2017 / 10
<< 2017 / 09 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 - - - - 2017 / 11 >>

今日の夕方、おなもみが突然、
「おかあさん、虹!虹!!虹が出てる☆ 大きいよ~~~!!!」
と、興奮極まって私のところに走ってきました。

「えーー!ほんと!?早く早く!!」
「うんっ!」

この以心伝心。
『早く早く うん』 とは、ダッシュで虹のベストショットが撮れる場所まで走って行くこと。
虹はちょっとのんびりしていたら、すぐに消えてしまうこと多々あり。

雨が降っていたので、傘をさして、走っていく親子。
障害物のない場所まで行って、「きゃー きれい~~ おおきいいい~~~~」
と、興奮しながら虹を激写する親子。

ハタから見ていると、かなりアヤシイかも・・・
ま、いいのよ。
人の目なんてどうでも。

本当に大きくて、くっきりはっきり、素晴らしい虹でした。
ケータイカメラですが、お披露目しますね。(^^)



   虹-1ー80407



あまりに大きいので、撮影サイズをワイドに切り替えて・・・



   虹-2



この後、虹はあっという間に消えていってしまいました。
ベストタイミングだったみたいです。



おなもみのケータイカメラで撮っていたのですが、虹の画像をパソコンに移していて、
フォトフォルダの中に下の画像を見つけました。
昨日の夕陽だそうです。
おもしろいですね。
夕陽のバルーン?



   夕陽ー80407




そのおなもみは、先日、待ちに待っていた仏像彫刻教室に行ってきました。
分厚い仏像彫刻のテキストをいただいて、目が輝いていました。

先生からは、
「小学生だからという甘えはない。大人と同じように彫ってもらう。この本に
書かれてあることも、全部、きちんと読んで理解するように。」
と言われて、とてもうれしかったようです。

私も、先生がおなもみにそのように接してくださって、とてもうれしく思いました。
帰って主人にそのことを伝えたら、主人も、
「そうだよね。あたりまえだよね。うん。」 と、納得していました。
おなもみも主人に、「うん、おなもみもその方がいい」 と話していました。

教室では、いきなり仏像は彫らせていただけなく(当たり前か)、まずは、地紋彫りから。
それから、仏手、仏足、いろんな菩薩や如来の仏頭を彫って、その後に、
立体像に取り組むのだそうです。

仏像が彫りたくて仕方がないおなもみ、地紋彫りはつまらないと感じるのじゃ
ないかしら と内心思いましたが、なんのことはない、
「すっごい楽しかった!!」
らしく、次に行く日をまた心待ちにしています。
帰ってからも、テキストをずっと見ていました。

地紋彫りの宿題を、先程まで彫っていました。
今は、仏像のビデオを見ています。
おなもみが立体像を彫れるのはいつだろう。
とても楽しみです。(*^_^*)




いのちの島=屋久島は >>こちら

関連記事

この記事へコメント:する















ぴあのサファイア

Author:ぴあのサファイア

水晶、女神、天使と交流します。すべてのいのちとの調和を望みます。天の光と、私たちに内在する光の意識が呼応し、響きあい、この地上が光の世界となりますように。


09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
左上の青いボタンクリックで再生します