2017 / 10
<< 2017 / 09 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 - - - - 2017 / 11 >>

昨日は寒かったです~。
夜寝る時に毛布をひっぱりだしてきました。

今日は、昨日よりは気温は上がったけれど、ここのところずっと暖かかったので、
肌寒く感じました。


昨日、お友達のEっちゃんから、素敵なCDを贈っていただきました。
おなもみへ、お筝と尺八のデュオのCD。
おなもみは大喜びで(おなもみへ演奏者の方のサインも入れてくださってあって)
聴いていました。

この、お筝と尺八を演奏している方は、アメリカの方。
日頃、クラシックほどは聴きこんでいないとはいえ、お筝や尺八の演奏やCDを
聴く機会は、今までかなりありました。

このCDは、それらの音楽とは何かが大きく違っていました。
そして、「ええ~?お筝や尺八って、こんな音でこんな音楽を奏でるんだったっけ」
という、全く新しいジャンルのものを聴いた感覚に陥りました。

それは、とても心地よくて、まるでヒーリングミュージックでした。
すご~~~く、気持ちいい☆
光に包まれるような感じ♪

CDには、下のように書かれてありました。

 日本に暮らす箏のパターソンと尺八のヒューバナー。
 音は控えめでハッタリが全くない。
 曲も演奏も押しつけがましいところが無い様は、自然そのものといった感じで
 安心する。
 こんなに静かで明るい、光のような音楽は日本人が演奏する邦楽器からは
 なかなか生まれない。 ― 邦楽ジャーナルより ―

 ブルースとカートが紡ぎ出す音楽は、伝統に深く根ざしながらも、その型を超越
 する。
 すべての偉大な音楽がそうであるように、音と静寂の出会いとなって、聴く者を
 美しく満ち足りた瞬間へと誘う。 ― スーザン・オズボーン ―

うん、そうそう!そうなのです。
これを読んで、「そうだ~ 私もそう言いたい!」 と思いました。

このCDを聴いて、私が強く感じた印象は、
「すっごくアクエリアスな邦楽だ~☆」
というもの。

キラキラと光の粒子が舞っているような演奏、ほんとうに気持ちいい・・・
私には、ニュータイプのヒーリングミュージックのように聴こえました。


話は、ちょっと違うのですけど、外国人が演奏する伝統的?な日本音楽?という
ことでシンクロするので、書きます。

スケートの真央ちゃんがグランプリで優勝したとき、フランス大会だったっけかな・・・
表彰式でフランス人 (でしょうね、きっと) が、アカペラで 『君が代』 を歌ったのですが、
その君が代が歌われだしたとたん、テレビを見ていたおなもみと私、

「うわあ~~、こんな君が代もあるのねええ~~」

と、耳がびっくり、ハートもびっくり。\(◎o◎)/

その君が代を聴き終えて、

「あっかるかったよね、今の君が代」
「うん!」
「なんか、リニューアルしたアクエリアス君が代 って感じだったね」
「うん、うん!」
「日本の未来は明るいぞ!って感じの君が代だったよね」
「うん、うん、うん!」

と、しばし、聴いたことのない、でも確かに聴いたことのある旋律のその君が代に
親子で妙~に感動しまくったのでした。

・・・ということを、送っていただいたCDを聴いてちょっとばかり思い出しました。


そして話は全く違いますが (全然違うのですけど)、

今日、お友達とおしゃべりしに行った喫茶店で、私が頼んだカフェラテ。
あんまりほのぼのかわいかったので、写真に撮りました~~☆ (*^_^*)



   カフェラテー80511





いのちの島=屋久島は >>こちら

関連記事

この記事へコメント:する















ぴあのサファイア

Author:ぴあのサファイア

水晶、女神、天使と交流します。すべてのいのちとの調和を望みます。天の光と、私たちに内在する光の意識が呼応し、響きあい、この地上が光の世界となりますように。


09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
左上の青いボタンクリックで再生します