2017 / 10
<< 2017 / 09 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 - - - - 2017 / 11 >>

今日はおなもみの仏像彫刻教室の日でした。
教室に行く少し前から、つめたい雨が降りはじめました。

教室時間の三時間、今日は私は、レッスンの生徒さんたちの楽譜を選びに
楽器店へ行きました。
次の本へ進む生徒さんのものを三冊。
それから、全く楽譜を見て弾いてくれない中学生のY君に、何かいい楽譜は
ないかと思って・・・
(全く楽譜を見てくれないのに、楽譜を選ぶってヘンなの ←自分内つっこみ)

楽器店でゆっくり楽譜を選んだあとは、車の中で読書。
でも、車の中は寒くて冷えちゃいました。(>_<)


教室から出てきたおなもみ、車に乗り込むなり

「おかあさん、あのね、お地蔵さまの眉の上を削っていたら削りすぎてね、
失敗しちゃったの。
それで、もう1回やりなおしになって、お顔をもう1回削ってね、お顔がちょっと小さく
なっちゃった・・・」

と、ちょっと残念そうに言いました。

初めて仏頭を彫ったとき、眉がきれいに彫れませんでした。
(難しそうですよね、きれいに弓のように彫るの)
それで、納得がいかなかったおなもみは、再度チャレンジ。
今は同じ地蔵菩薩の仏頭、二回目を彫っています。
今回のお顔は眉がとてもきれいに彫れた と、すごくうれしそうにしていたのに・・・

私 「そう~、あんなにきれいに眉が彫れていたのに、残念ね」

「見せて」、と、見せてもらうと、なるほど・・・
きれいなお顔になっていっていたのに、バランスが悪くなってしまったかな~~。
かなり残念感が満ちる私の心・・・
(おなもみ満足のいく眉が彫れていた時の仏頭は >>こちらの日記から


でも、おなもみは別にショックを受けているようでもないようです。
また、ここからあらたに彫っていくのみ という感じ。
おなもみは何事にも、いつも超気が長く、淡々と事実ベースです。
(このへんは、タリバン似)

おなもみのこういうところ、(また、タリバンのそういうところ)、短気な性格の私には
ほんとうにいいお手本です。
実際こうして穏やかな二人と暮らしているだけで、私はどれだけ気が長くなったことか。
ありがたいことです。


我が家は、タリバンとおなもみが大人で、私が子供みたい。
いつも、二人で私を子ども扱いします。
そんな二人に私がぷんぷんして、それでまた子ども扱いされます。(悲)
母とは名ばかりのぴあのです・・・(~_~)

ぴあの、はやく大人になりた~~~~い です。 ( ̄  ̄)(_ _)ウン   


今日の晩ご飯は、タリバンがお鍋をつくってくれました。
おいしかったです♪


これから、家族三人大好きな 『太王四神記』 を見ます☆
ヨンさま、素敵すぎます・・・ (゜ー゜*)。・:*:・ポワァァン 
あ、始まっちゃった。(( アタ( ̄ー ̄;)(; ̄ー ̄)アタ ))
 






いのちの島=屋久島は >>こちら

関連記事

この記事へコメント:する















ぴあのサファイア

Author:ぴあのサファイア

水晶、女神、天使と交流します。すべてのいのちとの調和を望みます。天の光と、私たちに内在する光の意識が呼応し、響きあい、この地上が光の世界となりますように。


09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
左上の青いボタンクリックで再生します