2017 / 08
<< 2017 / 07 - - 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 - - 2017 / 09 >>

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ここのところ暖かい日が続いています。


おなもみは、日曜に薬師如来の持仏をいただいてから、それはそれはその仏様を
大切にして、ずっと肌身離しません。まさに、持仏。

何もしていないときは、仏様を手に持ち、ずーーーっと、眺めています。
ほんとうに、ずーーーーっと です。
延々、じーーーーっと眺めています。
ハタから見ると、かなりヤバイ子供のように見えるかもです。

寝るときも一緒。
学校へ行く前は、「ほとけさま、行ってきます」 と言って、手で仏様をなでてから出かけます。


今日、学校から帰ってきて、また仏様と手に持ち、じーーっと眺めているおなもみに、
「いつも何を考えながら見てるの?」 と聞いてみました。

おなもみ、「別に、何も考えてないよ。頭まっしろ」
私、「ふ~~~ん、まっしろなの?」
お、「うん」

お、「これ、すごい仏師さんが彫ったのかな」
私、「そう思うの?」
お、「だっておなもみ、これ、すごいなーって思うもん」
私、「そう~~、気に入ってるのね」
お、「うん☆」

そしてまた、仏様を、じ~~~~~。


ほんとうに、その気に入りようは半端ではありません。
仏様、いただくことができてよかったです。
仏様も、喜んでくださっているでしょうか。

おなもみが欲しがらなかったら、この仏様はずっとお寺の本堂で箱にしまわれたまま
いらっしゃったのでしょうか・・・
そんなことを考えると、なんだか不思議なご縁も、感じます。

なぜお寺の方は、売り物にはできない と思っていらっしゃったのに、見本をガラス
ケースに置いておかれたのでしょうか。

「これをください」 と言った時に、「もう古くて湿気のせいで蓋が開かないし、古びて
いるし」 と開口一番おっしゃったということは、その仏様がそういう状態だということを
ご存知でいらしたということ。


確かに、蓋は一度閉めると開けにくく、お寺でいただいた直後、おなもみが閉めた時
に蓋が開かなくなってしまい、うんともすんとも言わない(?)状態になりました。
「かしてごらん」 とチャレンジした私も、どうやっても開けられません。

「帰っておとうさんに開けてもらおう」 と、あとはタリバン頼み。
風邪ひきでお布団で寝ていたタリバンに、「あけて~~~」 と持っていきました。
さすが男の人ですね、タリバンが何度か蓋を回していたら、蓋が回り始め、開きました。

大の男の人が、相当な力を入れてやっと開いた蓋。
なぜ、あの本堂では、あっけなくあっさり開いたのでしょうか・・・
(「開きますよ、ほら」 と難なく蓋を開けた方は、ご老人というには失礼かもしれませんが、
お見かけ初老くらい、力もちには程遠そうな見た目も佇まいも繊細な方)

あの時蓋が開かなかったら、この仏様をいただくことはなかったでしょうね。
それを思うと、また不思議にも思えます。


ほんとうに、こういうのをご縁というのでしょうか。
今は、蓋は、ぎゅっと締めないよう、軽く合わせるだけにしています。
そのうちおなもみが、番いの部分を、きれいに蓋が閉まるようになおすと言っています。


ありがたいご縁でうちに来ていただいた仏様。
おなもみがそのご縁を真底喜び心通わせている仏様。

この仏様をいただくにあたってのすべての流れ、その日の出会いとその時の空間
だけではない、そこに至るまでの見えない次元でのお引き合わせにも、心静かに
深く感謝をしている私です。






いのちの島=屋久島は >>こちら

関連記事

この記事へコメント:する















ぴあのサファイア

Author:ぴあのサファイア

水晶、女神、天使と交流します。すべてのいのちとの調和を望みます。天の光と、私たちに内在する光の意識が呼応し、響きあい、この地上が光の世界となりますように。


07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
左上の青いボタンクリックで再生します

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。