2017 / 07
<< 2017 / 06 - - - - - - 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 - - - - - 2017 / 08 >>

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。



『わたしは なぜここにいるの?』



私のTwitterのフォロワーさんは、8割ほどが、動物愛護活動にかかわっているか、
また直接活動はされていないけれど、愛護精神に共鳴している方々。


私がTwitterを始めたきっかけは、ただトレンドだからというだけでした。

それが、あれよあれよという間に、愛護関係のフォロワーさんが増えていきました。

そして知らなかった現実をいやというほど知ることとなりました。


いったいどんな軽々しい理由でセンターにペットが持ち込まれるか。
センターに持ち込まれた犬猫たちが、ガス室でどのようにもがき苦しみながら死んでいくか。


食肉にされる家畜たちが、どのようなひどい状況で飼われているか。
そして、どのように屠殺されるか。


動物実験をされる動物達の、想像を絶するようなむごい実験。


毛皮になる動物たちは、殴られ、地面にたたきつけられ、気を失ったところを、
”生きたまま毛皮を剥がされ” ます。

女の子たちが「かわいい」と言って買ったりする、ちょっとしたアクセサリーのポンポン
なども、ほとんどが、”リアル”ファーです。
そんな現実、みなさまご存知ないでしょう?
私も知りませんでした。



人間って、なんて愚かなことをするのでしょう。

それは、動物に関してだけのことではありません。

ただ目先のことだけしか考えない人間の愚かさ。



福島に駝鳥がいます。

ご存知ですか?


「わたしは なぜここにいるの?」


この駝鳥の姿に、皆様何を思われますか?

廃墟となった町を駝鳥が歩くこの一種異様な光景に、何を感じますか?


どうか、どうか、クリックしてご覧になってください。


今この駝鳥を救おうと、愛護にかかわる方々がいろいろと手だてを考えてくださっています。

このままではこの駝鳥は、家畜として殺されてしまうのです。

どうか、この駝鳥が救われますよう、願います。


>>「わたしは なぜここにいるの?」








ぴあのTwitter >>piano_sapphire





関連記事

この記事へコメント:する















ぴあのサファイア

Author:ぴあのサファイア

水晶、女神、天使と交流します。すべてのいのちとの調和を望みます。天の光と、私たちに内在する光の意識が呼応し、響きあい、この地上が光の世界となりますように。


06 | 2017/07 | 08
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
左上の青いボタンクリックで再生します

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。