンチェルトを と夢見るのだめが、すでにプロとして活躍している
自分と同世代のピアニスト、中国の☆、Ruiちゃんと千秋とのラフマニノフ競演を
知り、焦りと千秋一筋へのRuiへの嫉妬心から、心身ボロボロになりながら
とり憑かれたように超絶技巧を練習するシーン。
右脳人間のだめが、Ruiをそのままコピーしてしまい、焦りと嫉妬に加えて、
自分も、音楽も、何もかもわからなくなってしまい、撃沈してしまうシーン。

のだめの不器用な一途さ、一筋さが、とてもいじらしかったです。
憧れる人ははるか高みにいて、なんとかついていきたいと思うのに、追いつくこと
のできない心の淋しさや悲しみ。
なぜか、そのシーンに共振・共鳴しちゃったのですよね。

でも、それを乗り越え、最後にすっきり、素晴らしい自分のモーツァルトとラヴェル
を演奏したのだめちゃん。
良かったです☆

私は、ピアノの練習をするとき、必ずバッハの平均律からはじめます。
高校の時から使っている楽譜は、もうボロボロです。
でも、新しい楽譜を買う、使う気になれません。
私のピアノ人生が刻まれた、この楽譜が大好きです。

この楽譜と共に自分が生きてきて、嬉しかったことも悲しかったことも、この数冊
の平均律の楽譜にアルバムをめくるように映像として入っているのです。

いろんな想いを乗り越えてきて、今の自分があること、それはどんなことも、
全て宝物なんだ ということ、不必要だったことなんて何一つないということを、
感じます。



   バッハー80108



それでは今から、”プチのだめ” たちにレッスンしてきます。(*^_^*)



いのちの島=屋久島は >>こちら

関連記事

この記事へコメント:する















ぴあのサファイア

Author:ぴあのサファイア

水晶、女神、天使と交流します。すべてのいのちとの調和を望みます。天の光と、私たちに内在する光の意識が呼応し、響きあい、この地上が光の世界となりますように。


08 | 2017/09 | 10
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
左上の青いボタンクリックで再生します

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。