2017 / 06
<< 2017 / 05 - - - - 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 - 2017 / 07 >>

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

今日は、お仕事お休み。

一日何もせず、ゆったり過ごそう と決めていました。
パソコン作業もしない。
秘書仕事もお休み。
とにかく、のんびりと ゆったりと・・・

朝、朝食をとりながら、パソコンでネットサーフィン。(ながら族?)
それから、朝陽のあたるレッスン室で、ピアノの練習。
私の家のレッスン室は、東側に面しています。
朝陽のあたるレッスン室で練習するのが大好きです。
朝は、気力も充実しているし、朝陽のエネルギーは、部屋の気も整えてくれて
いて、とても集中して練習できます。

もし、次に家を建てる時も(あればいいな~)、断然レッスン室は東側にしたい 
と、思っています。(そんな日がきますように~)


ショパンや、ベートーヴェンや、バッハ。
同じクラシックと位置づけされていても、作曲家たちの年代は、様々。
バロック、古典、ロマン、と、様々な様式があり、鍵盤楽器の発達があり、
その中で、作曲家達が残した遥か昔の曲を、今こうして自分の指から紡ぎ出す
感動は、いつも、色褪せることがありません。


ピアノを弾いていると、耳からだけでなく、体全体で音楽を聴いているのを
感じます。
耳はもちろんのこと、すべての感覚器官や細胞が、音の振動を受けて、
音に共鳴しているのがわかります。
見えないエネルギー体までも、共鳴して、共振しています。
そして、音が鳴っている部屋の空間、空間のエネルギーが変わるのも、
はっきりとわかります。

それらを感じていると、天上の音楽が病気を癒したり心を癒したり、あらゆる
ものを活性化させる ということが、よくわかります。
美しいクラシック音楽は、神の世界からの贈り物だと思います。
そのような最上の贈り物を、自分の手から紡ぎ出せることは、この上ない幸せ
です。
最上の幸せ。
いつも、その幸せをかみ締めながら、ピアノの練習をしています。
そして、そのような仕事に携わっていることも、この上ない幸せです。


それから、ピアノを弾いていると、いつも両親に思いを馳せます。
私を、この道に進ませてくれた両親に、感謝します。
音楽の道は、とてもお金がかかるのです。
湯水のようにお金を使って、私をレッスンに通わせてくれた両親がいてこそ、
音楽に心から打ち震えて演奏できる自分があります。
(やはり、緻密なテクニックなくしては、美しい音色は出せないのです)

携帯電話などなかった私の学生時代、私が東京へレッスンに行っている間、
妹は友達に電話をさせてくれなかった というのを、ずいぶん後になって妹から
聞きました。
いつ、私から家に電話がかかってくるかわからないから、だそうです。

両親は、私にとても厳しく、私は、とても暗い子供時代をおくりました。
でも、私が進むと決めた道を、とことん応援して、惜しまずお金をつぎ込んで
サポートしてくれました。

言葉や態度での愛はなかったけれど、こういう形で私に愛を注いでくれたのだなあ 
と、見える愛の形は様々だけど、私はやっぱり、両親に心から愛されていたのだ と、
ピアノを弾いていると、奥深くから、両親に感謝の念が湧き上がってきます。



写真は、今朝、レッスンしていた時の、朝陽のあたるピアノ。



   ピアノー80425






いのちの島=屋久島は >>こちら

関連記事

この記事へコメント:する















ぴあのサファイア

Author:ぴあのサファイア

水晶、女神、天使と交流します。すべてのいのちとの調和を望みます。天の光と、私たちに内在する光の意識が呼応し、響きあい、この地上が光の世界となりますように。


05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
左上の青いボタンクリックで再生します

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。