2017 / 06
<< 2017 / 05 - - - - 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 - 2017 / 07 >>

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

朝から雨で~す。
よく降っています。

ずいぶん水不足だったから、恵みの雨なのですが・・・
どうも今週いっぱい雨のよう。
夏休み最後の一週間、夏らしくすっきり晴れていてほしかったなあ・・・

なんて、人間のワガママですねえ~~~~(>_<) 
でも、本音です。
雨、ちょっと残念です・・・


ところでです。話は突然変わります。(またかいな)

いえ、今日はちょっと繋がりがあります。
キーワードは、『ワガママ』 です。
そして、”女性として” の日記にも繋がりがありま~す。


私は、思春期の頃でしたか、男が大ッ嫌いになりました。
特に、理由はなく、何かきっかけがあったわけでもなく、突然そうなったのです。

男なんて不潔!
男なんて許せない!
男なんて大っ嫌いいいいい~~~!!

って、本気で男の人を毛嫌いしていました。

で、じゃあ、女としての自分は というと、これも大ッ嫌いでした。
ずっと、男だったらよかった 男に生まれたかった って思っていました。


この混沌として複雑な思春期の感情のべースとなっていたものは、
『女は男より家庭や社会での地位が低い』 というものでした。

これがなぜか、許せなかったのですね~~~~ ヽ(`⌒´)ノむっき~

「オトコなんて女がいなければ生きていけないくせに。
たいして中身もない単細胞人間のくせに、えらそうに。ふんっ」

って、本気で思っていました。(-"-)

で、そういう、男に頼らないと生きていけないオンナっていう人種にこれまたむしょう
にイラついていました。

まあ、思春期の一時の過激な感情だったのですが、この感情は、過激さを抜けても、
ずっと私の中にあります。
実はまだ、くすぶっています。

だから私は、物事をトータルにバランスよく見ることができる洗練されたスマートな
男性でなければ、自分の中では、ある種の、『却下!』 的感情が働いて、どうしても
受け付けられません。

(あまりにこの感情が根強い訳は、きっと、過去世の影響があると思います)


で、キーワードの 『ワガママ』 ですが・・・

私は、”超ワガママ” なんです。

毎日のようにおなもみに、「もう~、おかあさんはワガママなんだから」 と言われ、
そんなおなもみにタリバンは、「おかあさんみたいにね、自分の感情に素直に生きて
いる人がストレスがたまらなくていいんだよ」 と、真顔でワガママ肯定説をおなもみに
説いている・・・(褒められているんだか、なんだか・・・?)

こんなワガママ女の私は、タリバンが結婚してくれなければ、きっと一生独身か、
結婚しても、すぐ離婚 の道を辿ったのは目に見えています。(ハッキリ言えます)

私のしたいようにさせてくれて、私が満足していればそれでいい 自分も満足、という、
底抜けに優しいタリバンです。(よくまあ、こんな人がいるものです)
そして、結婚後何年たっても、私を、『女』 として大切に見てくれているタリバンです。

ほんとうに、眼差しから、心から愛してくれているのがわかるし、今でも 「かわいいよ」
と言ってくれるし、性的にも満たしてくれます。
「かわいいよ」 って言ってくれると、それだけで心がピンク色に染まって優しくなれるし、
性的に求められる というのは、やはり、”女” としてすごくうれしいし、女性性が満た
されて、(特に私には) 欠けていた何かが補われる感じがします。
セックスって、エネルギー交流なのですよね。
ずっと以前、kimiさんにそう教えていただいたことがあります。


いや~ん、私ったら何を書いてるんだか (〃▽〃)ぽっ♪

・・・なんてカマトトぶったことは言いません。・・・ヾ(-_-;) オイオイ...  
今日は、真面目に書いてるんですっ。(真剣!)

どこか歪んで屈折して自分から否定していた私の女性のエネルギーを、大きな見守り
と優しさで、まっすぐに受け入れられるようにしてくれたタリバンに、感謝です☆
世間では 「をいをい・・・」 ってなるようなワガママも、優しさで包み込んでくれるタリバン
に、とってもすっごく感謝です☆
私を、そのまま、ありのまま、まるごと受け止めてくれるタリバンです。
今では、女性に生まれてきてよかった って心から思います。


う~~ん、いつの間にか、話がおもいっきりおのろけ日記に移行してしまいましたあ~☆゜。
(*^▽^*)ゞえへえへ♪ (石が飛んでこないかな・・・ドキドキ)

でもね、タリバンは全然ロマンチックじゃないんですう~~ それだけが不満。(*'へ'*) 
冥途の土産に、死ぬまでに一度はとろけるようなロマンチック・:*:・(*´ー`*)ウットリ・:*:・
を体験してみたいぴあのです♪ヾ(-_-;) ヾ(-_-;) ヾ(-_-;)




いのちの島=屋久島は >>こちら

関連記事

この記事へコメント:する















ぴあのサファイア

Author:ぴあのサファイア

水晶、女神、天使と交流します。すべてのいのちとの調和を望みます。天の光と、私たちに内在する光の意識が呼応し、響きあい、この地上が光の世界となりますように。


05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
左上の青いボタンクリックで再生します

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。