2017 / 05
<< 2017 / 04 - 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 - - - 2017 / 06 >>

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

のだめ、観て来ました。

おなもみと一緒に。
一時間ほど前に、帰ってきました。


もう、最高でした。
後編は、かなりシリアスで、のだめの究極の神髄が音と映像にこれでもかと詰まっていました。

感動して、映画中、何度も涙がでそうになりました。


それにしても、毎回思うのですが、のだめはドラマ時代からピアノの音がきれいです。

今回も、特にそれを感じました。(ラン・ランが弾いているからというのではなく)
冒頭、ピアノ演奏でベートーヴェンの交響曲第7番が流れるのですが、あまりのピアノの
音色の美しさ、クリアーさに、感動・・・

横にいたおなもみに、「すっごく調律がきれいだね」
おなもみも、「うん」

全編、そうでした。


のだめはドラマ時代からヤマハが使用されていますが、調律する方がすごいのだと思います。
あんな調律をしたピアノで、弾いてみたいです。
調律師さんの腕が、かなりいいのでしょう。
いい調律師さんが起用されているのでしょうね。

ただ、音が合っているというだけでなく、響きが、とにかく美しいのです。
単音の伸び、それから和音になったときの絶妙な響き、これが、ほんとうにすごくて。

生徒にもいつも、のだめを見るときはピアノの響きの美しさも聴いてねと言っています。
そして、ちゃんとおうちのピアノ、調律してねと言っています。


ピアノを弾いている方、最低でも一年に一度の定期調律はしてくださいね。
ほんとうは、一年に一度でもか~な~り狂ってきているはずです。
いい調律師さんにピアノをみてもらってください。

音のわかる方なら、調律して満足して弾ける(聴ける)のは、数日だと思います。

いつもいい音を聞いていないと、いい音とはどういう音か、いつまでたってもわかるようには
ならないのですね。

それって、いろんなことにあてはまりますね。
いつも美しいものを見ていないと、美しいとはどういうことか、わかりませんね。
何が真実か、いつも心を向けて意識を澄ませていないと、真実が目の前にあるのに、全く気づか
ないかもしれません。


よく、「うちのピアノ、○年調律していないのよ~」とニコニコして言っている方がいらっしゃい
ますが、ピアノのセンセイから言わせていただきますと、とんでもないことデスよ。

それって、すんごい雑音ピアノを耳に入れているのです。


ピアノを教えている者を代表してお願いします。(真面目)

子供さんがピアノを習っている方(大人の方でもいいですよ)。
調律、最低でも一年に一回はしてくださいね。
いい音を、いつも耳に入れてくださいね~~~~。


(うちのピアノは数年調律していないけど、そうでもないと思うけど? と思った方は、
相当耳が悪い音に慣らされています)







いのちの島=屋久島は >>こちら

関連記事

この記事へコメント:する















ぴあのサファイア

Author:ぴあのサファイア

水晶、女神、天使と交流します。すべてのいのちとの調和を望みます。天の光と、私たちに内在する光の意識が呼応し、響きあい、この地上が光の世界となりますように。


04 | 2017/05 | 06
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -
左上の青いボタンクリックで再生します

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。