2017 / 09
<< 2017 / 08 - - - - - 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 2017 / 10 >>

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

今日はおなもみの誕生日。
14歳になりました。

朝は、親戚の家の雛人形を出すのを手伝いに行かせてもらいました。


この日記でも何度も書いてきましたが、おなもみの雛人形好きは相当なもの。
(好きなもの、”仏像、雛人形、埴輪、からくり人形” すべて人形(ひとがた)です)


以前、

「どこがいいの?」

と聞くと、

「どこがって・・・ 美しいでしょ?」

という返事。

(なんとそちにはこの美しさが目に入らんのか!って感じで言われました)


雛人形の知識についても相当詳しくて、また、その美については何か譲れないもの
があるようです。
展示の雛人形のお道具などが順番どおり並んでいなかったり、少しでもまっすぐに
なっていなかったりすると、気になって気になって仕方ないらしい。

親戚の家でも、お道具の並べ方、五人囃子や仕丁の並べ方がわからなくて、でも
「おなもみくんが来てくれるから」 と、いつもおなもみをあてにしてくれています。(~_~)


先日瞑想中に、五次元のおなもみからメッセージがありました。

おなもみの育て方などについて、いろいろメッセージを受け取り、基本的に何も問題
はなく、そのまま育てればいいということでした。

でも、ひとつ 「もう少し彼にたいしてやわらかくなること。これは全てのことに対して」
というメッセージがありました。
誕生日前にこのようなメッセージを受けたのもなにかのシンクロだと思いました。


今日、そのメッセージを思いだしながらおなもみに接していたら、「今日のおかあさん
はやさしい」 と言われました。

「え?ふだんはやさしくないの?」

と聞くと、

「そんなことないけど・・・、でも、前みたいには厳しくなくなったね」

ということでした。

「前?おかあさん、厳しかった?」

と聞くと、

「小さいころは厳しかった」

らしい。


たしかに・・・
手こそあげないけれど、とても厳しく育ててきました。
泣きまくるおなもみを、外に放り出したことも二度か三度、あったかな。
(近所では虐待かと思ってたかも・・・!)

厳しくするのは躾のことです。
玄関の靴の脱ぎ方、トイレの使い方、ものを丁寧に使うこと扱うこと、立ち居振る舞い、
言葉遣い、挨拶、目上の人への言葉遣い。等々・・・

これらは、妥協することなく厳しくしつけてきました。
でも、厳しくと言っても、これは当たり前のことだと思い、躾けてきました。


でも、その何倍も何十倍何百倍も、「おなもみが大好き」 と言って、ハグハグしながら
ムギュムギュしながら愛情いっぱいに育ててきました。

ほんとうにかわいくてかわいくて仕方なくて、毎日「かわいいかわいい」と言って育てて
きました。


おなもみは、こんなに素直に育つものなのかというほど素直に育ってくれています。
反抗期など、ないようです。

担任の先生に「反抗期はまだですか?」と聞かれ、おなもみに「反抗期まだ?」と聞いたら
「反抗期って何?」と言うので、これこれこういうものよと説明すると、「あはは!」と明るく
笑って、「ない。ない。」ですって。


世間では、反抗期がない子なんて危ない なんて言うけど、ほんとかな?
常識って何かな?
反抗期がない子がいたっていいと思う。
何がいけないのかな?

心が安定していて満たされていたら、反抗なんてしないよね。
これは、思春期の子のことだけじゃなくて。
大人も。どんな人も。


とにかく。
もう14歳になったおなもみ。
これからは、自分でいろいろ考え、行動していく機会が増えていくことでしょう。
私の干渉する出番は少なくなるでしょうね。

やわらかく、やわらかく、おなもみの深いところを信じて見守っていってやろうと思います。





Twitterでつぶやいています。フォローしてね♪ >>piano_sapphire


☆ 魂のブレスレット、クリアーブレスレット、少し写真追加しています。
   Twitterのフォト蔵のフォルダより。クリックすると写真が大きくなります。

   >>魂のブレスレット

   >>クリアーブレスレット

ブレスレットのオーダーは、「屋久島ナチュラルヒーリング」のHP から。




   *   *   *   *   *   *   


すべてのわんちゃんねこちゃんが幸せになりますように、願いを込めて。

里親募集  >>HEART徳島

ハートは、犬や猫にとって苦しみや虐待の無い地域社会を創ることを目的とした
動物福祉団体です。
近畿、中四国各県、その他遠くの地域へも譲渡しています。

ただ今、保護犬保護猫達の命を繋ぐ為のシェルター基金を募っています。
ご協力いただけましたら、お願いします。

   HEARTシェルター基金口座 郵貯銀行 01690-4-100481



関連記事

この記事へコメント:する















ぴあのサファイア

Author:ぴあのサファイア

水晶、女神、天使と交流します。すべてのいのちとの調和を望みます。天の光と、私たちに内在する光の意識が呼応し、響きあい、この地上が光の世界となりますように。


08 | 2017/09 | 10
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
左上の青いボタンクリックで再生します

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。