2017 / 08
<< 2017 / 07 - - 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 - - 2017 / 09 >>

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

おなもみが言うには、うちの灯籠はパーツがひとつ足りないらしいのです。
基本的に灯籠は 全部で下台をのけて五つのパーツでできているらしいのですが、おなもみの家
の灯籠は、『中台』 がない・・・らしい。おなもみは中台のことを『ざぶとん』 と言っているのですが。

      灯篭 直樹灯篭

左の写真はおなもみが主人の友人宅からGETした灯籠。右はおなもみが自分で紙粘土で作った
灯籠。どの部分が 「ない」 と言っているか、わかりますか?

近所のうどん屋さんの灯籠がうちの灯籠と同じ灯籠らしく、先日、そのうどん屋さんに行った時の
ことです。おなもみが車からおりるなり、その灯籠のところに走って行きました。
「おかあさん、見て!おなじでしょ?」 と叫ぶので 私もその灯籠を見に行くと、確かに、そっくり。
それとも同じ?笠が少し大きいかな?

食事を済ませて外に出たときも、真っ直ぐその灯籠のところへ駆けていくおなもみ・・・
おなもみが、「でもね、おかあさん、この灯籠、ざぶとんの位置がちがうんだよ」
私 「え?ざぶとんの位置 って・・・?」
おなもみが言うには、ざぶとんは竿の上、火袋の下にあるものらしい。それが、そこのざぶとんは
火袋の上、笠の下にあるのです。私はしばし 「へ~~そうなの?」 とその灯籠をまじまじと眺め
ていました。

おなもみは、私に「これはね、(ざぶとん)ここに置くものなの。」 と説明してくれながら、突然ある
行動に出ました!
なんと!ざぶとんを置き換えようと、得意の灯籠分解を始めたのです!! ( ̄□ ̄ノ)ノ ギョッ。。
すぐそばにはお店の大きな窓が・・・お店の中からおなもみの行動は丸見え!!

私は 「やめてーー!」 と、おなもみを制御。「だって~~」 と、と~~っても不満そうなおなもみ。
「よその灯籠だからね、もし傷つけたらここのお店にエネルギーが来なくなるといけないでしょ?」
と、なだめて おなもみに「もう帰ろう」 と言って車に乗せました。
車が動き出しても、ずーっと灯籠を目で追っているおなもみでした。(気になって仕方がない様子)

家に帰って、「おかあさん、おなもみの家にはどうしてざぶとんがないのかなあ」 と言いながら 紙
に、灯籠の絵を描き始めました。「ここにね、ざぶとんがあるはずなの。」 とブツブツ言いながら。
「おなもみの家はざぶとんがないからあんまりエネルギーが来ないのかなあ・・・こうやってね、エネ
ルギーがこないの」 と、紙にエネルギーが灯籠に降り注いでいるところを描いていました。
「ざぶとんは関係ないんじゃないの?」 と言っても、「うう~~ん・・・」 と 納得がいかないようで、
なんと、次の日、主人が帰ってきてから、灯籠をいただいた家に ざぶとんを探しに行っていました。
庭中探したけどなかった としょんぼりして帰ってきていました。
そして、主人と、コンクリートでざぶとんを作る計画を練っていました。

ま、マジですか~~?<(゜▽゜;)>(母)

おなもみの灯籠ブームはいつまでどこまで続くでしょうか・・・?
よくわからないわが息子の思考回路に日々あきれながら楽しませてもらっている私です。
関連記事

この記事へコメント:する















ぴあのサファイア

Author:ぴあのサファイア

水晶、女神、天使と交流します。すべてのいのちとの調和を望みます。天の光と、私たちに内在する光の意識が呼応し、響きあい、この地上が光の世界となりますように。


07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
左上の青いボタンクリックで再生します

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。