2017 / 05
<< 2017 / 04 - 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 - - - 2017 / 06 >>

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

今日こそ 『美術館日記 - 2』 を。


受胎告知といえば、有名なのがフラ・アンジェリコの下の絵ですよね。


   受胎告知 - 100917



他に、ダヴィンチや、ボッティチェリの受胎告知も大塚国際美術館で見ることができます。
受胎告知って、たくさんの画家が描いているのですね。

フラ・アンジェリコの受胎告知は、上の写真の絵だけではないということを、美術館で知り
ました。
構図は同じなのですが、違う受胎告知の絵が何枚もあるのです。


でも、私がすっごく惹かれた受胎告知は、ジョバンニ・ベッリーニのもの。

とてもきれいだったので、美術館から帰って、この人の受胎告知のことをよく知りたくて
検索したのですが、あまり出てこなくて・・・

こんなにすごい絵なのに!
なぜ!?


なんたって、その色使いの美しさ☆
目の前で見ると、絵のなかに吸い込まれそうというか、絵のなかの世界に包まれそう
というか、こちらまで絵の前でひざまずきたくなるというか・・・
とにかく、圧倒されます。

アンジェリコの受胎告知は、しんと静まりかえった静けさのなかの神聖さが何とも言えず、
物語を遠くに見て、今この現代にいることをつかの間忘れさせてくれるような感覚です。

でも、ベッリーニの受胎告知は、もう、なにか、目に飛び込んでくるものがあって、ただ
ただ、圧巻☆



イタリアまで行けない人は、ぜひぜひ、大塚国際美術館でこのガブリエルさんとマリア
さまにお目にかかりましょう!
そして、一緒にガブリエルさんのお告げをひざまずいて聞きましょう!


ガブリエルさん、かっこよすぎです。
こんな天使さんがいきなりゆりの花を持って現れたら、ぴあの、倒れてしまいますっ。

ふふふ、セクスイ~部長ごときで倒れているオンナたち、あなたたちまだまだおしりが
青いわね。 (何の話じゃ・・・(ーー;))


その受胎告知の絵、>>こちらクリック です。

400サイズぐらいの画像では、絵の迫力がわかっていただけないと思い、大きな画像をアップ
しました。
ぜひご覧くださいませ。






いのちの島=屋久島は >>こちら

関連記事

この記事へコメント:する















ぴあのサファイア

Author:ぴあのサファイア

水晶、女神、天使と交流します。すべてのいのちとの調和を望みます。天の光と、私たちに内在する光の意識が呼応し、響きあい、この地上が光の世界となりますように。


04 | 2017/05 | 06
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -
左上の青いボタンクリックで再生します

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。