2017 / 04
<< 2017 / 03 - - - - - - 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 - - - - - - 2017 / 05 >>

あんまり夢を見たことのないタリバンが、夢を見たらしいです。

その夢とは・・・

私とタリバンがお散歩していて、少し向こうに草むらが・・・

タリバンが、
「あの草むらのなかから子犬が出て来るような気がする。
そうしたらきっと、その子はピュンピュンの次にうちに来る子だ」

と、思っていて、そうすると・・・

草むらがガサガサとゆれ始めて、そこから出てきたのは一匹の黒いわんちゃん。
その子はおなかが大きくて、もうおっぱいもだいぶ大きくなっているのですって。

タリバン、「このおなかの中にピュンピュンの次に来る子が入ってるのか・・・」

と思っているところで、夢から覚めたらしいです。


おお~~、実際次元ではどうなのかわかりませんが、別次元ではもううちに来る子
が生まれようとしている(?)のでしょうか。


私は、わんちゃんがいる生活を30年ほどしていました。
私が直接飼ったのはピュンピュンが三匹め。

その他に、私が拾って、まだ結婚前のタリバン家で飼ってもらった子や、その子の
子供、そういう縁の深い子を入れると、わんちゃんとの付き合いは五匹になります。


どの子もどの子も、別れはつらかったです。
特に、病院で死なせてしまった子のことは、後悔ばかりしてしまいます。
少しでも良くなってもらえたら・・・
そんな必死の思いで病院に預けたのに・・・

寿命ならば、どんなにわんちゃんが苦しんでも、家で介護してやるべきだと思います。
わんちゃんにとっては、飼い主の側が何より一番。
病院の狭いゲージの中で、淋しく死んでいった子のことを思うと、ほんとうに今でも
つらいです。


その子は腎臓が悪くなっていたらしく、今思えばピュンピュンと同じ病気だったのだと
思います。
ピュンピュンが腎不全とわかったとき、ネットで犬の腎不全のことを調べました。

即入院してください と言われて、24時間点滴の治療をする先生も少なくないようでした。

ピュンピュンの先生は、
「飼い主さんが、ピュンピュンちゃんをしっかり看取ってあげてください。 」 とおっしゃい
ました。

もとより延命などはしないつもりでしたが、先生の言葉がしっかりと心に響きました。


もう、助かる見込み、よくなる見込みがないのなら、家で、飼い主のそばで。
それがわんちゃんにとって、一番のことですよね。

少しでも長生きしてもらいたいというのは、人間のエゴ。
つらいですけど、延命治療などせず、覚悟を決めて、たくさんたくさん残りの時間を一緒
にいてあげる。

どんなにわんちゃんが苦しんでも、一生懸命お世話する。
わんちゃんに、今までの恩返しをする。


でも、ピュンピュンの亡くなり方は、あまりに苦しみすぎました。
そういう亡くなり方をしたので、私もタリバンも、次の子を飼うのはまだまだ、
「ちょっと勇気がでないね」
という感じです。

でも、いつか、我が家にまた縁のあるわんちゃんがやってくるのだ・・・と、思っています。

だって、二人とも、めっちゃくちゃな犬好きなのですもの。
あ、おなもみも☆


わんちゃんを一匹看取るたび、また、飼っていたわんちゃんの思い出話をするたび、
「ああ、飼いきるって大変なことだね・・・」 と二人でしみじみ話します。

でも、

その大変さは、かけがえのないかけがえのない幸せなのです。
そして、たくさんの無条件の愛をくれて、そのあなたたちの愛に共鳴して、たくさんの
無条件の愛が私のなかにもあることに気づかせてくれました。

大切なことをたくさん教えてくれて、大切なことをたくさん学びました。


今まで癒してくれた子たち、ほんとうにありがとう☆

そして、またいつかうちにやってくる子がいるなら、今からありがとうって言いたいです。






いのちの島=屋久島は >>こちら

関連記事

この記事へコメント:する















ぴあのサファイア

Author:ぴあのサファイア

水晶、女神、天使と交流します。すべてのいのちとの調和を望みます。天の光と、私たちに内在する光の意識が呼応し、響きあい、この地上が光の世界となりますように。


03 | 2017/04 | 05
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -
左上の青いボタンクリックで再生します