2017 / 08
<< 2017 / 07 - - 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 - - 2017 / 09 >>

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

倒れそー。
頭はずっと痛いし、仕事はフルフル回転だし・・・
もう、気力だけで持っている感じ。

ふ~、でもぴあの、がんばるっ☆


発表会当日の、生徒達の晴れ舞台に立つ高揚したエネルギー感、
終わった後の達成感、充実感は、何にも代えがたい素晴らしい経験、
自信に繋がります。

その達成感、充実感を存分に感じてもらいたいためにも、

私はがんばるの~~~!!

子供達に、持てる力の最高の演奏をしてもらいたいっ です☆


発表会では、ピアノの練習に加え、ステージマナーの練習もします。
ステージを歩いてピアノの前まで行き、お辞儀をしてピアノの前に座る。
演奏が終わり、椅子から立ち、お辞儀をして袖へ下がる。

ゆったりと美しく。優雅に・・・
所作は、演奏のプロローグ、エピローグです。
最後の音を弾き終わって、手をキーから離し、膝の上に置く、その置きかた
まで、しっかりと学んでもらいます。


普段、あたりまえの日常をバタバタと過ごしている子供達には、優雅さとか
気品とか、そんな世界は無縁です。
でも、私は、子供のうちから、そういった美しさの世界を折に触れて学んで
もらいたい と思っています。

また、所作を美しくするということは、かなりな注意力もいります。
自分の一挙手一投足に気を払うということは、細やかで繊細な心でなくては
できません。

その細やかで繊細な心を育てることは、これから長い人生を生きていく上で、
きっと多くのシーンや精神的な面で役立つことと思います。

所作が美しいということは、丁寧であるということ。
美しい所作を心がけるということは、丁寧な生き方をする ということにも
繋がることである と、私は思っています。

お月謝袋の渡し方一つも、子供達には細かに教えます。
小さな子供が、「お願いします」 と、両手を添えて丁寧に私にお月謝袋を
差し出すその様は、とても微笑ましいものです。

私も、丁寧に両手を差し出し、「ありがとうございます」 と受け取ります。
そういう何気ない当たり前の動作の一つにも、静謐さや、何かそこに流れる
美の世界を感じてもらえたら・・・そう思っていますし、実際、子供達の無意識に、
その静かな 『形』 は、美しく宿っていっていることと思います。

美しさって、スピリチュアルですよね。


さー、あとひとふんばり、がんばります☆

倒れてる場合じゃないぞっ!



追記、

おなもみがケータイを機種変更しました。
カメラ好きのおなもみ、500万画素のケータイを選びました。(私も欲しい!)
フォトフォルダの中に、きれいな写真を見つけました。
お散歩中に撮ったみたいです。



 お散歩中の空ー80805






いのちの島=屋久島は >>こちら

関連記事

この記事へコメント:する















ぴあのサファイア

Author:ぴあのサファイア

水晶、女神、天使と交流します。すべてのいのちとの調和を望みます。天の光と、私たちに内在する光の意識が呼応し、響きあい、この地上が光の世界となりますように。


07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
左上の青いボタンクリックで再生します

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。