2017 / 09
<< 2017 / 08 - - - - - 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 2017 / 10 >>

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

まるまる一週間、倒れておりました~ 復活☆

ハー、とにかく、大変でした。
真っ最中後半は、「んもおお~~~~ いい加減にしてええ~~~」 という気分
で満々でしたが、終わってみれば、スッキリ♪
これだから浄化はやめられない? 
ん?
マゾ??


話変わって、です☆

お友達のEっちゃんから、素敵なCDをいただきました。
五日ほど前に送っていただいたものなのですが・・・
これが、おなもみと一緒にハマりにハマちゃって・・・

ご存知の方はご存知だと思います。ピアノデュオ、レ・フレール。
私とおなもみも存じておりました。
が、ちゃ~んと存じてはおらずに、ただ彼らのことは チラチラとどこかでは見ていた、
という感じで・・・
それが、こんなにハマるとは・・・

いただいたCDは、『Cross』


☆HMV レビューより ↓

変幻自在かつ、超絶技巧でリスナーを圧倒するレ・フレール。
「Cross」とは、様々な手の交わり、音楽性の交わりを意図したタイトルで、3部構成による組曲。
第1番は対位法によるメランコリックな旋律、第2番はバラード調(「ピアノ・ブレイカーに収録」)、
第3番はクラシックのテクニックを応用した超絶技巧による曲想。
彼らのアグレッシブかつ繊細な連弾パフォーマンスも堪能できるDVD「Cross第3番」付き。
耳で感じて目で聴けば、ますますその新しく熱きピアノ・グルーヴに思わず背筋に感動の
イナズマが走ります!!


・・・ということで、イナズマが走りっぱなし!! の、私とおなもみです。

ところで、ハマりにハマったのは、このCDだったからかも・・・とも思います。
彼らが得意とする、これでもかブギウギ!っていうCDではなくて、バロックと古典と現代と
ブギが、絶妙すぎるほどにブレンドされたこの曲が・・・
ああ、なんと言葉で表現すればいいのか、とにかく、胸が、きゅうう~~~んっ♪ って、
なるのですう~~~~♪♪(キュウウウ~~ン・・・)

おなもみは、「弾きたい!弾きたい!」 の連呼です。

私も・・・ 弾きたいですーーーーーっ!!

楽譜を出してくださいませませ!願!!祈!!!


あと、ハマっちゃったのは、ピアノの音が・・・

おなもみが、CDを聴き始めてからしばらくして、「おかあさん、調律、違うね」 と言いました。
私も、「そうだね、なんか違うね・・・」
おなもみ、「くるってるの?」
私、「くるってるんじゃなくて、響きを大切にした調律なんじゃないの?」

なんか、違うんですよね、音の響きが。
この音色というか、なんというか、心地いい響きが、まさか純正律?なわけないし。
あまりに心地いいこの音色と響き・・・

と、思っていたら、ワケがわかりました!
ピアノがベーゼンドルファーだったのです。
ベーゼンドルファーがどういうピアノかっていうのは、ここで書くには長すぎますので、
省略。

でも、「おお~~~ ベーゼンドルファーなんだああああ~~~~」
と、ピアノを弾く人なら、感動しちゃう、ベーゼンドルファーです。(全然説明になってない)


大学の合奏室にあったのですよね・・・ベーゼンドルファー。
二台の連弾の練習のために合奏室に入り込んでは、憧れのベーゼンドルファーを弾いて、
いつもその音色に ・:*:・(*´ー`*)ウットリ・:*:・ していた私でした。

いつか、いつか、お金持ちになったら欲しいベーゼンドルファー。
(でも高いぞ!ベーゼンドルファー!!)
スタインウェイなんてどうでもいい。
ベーゼンドルファーがいい、絶対いい!
白馬の王子様ならぬ、ロールスロイスの王子様なら買えるかしら。(前回日記参照)
私の憧れのベーゼンさま・・・

でもでも、ベーゼンドルファー、ヤマハに買収されちゃったのですかあああ~~!?
(ベーゼンドルファーを検索していて今頃知った私・・・びっくりしちゃった)

”ヤマハ” のベーゼンドルファーなんて欲しくないわっ
悪魔で格調高い本家ベーゼンドルファーが欲しいのよおお~~~~


あれ?

私、何の日記書いてるんだっけ・・・ 
(大丈夫なのかぴあの、暑さでとうとう・・・)


ああ、そうそう、レ・フレールよ、Crossよ。うんうん。そうだった。
(ほうっておくと話がどこまでも飛んでいくB型)
すごくいいんですっ!!
一度彼らの生演奏を聴いてみたいです。
余談ですが、ご両親は屋久島在住だとか・・・

いただいたCDにはDVDもついていて、映像も堪能できちゃって♪
ああ、おなもみにもあんなふうにイケメンになってカッコよくピアノ弾いてもらいたい。
CDをいただいてから、おなもみを見る目が期待の眼差しになっている母です。ヾ(-_-;)

それにしても、音程の機微までわかったおなもみくんは、親ばかながらすごいと思います。
おなもみは耳もいいし、男の子なので手も大きくなるし、母が弾けなかった曲なども
バリバリ弾いてくれるようになればいいなあ ・・・と思います。(やっぱり期待しちゃう♪)


>>ベーゼンドルファー 美しいです・・・





いのちの島=屋久島は >>こちら

関連記事

この記事へコメント:する















ぴあのサファイア

Author:ぴあのサファイア

水晶、女神、天使と交流します。すべてのいのちとの調和を望みます。天の光と、私たちに内在する光の意識が呼応し、響きあい、この地上が光の世界となりますように。


08 | 2017/09 | 10
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
左上の青いボタンクリックで再生します

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。