2017 / 05
<< 2017 / 04 - 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 - - - 2017 / 06 >>

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ぴあの家に新しい家族が増えました!


   この子です☆


   ぴゅんぴゅん - 1 - 100306



名前は、ぴゅんぴゅんです。
四ヶ月の女の子です。
ヴィクセンちゃんという名前でしたが、うちに来て、ぴゅんぴゅんと改名。
そう、あのピュンピュンと同じ名前です。(カタカナがひらがなになりました)


ピュンピュンが昨年夏に亡くなって半年ほどは、ピュンピュンの思い出が私たち家族
の胸いっぱいでした。
それから時が経つにつれ、少しずつ、「(次の)ピュンピュンはいつうちに来てくれるの
かなあ~」 という思いが強くなり・・・

秋頃から毎日のように家族で、「ピュンピュン、いつ来てくれるかな、まだかな~」 と
言うのが日課になっていました。
冬あたりからは、もう、”わんちゃん禁断症状(?)” 気味の我が家でした。(ホント)


うちは、今度飼う子も、捨て犬や処分されそうな子と決めていました。
(ピュンピュンも捨て犬でした)


県内にある動物愛護センターに行けば、そういう子を貰うことはできますが、私たち
家族はそれもできず・・・


というのも、行ってたくさんの犬を見てしまえば、それだけで悲しくなっちゃうからです。

   (ToT) (ToT) (ToT)


貰われなかった子はどうなるんだろう・・・
全員がいい飼い主が見つかるとは限らない、貰われてもどんな飼いかたをされるん
だろう・・・

(あの、話題になった崖っぷち犬もそこから貰われていきましたが、今はまたセンター
にいる状況だそうです)


愛犬家の私たち、そういう状況のわんちゃんを見るのが何よりつらいのです。

ペットショップのわんちゃんも、見るだけでかわいそうで悲しくなります。

まだまだおかあさんが必要なときに、おかあさんや兄弟から離されて一人ぼっちで
毎日、狭いケージのなかで遊んでももらえず、たくさんの人たちの目にさらされて・・・
また、売れ残っている子を見ると、この子はどうなるんだろう って心配で・・・


それから、犬を飼うというのは、とても覚悟のいること。
タリバンも私も、今まで数頭のわんちゃんを飼って来て、わんこを”飼いきる”ことの
大変さは身にしみてわかっています。

何度か、新聞の里親募集のわんちゃんの写真を見たりもしましたが、「犬を飼うの
は覚悟がいるよね」 と、なかなか飼うことに踏み切れないでいました。

病気になったときや、また、老犬になったとき。
老犬の介護の大変さは、言葉では語りつくせないものがあります。
それは大変です。
それから、亡くなったときのあの大きな悲しみと寂しさ・・・

犬を飼う ということを考えるとき、どうしてもトータルなわんちゃんの十数年が頭を
過ぎります。 (体力もいる、時間もいる、お金もいる)
それで、「さあ、飼おうか」 と、安易に決めることができずにいました。


でも!


いつかどこかで運命の子が必ずうちに来ることになる! 

ということも、わかっていました。


その運命の子が、今度のぴゅんぴゅんです☆

ぴゅんぴゅんがうちに来ることになったのには、ほんとうに、偶然ではなく必然という
流れがありました。

流れは、ちょうど一週間前の土曜から始まりました。

どうしてもわんちゃんが欲しい!という気持ちが、家族全員に湧き上がる出来事が
あったのです。


そして、月曜日。

ネットで里親募集を検索していて見つけたサイトで、ある一匹のわんちゃんを見たとき。


この子だ!


と思いました。


次の日に、サイトのほうに仔犬をもらいたい旨のメールを入れました。

そちらのサイトは、譲渡にあたってとても厳しい審査があります。
捨てられた子や、虐待された子たちが、二度とふたたび悲しい目にあわないように、
譲渡する里親さんを厳しく見極めていらっしゃいます。

譲渡にあたってのやりとりのメールを数度の後、
『理想的な飼い方をされるご家族』 と言っていただき、とんとん拍子で話が決まりました。

そして、木曜の夜、ぴゅんぴゅんがうちにやってきてくれたのです☆

すごくうれしかったです☆
今、私の横でおやつのガムをかみかみしています。


また、ぴゅんぴゅんの成長ぶりを、この日記に書いていきたいと思います。


犬を飼おうと思われている方、どうか一匹でもかわいそうな状況にいる子たちをもらって
あげてください。

また、今回里親になることにより、里親探しをされている方々のご苦労を直接知ることが
できました。
とても、できることではないです。
ほんとうに、大変なことです。

ぴゅんぴゅんをいただいた 『徳島ハート』 さんの代表は、カナダの女性、スーザンさんと
おっしゃる方です。

ぴゅんぴゅんも、代表のスーザンさんがうちまで届けにいらしてくださいました。
ハートの活動などお聞きし、その真摯な活動とご苦労をあらためて知り、並大抵でできる
ことではないと思いました。

一頭でも、不幸なわんちゃんやねこちゃんが救われますように、私も心から願います。


こちらからスーザンさんの活動を垣間見ることができます。 
どうぞ、読まれてください。>>こちらから


徳島ハートのサイトは、>>こちらです




   ぴゅんぴゅん、幸せになってね☆

   (こたつで爆睡中)


   ぴゅんぴゅん - 2 - 100306









いのちの島=屋久島は >>こちら

関連記事

この記事へコメント:する















ぴあのサファイア

Author:ぴあのサファイア

水晶、女神、天使と交流します。すべてのいのちとの調和を望みます。天の光と、私たちに内在する光の意識が呼応し、響きあい、この地上が光の世界となりますように。


04 | 2017/05 | 06
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -
左上の青いボタンクリックで再生します

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。