2017 / 10
<< 2017 / 09 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 - - - - 2017 / 11 >>

昨日、お誕生日のプレゼントを買うために と、紀伊○屋で本を買うために と、二つの用事のた
め 市内の駅前まで出かけていきました。
こういうパターンのお出かけの日は、10時開店にあわせ、9時半ごろに駅前に着き、コーヒーの
とびきりおいしい喫茶店があるので そこでゆっくりモーニングを食べてから買い物をします。

いつもモーニングを食べているその喫茶店は、かなり人気がある上に店内が狭いのでよく相席に
なります。昨日も 『相席お願いします』 と言われて案内されたテーブルには・・・
イ、イケメンが・・・ ちょっと…((((o゜▽゜)o))) ドキドキ♪  ヾ(--;)ぉぃぉぃ
Σ( ̄□ ̄;)!!ハッ いけない、私には愛するタリバン(主人のHN)が・・・ブンブン!(首を振る)
私はにっこりと微笑み、「失礼します」 と挨拶をしてその人の斜め前に座りました。

でも、きれいな男の人~~・・・雰囲気、見た目はミッチー(及○光博)。 出張に来たビジネスマン。
物腰が優雅。上品な雰囲気。仕立てのいい背広。それとともに、なんだかすごい透明感。
なんだろう、この透明感は・・・?? 目の前に座っているのに圧迫感が全くなく、いるような いない
ような・・・ 不思議な人・・・
隣のテーブルに座っている女の人の方からばかりその人の『気』が伝わってきて 目の前にいる
ミッチーからは不思議な透明感しか伝わってこない。
私に勇気があったら「どちらからいらしたのですか?」 と声をかけてみるのに、そんな雰囲気にも
なれなくて・・・ 私はひたすら何も気にならないそぶりで 雑誌のページをめくっていました。

その人が席を立ってレジに向かっていく後姿をそっと目で追って 「もう、会うこともない人だろうな。
でも、この不思議な人のこと、きっとずっと覚えているのだろうな」 という感覚に 一人感慨深く
センチメンタルに浸っていました。


さて、買い物の予定は、幼稚園の頃から私のところにレッスンに来てくれている ゆきちゃん への
中学入学祝い&誕生日祝いを兼ねてのプレゼント、甥の京介の4歳の誕生日プレゼント、パソコン
関係の本を買う この三つ。

まずは紀伊○屋へ・・・ たぶん、一時間くらいパソコン本コーナーの前で読書 読書。
パソコンの本って高い!一冊の値段が相当なもの。頭に入れられるものは買わずに頭の中に入れ
て持って帰ろう という算段・・・ なんだけれど、家に帰ったらしっかり忘れていたりする・・・滅
それにしても、いつもなのですが、パソコン本コーナーの前にいる人ってほんと、動かないのよね。
きっとみんな、私と同じことを考えているのね・・・(~_~;)
本の中身を脳内カキコ カキコ。

とりあえず、どうしてもほしかった本を一冊だけ買って ゆきちゃんと京介へのプレゼントを買い、
駐車場へ向かっていっていたら、「せんせ~~♪」 と言う声が・・・
これまた幼稚園の時から私のところにレッスンに来てくれている みきちゃん(二十歳)が向こうから
にこにこ笑いながら近づいてきます。「キャー 偶然ね~☆」 と盛り上がって しばらく立ち話をして
分かれました。

みきちゃんは、「私は先生が死ぬまでレッスンに行くの」 と言ってくれている生徒さんで、あしかけ
15年くらいのお付き合い。(なんだ~歳がバレるう~~) 幼稚園から成人までみきちゃんの成長
をずっと見てきた私は 今、みずみずしい若さと美しさで輝いているみきちゃんのその姿の向こうに、
幼稚園の頃のみきちゃんも、中学生の頃のみきちゃんも、その時々のみきちゃんをその時の姿で
目に浮かべることができます。

私のところに来てくれている生徒さんは、レッスンを辞める ということがまずない というのが自分
でもうれしく思っています。部活、受験などで一度辞めても また戻ってきてくれるので そのことも
とてもうれしいことです。
(それにまずピアノは、10年やってくれてやっと花開く芸事です。かなり忍耐力がいります。)

一人の子供さんが成長していく過程にお付き合いさせていただき、そのことによって私もいろいろと
学ばせてもらい、師弟関係という上下関係を越えた 素晴らしい魂のふれあいを長い年月をかけて
育んでいけること、そのことに とても感謝しています。

一人の人との永い時をかけたふれあいにも、喫茶店での男の人との一瞬のふれあいにも、なんだ
かドラマを感じて、生きている って感動的で素晴らしい☆ と思った一日なのでした。
関連記事

この記事へコメント:する















ぴあのサファイア

Author:ぴあのサファイア

水晶、女神、天使と交流します。すべてのいのちとの調和を望みます。天の光と、私たちに内在する光の意識が呼応し、響きあい、この地上が光の世界となりますように。


09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
左上の青いボタンクリックで再生します