2017 / 08
<< 2017 / 07 - - 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 - - 2017 / 09 >>

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

超多忙な日々をおくっています。

発表会前で、補講レッスンの時間が、正規レッスンの時間を超えている?
そんな状態で、毎朝9時からレッスンが始まり、一日なんやかやとレッスンが
続いて、終わるのが夜10時 そんな毎日です。

先週は、そこに吐き気を伴うつらい頭痛がきたので大変でした。
今回ばかりは、かなりお薬に助けてもらい、なんとか動きました。

精神的にも多忙と、この段階にきてまで練習しない生徒達のあきれた神経に
ストレス100点満点で、かなり波動の落ちている日々でした。

なぜに、舞台に立つ日がそこまで迫っているのに、全く弾けていないのに練習
しないのか・・・切羽詰まらないのか、なんとかなると思っているのか・・・??

どこか頭のネジが抜けているのか、毎年発表会前は、昔の言葉で言うと『新人類』
(古いかな?) な子供達にあきれさせられます。私の頭は???が飛びまくりです。

「キミたち、オツムは大丈夫?起きてる?もうすぐ何があるのかわかってる?
発表会だよ、発表会。ねえ、わかる?はっぴょうかいがあるんだよ?」 って感じ。(ーー;)

まあ、やらないのは一部の子供達なのですが・・・
ちゃんと、やる子やはります。
しっかり発表会に備えて練習します。(それが普通だと思うんだけど・・・)



先々月、6月の途中から、3年生の女の子がピアノを習いにきはじめました。
すぐ近所の子で、おなもみとも仲がよく、うちに遊びに来た時にはピアノをポロポロ
弾いていたので(それが、かなり上手) 部屋ごしに聞こえてくるその子のピアノに、
私はかなりな素質を感じていました。

その時は、その子はピアノを習っているものとばかり思っていました。

が、

全く習っていなかったのでした。
うちに、「ピアノを習いたい」 とお母さんに連れられてやってきたとき、『全く習っていない』 
というのを聞いて、びっくり!

この子はかなり、いや、相当、めちゃくちゃすごい子かもしれない と思いました。
夏休みに発表会があることをお母さんに伝え、「この子なら今から練習に入っても十分
間に合いますので、ぜひ出てください」 と言いました。

曲は、ブルグミュラーのアラベスクを選びました。
ピアノを教えている人ならわかると思います。
全くピアノを習ったことのない子に、いきなりアラベスクが弾かせられるか?
絶対に無理だと思います。
しかもその子は、3年生といえども1月生まれの8歳、体も小さく、2年生ほどにしか
見えません。

でも、私はその子の素質は、もっと難しいものでも弾けると思いました。
が、まずは無理をせず・・・アラベスクくらいが安全かも、しょっぱなからこの子のためにも
カケはやめておこうと思いました。

結果は、二週間でアラベスクを弾きました。
音はすぐに弾けたので、今はタッチや手首の抜き方、腕の脱力の仕方、フレージングの
処理の仕方、かなり高度な技を教えているところです。

アラベスクがすぐに弾けたので、連弾曲をもう一曲選び、こちらも2回ほどのレッスンで、
できあがってしまいました。


たまに、こういう子がいますね。
おなもみもそうですが、何の苦もなく、初めから知っていた というように何でもさらっと
弾いてしまいます。
天才的と言えば天才的なのですが、その素質は、過去世でやっていた、その記憶の
持ち越しです。


偉大な作曲家や演奏家などは、何生にもわたってその道を極めてきた人たち。
その人たちには、神がつくらしいのですね。
芸術の神々は、自分の司る芸術を最高にこの次元に降ろし花開かせられる存在を、
永い長い年月をかけて見出し、この人物と思った存在に着き、そして修練させるという
ことを聞いたことがあります。


そこまでの天才ではなくても、その女の子やおなもみのように、ある程度素質があると、
とても楽ですし、その分野を深く極められる、心からの深い感動に出会えると思います。

私の今の大半の仕事は、過去世の記憶の持ち越しがない今生が初めてという子供達に、
どう教えるか導けるか・・・
この子たちに、どうやって芸術の素晴らしさ深さ、演奏することの感動を伝えることが
できるか、どこまでできるか・・・

これは個人個人の人生のプログラムもあるとは思うのですが、できるだけ、精一杯、
伝えられるものを伝えていきたいと思っています。

ほんとうに、音楽は素晴らしいですから。
私自身が、身を持って実感し、感じて、日々美しい音楽と共に過ごす贅沢な喜びを
知っていますから・・・




いのちの島=屋久島は >>こちら

関連記事

この記事へコメント:する















ぴあのサファイア

Author:ぴあのサファイア

水晶、女神、天使と交流します。すべてのいのちとの調和を望みます。天の光と、私たちに内在する光の意識が呼応し、響きあい、この地上が光の世界となりますように。


07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
左上の青いボタンクリックで再生します

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。