2017 / 11
<< 2017 / 10 - - - 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 - - 2017 / 12 >>

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

今日は、朝からプチ大掃除をして気分がすっきりなぴあのです☆

お掃除をしながら、こうして朝からどんどん動ける自分に感謝♪


それから、PCを開いて 『いのちの島=屋久島』 の更新。
今日もなかなか写真が決まらず。
「あれにしようか、これにしようか、いや、こっちか・・・」
なんとか決まり、更新しました。

めでたく更新でき、気分がいいのでふらふらとアテもなく買い物へ・・・
本屋さんで、今気になるテーマの本を見つけて、立ち読みしていたのですが、
「やっぱり、買っちゃお♪」 と、購入。

今日は、その本のことを書こうと思っていたのですが、帰ってPCを立ち上げて
リンク先の更新された日記を訪問させていただいていたら・・・


スーヤさん の日記がすっごくおもしろかったので、リンクを張らせていただきます。

スーヤさん、私の大好きな方です♪
サファイア日記を開設して、二番目に相互リンクをさせていただいた方です。
(1番は?そりゃあ、kimiさんですよ)

スーヤさんの日記のタイトルが、『うっわ~胡散臭い・・・』 でした。
うっわ~、何だろう?? と思って、読みに行ってみたら、すごーく私のツボにはまり、
なおかつ、納得でした。


チャネリングって、私は、すごく胡散臭く思うのですよね。
ナントカからのメッセージ(お告げ)とか・・・
精神世界では、あちこちで見ますよね。
で、それを伝えて、一体どうだと・・・?

読む気もしないのですが、まあ、読んでいても途中で、「は~~・・・」 と、自分でも
ワケのわからないため息をついて、最後まで読むことはありません。

もう、数行で、エネルギーはわかりますから。
どこから来ているメッセージなのか。

ご本人は、高次からのメッセージだ と、純粋な思いで伝えられているのでしょう。
きっと、ピュアーな方なのですよね。


自分自身をベースにしっかり宇宙と繋がっている人は、そんなもの全く必要ないですよ。
ということは逆に、自分自身があやふやで宇宙と繋がれていない人が、そういうメッセージ
に光を見出したように飛びつき、依存して安心するのですよね。


スーヤさんが、日記の最後に書かれている言葉に、深く同感です。

>私は自分にも他者にも
>強制、押しつけ、ジャッジは、『してはいけない』と思っています。
>だってそれは、どんなにキレイな言葉でごまかしても
>所詮は『エゴ』だから

私も、そう思っています。

私もエゴがいっぱいの人間ですが、だからこそ冷静に霊性に、いつも自分を深く
見つめて生きていこうと思っています。


それと、私は、チャネリングをされる方を否定するつもりはありません。

この宇宙に現れ出るものは、すべて、宇宙という母体から生まれています。
宇宙は完全です。
例えば、この宇宙の中でどのような不調和が起こっている(ように見える)としても、
それは完全なる調和のなかで起こっているからです。

すべては、愛という母体から生まれているものなので、すべては母なる愛に包まれ
ていると思うからです。
だから、私のベースは、何も否定するものではありません。

(でも三次元の私の意識が、胡散くさ と思うのですね・・・あはは(≧▽≦) ヾ(-_-;) オイオイ )
(ベースは、”抱(いだ)き参らせ” ですよ)

あの、私が言っていることを、「じゃあ、無差別に15人も殺人してしまう人も許して
しまうのか」 なんていう表面的な部分で読まないでくださいね。
もっと深いところで読みとってください。 (よろしくお願いします)


スーヤさんの日記は、>>こちらから 読み応え、たっぷりですよ。(*^_^*)






いのちの島=屋久島は >>こちら

関連記事

この記事へコメント:する















ぴあのサファイア

Author:ぴあのサファイア

水晶、女神、天使と交流します。すべてのいのちとの調和を望みます。天の光と、私たちに内在する光の意識が呼応し、響きあい、この地上が光の世界となりますように。


10 | 2017/11 | 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -
左上の青いボタンクリックで再生します

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。