2017 / 10
<< 2017 / 09 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 - - - - 2017 / 11 >>

今日は、雨です。
肌寒いです。


今日は、おなもみの仏像彫刻教室の日。
待ち時間、雨のため、外へ出るのがおっくうで、コーヒーを調達してきて、車の
中で、読書タイムしていました。
なかなかそういうのも、好きです。


昨夜は、リビングで寝てしまいました。
気をつけなくっちゃ。
こういうので、風邪ひいちゃうんですよね。

昨夜、深夜も過ぎて、「あんまりこういう時間の瞑想は」 (時間的にヘンなところ
に繋がる可能性があるので) と思いながら、瞑想を・・・
その後、そのままごろんと寝てしまったのでした。


先日やってきた水晶、どういうわけかあまりコンタクトがとれないので、機会があ
れば、手に取り、静かに感じてみています。

昨夜も、二つの石のうち、ガネーシュを手に取り瞑想してみました。


私は、意識的に瞑想に入るときは、大抵、瞑想用にチョイスした音楽を流します。
音楽が、瞑想への誘導を速やかに深くいざなってくれます。
私にとって瞑想時の音楽は、多層多次元への扉をす~っと開いてくれる、とても
貴重なものです。

頭の緊張が緩み、音楽のバイブレーション、エネルギーにより、多次元への扉が
次々と開かれて、意識が広がり解放されていくのを感じます。

そうしているとそのうち、音楽は、空間に流れているにもかかわらず、三次元の耳
から聞こえる音  としての働きはなくなり、ただその音楽の波動とエネルギーが、
私のバイブレーションと重なりあい一つとなり、内に浸透して響いているのみとなり
ます。

そういう状態になっている時には、もう、意識はどこかへトリップしています。


でも、たまに、音楽のトラックの切れ目で、一瞬音楽が途切れると共に、トリップし
ている私の意識が、ふと、こちら側に戻ってくることがあります。

昨夜が、そうでした。


瞑想中、きれいな、澄み渡った女の人の声が私を誘導してくれていていました。
その声が、「さあ、ではこれから光を送りましょう」 と言ったその時、トラックの二曲
目が終わったのです。

次の三曲目の曲調が、一曲目二曲目とは異なっていたため、その変化を、顕在
意識がキャッチしてしまい、そこで意識がふと、戻ってきてしまったのですね・・・

深く深く入っているときには、音楽が一瞬途切れても、こちらに戻って来るということ
はないのですが。

先日書いたように、電話が鳴ったりすると、はっと戻ってきますね。
(それで戻らなければ、アブナイですよね・・・汗)
そんな時は、夢から突然覚めた感覚ですね。


で、一瞬意識が途切れちゃったので、先程までの女の人のエネルギーがどこかへ
去ってしまって、


  『さあ、ではこれから光を送りましょう』


これこれ、↑  これ、送ってもらい損ねちゃったデスうううう・・・ (T▽T) 

(いいトコで切れちゃったねえ~~ (/_;)シクシク )



私がよく使う音楽は、
『神々のささやき』 『天河五十鈴』。

あと、気分によって他のものも使いますが、だいたい、いつもこの二枚のどちらかを
手に取ります。


『神々のささやき』 は、サヌカイトの演奏。
この曲を初めて聴いた時は、意識がゆるゆるになって涙が止まらなくなりました。
その後、意識朦朧・・・

kimiさんが、T&F時代、セッションで使われていた曲でもあります。

サヌカイトとは高周波の出る石のことです。

 サヌカイトについての参照:
 元々、高周波は自然の音に含まれており、小川のせせらぎや小鳥のさえずり、
 木の葉のざわめき、雨や風の音など、さわやかな音の中にたくさんあるようです。
 でも、最近の都会ではそういうものに出会う機会が極端に少ないので、高周波の
 出るもので演奏されたCDを聴くことでヒーリング効果が期待できるのですね。
                             (光のkimiさんの日記より抜粋)


『天河五十鈴』
これは、身体の細胞、チャクラ、無限に広がる意識、それらの響きと振動を、この
三次元の意識でいながら、もう、感動的なくらいに感知、感受させてくれるCDです。
そういう響き、振動を感受しているときは、自分の内にある純粋意識を、細やかに
精妙に感じることができます。 (あくまで、個人的には ですう~~ )
これは、とても高いエネルギーに繋がれている状態であるのでしょう。

  このCDについての参照:
  収録されている深遠な鈴の音は、岩戸開き神話でアメノウズメノミコトが舞い踊り、
  振り鳴らしたとされる「五十鈴(いすず)」の音です。
  アセンションを目前にひかえた今、人々の心を開く音霊(おとだま)として、五十鈴の
  美しい音色が響きわたります。          (VOICE HPより抜粋)




さーて。

 『さあ、ではこれから光を送りましょう』

今度は送ってもらうぞー! (~o~)/




   写真は、以前プロフィールに使っていたもの。
   限りなく透明な水晶と、五十鈴。

   五十鈴 - 81026








いのちの島=屋久島は >>こちら

関連記事

この記事へコメント:する















ぴあのサファイア

Author:ぴあのサファイア

水晶、女神、天使と交流します。すべてのいのちとの調和を望みます。天の光と、私たちに内在する光の意識が呼応し、響きあい、この地上が光の世界となりますように。


09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
左上の青いボタンクリックで再生します