2017 / 06
<< 2017 / 05 - - - - 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 - 2017 / 07 >>

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

先日の日記ネタの続きなのですけど、絶対音感について思うところを書いてみます。


絶対音感って、そもそも何をもって絶対とするのか、どこまで音がとれれば絶対なのか。
たとえば、かなり難しい難度上級の聴音の旋律問題、四声の和声問題(難しいレベルで
いくと開離。密集はとりやすいですね)、これらがパーフェクトにとれる人。

そういう人で、「私は絶対音感がある」 と言っている人はかなりいると思います。
『自称絶対音感保持者』 ですね。
実は、私もその一人です。へへへ。
自分では、『だいたい絶対音感』 だと思っているのですが。(なんやねんそれは!)

私は高校でも大学でも、聴音はAクラスで常に一番でした。
よっぽどめちゃくちゃ難しい、悪魔のようなリズムの問題を弾かれない限りは、100点を
取れていました。

でも、もしやみくもにピアノの鍵盤を両手でバーンと押さえられて、「はい下から音を言え」
っていわれたら、・・・無理です。
これはもう、ほんとうにもって生まれた耳がないと・・・ですね。


指揮者はたくさんのパートの音、しかも一つ一つ楽器(音色)の違う音を同時に聴き取り、
脳内処理しているのですよね。
すごいですね。

のだめカンタービレで、指揮者コンクールに音の間違い探しの課題があるというのを知り
ました。

指揮していく端からスコアと(微妙に)違う音を鳴らす楽器(音)を聴き取り、間違いをその
場で指摘していく という、想像しただけでも眩暈がしそうなテストです。
でも、それをクリアしないとコンクールを勝ち抜いていけないのですよね。

( ̄~ ̄;) う~ん、すごい。

やっぱりそこまでできて、『絶対音感』 でしょうね。
巷の絶対音感という言葉には、見えないレベルがあるってことですね。


おなもみは、私より相当耳がいいので、交響曲など聴いていても、私が和声のなかでしか
とらえていない音を独立させて鼻歌するので、こちらがびっくりすることがよくあります。

「え?そんな旋律が鳴ってるの?」

おなもみの鼻歌を聞くと、「ほんとだ、ホルンのパートだね、ああ、サキソフォンだね」 って
いう具合に、今まで全体の和声としか聞こえていなかった音が、旋律としてクリアに浮き上が
って聞こえてきます。

それはとても新しい発見で、今まで聴きなれていた曲に、新たないのちを吹き込まれたかの
ような新鮮さが輝き、さらなるその曲への感動が増します。


おなもみはおもしろいんです。
曲を聴いていても、メロディーを歌うことはあまりありません。
いつも、対旋律や副旋律を歌います。
それでよく私は、その曲を調和させる影の音や脇の音に気づかされます。

そんなことを考えていると、どこまで感知できるかというのは人それぞれなのですけれど、
より細やかなところまでわかればわかるほど、受け取るメッセージは奥深いものとなるの
でしょうね。
音楽というジャンルに限らず、あらゆる分野において。



話は戻りますが、どこまでを絶対とするのか ということについてですが、先日、私は風の
音や雨の音、生活音までは音名で感知することはないと書きました。

それには理由があります。

まずそれらの音には、私の中での音の 『絶対』 として感知するヘルツ数が微妙にズレ
ていることが挙げられます。

たとえば、今、この部屋の時計の音はソ、ミ、ソ、ミ、と鳴っていて、冷蔵庫の電気音が、
ドの音で鳴っています(時々ミに移行していることがあります)。
パソコンのモーター音は、途切れないドの音に、ミの音が軽く連打するようにかぶって
います。

これは、『音で聞こうとすればそう聞ける』 のであって、『絶対』 の音ではありません。
ピッチが440ヘルツにきれいに合わされたピアノには存在しないドであり、ミであり、ソ
なのです。
”だいたいその辺りの音” ということですね。
(だいたい、ドミソならきれいにハモってそうなものですが、全然ハモっていませんしね・・・)


”だいたいその辺りの音” は、音名として脳のなかでは処理しないということです。
これをいちいち音で聴き取っていると、自分の中では、微妙なヘルツ数のズレはとても
生理的に気持ちの悪いものなので、だから先日書いた、『頭がパニクりそう』 になると
いうことなのです。


なんだかすごくマニアックな話になってしまいました。
マニアック話はこの10倍20倍は突っ込みたいし、いくらでも書けそうですが、音楽関係の
方でなければ、全然つまらない話ですね・・・すみません。

でも、わかる方とは、すごーく熱く語り合いたいテーマです。
きっと話が止まらないでしょうね。


この続き、また次に懲りずに書きます。
ここで終わるととっても中途半端なので。

でも、私はいつも 『続き書きます』 といって書かないことが多いです。ヾ(-_-;)

(気まぐれですみません)





いのちの島=屋久島は >>こちら

関連記事

この記事へコメント:する















ぴあのサファイア

Author:ぴあのサファイア

水晶、女神、天使と交流します。すべてのいのちとの調和を望みます。天の光と、私たちに内在する光の意識が呼応し、響きあい、この地上が光の世界となりますように。


05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
左上の青いボタンクリックで再生します

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。